着物買取の基本は、正絹で状態がいいものかどうかで判断されます。この2つが揃っていれば買取をしてくれるはずです。しかし、着物には種類があります。その中で、比較的高い値段がつきやすいのが、留袖です。 留袖にも2種類あり、一つは黒留袖、もう一つは色留袖です。どう分けられているのかというと、まず黒留袖について。こちらは既婚女性の第一礼装として用いられる着物です。親族の結婚式などで着用することが多いでしょう。ではもう一つの色留袖はどうかというと、こちらは黒留袖よりも少し格は下ではありますが、黒留袖よりも見た目がかなり華やかになります。また堅苦しさもありませんので、五つ紋を入れれば第一親族以外の結婚式で着用できるものとなります。結婚式という場はお祝いのためにできるだけ華やかなほうが喜ばれるので、好まれる着物です。 色留袖の場合は、結婚式以外で着用する場面もあります。訪問着よりも格が上になるので、外出着としてとても重宝します。ある程度年齢を重ねると訪問着は派手で着られないという人もいますが、色留袖なら着られると思います。長く着られる着物となるでしょう。 色留袖の買取額はどうかというと、格が黒留袖よりは下なので相場自体は安くなっていますが、柄行きや仕立てなどがよければ、高額査定が期待できる着物です。訪問着の代わりに着たいという人が多いので、できるだけ長く着られる古典柄のほうが好まれます。買取額も古典柄のほうが高くなるでしょう。 気になるのは、紋が入ってしまっていること。しかし、これはそれほど気にすることはありません。相手方の紋と違っても、女性は実家の紋を入れていることが多いので、問題にはならないのです。 もちろん伝統工芸ものや作家ものなど…高級な着物とされる色留袖はその分買取額も上がります。それを証明する証紙が一緒にあれば、さらに高く買取してもらえますよ。帯や小物も一緒に売れば、さらに査定額アップです。