結婚式などで新郎新婦の親族が来ているのをよく見かける黒留袖をはじめ、見事な絵柄が裾模様として施されている色留袖と、留袖にはこの二種類があります。

ここでは、これら留袖の種類の違いや買取相場についてご紹介いたします。

黒留袖と色留袖の二種類がある留袖

留袖とは

未婚の女性が着る正装の着物として振袖がありますが、留袖の中でも黒留袖は既婚の女性の正装として着用されます。留袖は裾の縫い目をまたいで模様が施されているのが特徴で、座った状態では地色だけが見え、立ってはじめて裾模様が見えることになります。

また留袖は、以前は白羽二重(はぶたえ)を着てから重ね着をするのが一般的でしたが、いまでは洋服でいうところのレイヤーのように、袖口や衿、振り、裾周りに白羽二重を着ているように見せる布をつけて重ね着しているように見せる「比翼仕立て(ひよくじたて)」が一般的となっています。

訪問着も改まった場所で着用できる着物ではありますが、留袖は訪問着よりも格の高い着物ですので、そもそも着物の価値が高く、振袖や訪問着などと比べても、着物買取で高額査定が期待できる着物です。

留袖は大きく「黒留袖」と「色留袖」という二種類に分けられます。

黒留袖

黒留袖は地色が黒の生地で作られた留袖のことで、裾周りに華やかな柄が施され、また、両胸・背中・両袖で5つの紋が入ることで、既婚女性が着用する着物の第一礼装として着る着物です。それだけに、5つ紋の黒留袖は相手に失礼に当たらないよう、着用時にはその場がどういう場所かについて気を付ける必要があります。

色留袖

色留袖は黒留袖以外の留袖のことをいい、黒留袖とは異なり、未婚・既婚どちらの女性でも着用することができます。着物としての格の違いは、色留袖と黒留袖では、基本的には黒留袖の方が高いといえますが、5つ紋がはいった色留袖は黒留袖と同じ第一礼装して着ることができます。


黒留袖と色留袖との共通の特徴のひとつは、図柄が裾周りだけに描かれていて胸元にはないことです。その図柄は縫い目で途切れたりずれたりすることがないように描かれていて、その上品で華美過ぎない佇まいは、着物の中でも品格の高さを醸し出し、礼装として未婚・既婚の女性に人気が高いのです。また留袖は格が高いうえに、黒留袖は既婚女性の第一礼装として着用が可能なこと、また、色留袖は様々な場面で着用が可能な着物で汎用性も高いことから、着物買取でも大変価値の高い着物と言えます。

もしご自宅等に着る当てのない留袖の着物がしまったままになっていたら、一度、着物査定を依頼することをおすすめします。

黒留袖は縮緬生地に華やかな柄が施された女性の第一礼装

黒留袖は縮緬生地に華やかな柄が施された女性の第一礼装

黒留袖は、地色が黒の留袖のことを指し、5つ紋がはいることで既婚女性の第一礼装として、着物の中でも最も格式の高い着物となります。生地には地模様のない縮緬(ちりめん)を用います。主に黒留袖で用いられるのは、一越縮緬(ひとこしちりめん)という縮緬生地です。一越縮緬はしぼが細かく、着用した際の着心地もさらっとしています。

また、裾周りには裾模様として模様が入れられていますが、その模様には、梅や牡丹、松、菊などが多く描かれ、金糸や銀糸等を用いて、柄全体がおめでたい雰囲気に装飾されています。

そういったことからも、よく着用される場面は結婚式・結婚披露宴などが多く、新郎新婦の親族や仲人など、新郎新婦に近い関係者が着用されます。

色留袖は黒留袖の次に格の高い女性の礼装

色留袖は黒留袖についで格の高い女性の礼装

色留袖は、生地の色が黒以外の留袖をいい、黒留袖の次に格の高い着物です。 使用される生地は、黒留袖のように縮緬と決まっているわけではなく、綸子(りんず)、緞子(どんす)、朱子地(しゅすじ)が使われることもあります。

色留袖に似ているといわれる着物で訪問着がありますが、この二つの違いは、胸元に模様が描かれているかどうかということになります。裾のみに模様が描かれている着物が色留袖で、胸元から裾にかけて柄が描かれているのが訪問着です。訪問着は色留袖の次に格の高い着物となります。

一般的に慶事に着用されることの多いのは黒留袖でですが、宮中では“黒”はよくない色とされているため、色留袖の方が正装とされています。

留袖の着物買取における買取相場

留袖の着物買取における買取相場

黒留袖と色留袖について説明してまいりましたが、着物買取の中でこの二つの留袖にはどれぐらいの価値があるものなのでしょうか。

留袖に限らず着物の買取金額は、「着物の汚れなどの状態」や「作家による作品かどうか」などで変わってきますし、留袖であれば黒留袖なのか色留袖の着物なのか、その時々の需要によっても変動します。また勿論、買い取る業者によっても変わってきてしまいます。

それを踏まえて、インターネットで確認できる中古留袖の参考相場価格は、黒留袖で6,000円~30,000円程、色留袖で5,000円~50,000円程と、やはり条件によって大きな差が出る傾向にあります。繰り返しとなりますが、これはあくまでも参考価格ですので、価格を保証するものではございません。

着物の買取業者では、無料で査定員が自宅まで査定に来てくれる出張買取や、最近では宅配買取などのサービスも提供していますので、無料査定を利用してみるのもおすすめです。

留袖の高額買取の条件とは?

留袖の高額買取の条件とは?

留袖の買取金額はその生地素材や作家による作品なのかなど、その作り方等によっても値段は大きく変わってきますが、留袖は着物の中でも格が高く、種類によって様々な場面で着ることができることなど、汎用性も高いことから、中古でも需要が高いため、買取の中でも高額買取が期待できる着物です。

そういったことから、留袖は着物の状態さえ良ければ、高めの査定額が付きやすいといえます。しかし折角の留袖も、カビなどによる汚れや湿気による染みなどが付いてしまっていては、査定も低く評価されてしまい、買取金額も低めとなってしまう可能性があります。

留袖を高額で買取してもらうための条件は、何はともあれ、着物の状態を良い状態に保っておくことにあります。

そのためにも、普段からの虫干しや保管時の吸湿材などの湿気対策は怠らないようにしておきましょう。

まとめ:留袖の買取相場や高額買取になる留袖の特徴とコツ

まとめ:

留袖は着物の中でも格の高い着物で、黒留袖は既婚女性の第一礼装として結婚式の親族のみが着用するほどの着物です。また、色留袖は黒留袖に次いで格が高く、未婚・既婚問わず礼装として女性が着ることができる着物です。

また色留袖は礼装でありながらも、柄も豊富で様々な場面で着ることができるほど汎用性が高いため、中古でも重要が非常に高く、着物買取においても、盛んに取引されている着物です。

留袖は、条件さえよければ着物買取で高額買取が期待できる着物ですので、着る当てのない留袖をお持ちでしたら、一度、無料査定を依頼してみることをおすすめします。