着物買取業者で買取された着物は、通常そのまま使用済みの着物として、中古で販売されています。業者にとっても、手間をかけずにすぐにでも売れる着物は人気が高いです。すぐに売れる着物ほど、業者には好まれているのです。 つまり、高く着物を買取してもらおうと思ったら、できるだけキレイな状態の着物を売ればいい、ということになります。すぐに再販できるぐらいキレイだと高く買取してもらえるかもしれません。 キレイかどうかの基準は、あまり着ていないか…というのもありますが、丁寧にしまってあっても保存状態が悪くて変な畳みジワがついているとか、昔着たときについたシミがクッキリできていないかなど…見た目の問題でもあります。長期間保存しておく場合でも、年に1回ぐらいは風を通してあげないと状態が悪くなってしまいますので気をつけてください。もちろん表の状態だけではなくて、内側も見ておきましょう。汗ジミができやすいのは内側です。 業者側でクリーニングや染み抜きをしてから再販する着物もありますが、その場合はどうしても手数料として業者側が施す手間分の費用は差し引かれて査定されてしまいます。いくら高級でいい着物だったとしても、日常的な管理ができていなくて出来てしまった問題がある場合は、着物買取額はその分下がってしまうと思ってください。 また、汚れがひどいから買取してもらえないだろう…という着物でも、はぎれとして販売する業者もいますので、引き取ってくれるかもしれません。業者が買取対象としている着物は業者によって違うため、買取不可能に思える着物も買取してくれる業者が見つかれば、状態が悪いものでも現金化できるでしょう。