着物と一言でいっても、様々な種類があります。着物の素材は正絹が基準となっており、種類問わず買取はしてもらえると思います。しかし、着物の種類によって、買取の基準となる額は変わります。業者側は買取をしてから販売しますので、できるだけ販売しやすい着物の種類を好みます。 黒留袖も、着物の種類の一つです。振袖と並んで格が高い着物、振袖は独身女性にとっての第一礼装ですが、黒留袖は既婚女性の第一礼装です。洋服で考えると、ドレスに相当しますね。黒留袖は一生使える着物でもあるため、生地にも仕立てにもこだわったものが多いので、買取額も高くなります。 また、結婚式で着る着物なので、中古でも手に入れたいと考える人が多いため、高値がつきやすくなっています。 ただ、黒留袖は家紋が入っていますよね。紋が違う人にとっては着られない着物なのでは?と思うかもしれませんが、実は張り紋という方法があります。前の紋がわからないように変えられるのです。 また、黒留袖を奮発して購入したという場合、その黒留袖は作家ものだったり伝統工芸品だったりする可能性もありますので、証紙などがないかどうか確かめてみてください。一緒に持ち込めばいい着物であることの証明になるため、高い買取額がつくかもしれません。 さらに高額買取をしてもらうためには、帯も一緒に売るといいでしょう。統一感がある着物を希望する人が多いので、セットで売れるほうが業者側も助かるからです。やはり着物に合わせる帯は大切です。 キレイな状態を保つために、定期的に風を通したり陰干しをしたりして、いい状態で保管してくださいね。