着物買取をしてもらおうと思った場合、どこで購入したかも重要なポイントとなります。高額買取になる着物は、美術展覧会で購入した着物です。通常着物といえば呉服店・デパートなどで購入することになると思います。それがいけないというわけではありません。ただ、美術展覧会で売られているもののほうが、製造元が自信を持って作った着物なので、高く売れるというというわけです。 買取業者としても、質のよさを判断するためにどこで購入したのかを参考にして査定することが多いです。 デパートなどで展覧会をおこなっていることもありますが、それらは伝統工芸品や作家ものではないので、通常の着物として査定されます。展示会といっても色々な種類があります。しかし、そういった展覧会でも自信作を飾っている場合もあります。目立つ場所に飾られていたとしたら、そのことを買取業者に伝えてみましょう。査定額アップに繋がるかもしれません。 着物買取をする側としては、いくつものポイントを素早く丁寧に、しっかりと見なくてはなりません。美術展覧会で購入したという実績は査定の際の参考になる情報なので、ぜひ伝えてください。業者側も、「展覧会で売られていた着物です」と次に売るときにアピールポイントにすることができるので、好んで高く買取をする業者もあります。 もしも美術展覧会で購入した着物で、今は着ていないものがあれば、ぜひ買取してもらいましょう。その着物に合う長襦袢なども一緒に買取してもらうと、より高額査定がつくと思います。