訪問着の買取相場はどれぐらい?高額買取のコツを徹底紹介!

訪問着などの着物はたくさん持っているけど、昔着ていた柄がいまは自分に合わなくなってしまったなどの理由から、タンスにしまったままで、長いことタンスに仕舞ったままの着物はございませんか。

訪問着は、着用できる年齢や場面がたいへん幅広く、中古着物でも需要の高いので、着物買取でも比較的値段が付きやすい着物です。

ここでは、そんな訪問着についての知識や、着物買取における訪問着について、ご説明いたします。

訪問着とは

訪問着とは

訪問着は、若い女性だけが慶事の式典で着用する振袖とは違い、シーンを選ばず、若い人からお年寄りまで着ることができる着物です。

着物としては、黒留袖や色留袖などの留袖に次いで格が高い着物とされ、留袖が裾周りに絵柄を施しているのに対し、訪問着は胸元から裾にかけて絵柄が描かれているため、見た目にも華やかで、おしゃれな要素も高い着物です。

その柄には古典的なものや現代的な華やかなものなど様々な模様があり、出かける場所に合わせて着ていくことができるのです。

また訪問着の絵柄は「絵羽模様(えばもよう)」といわれ、大変格の高い模様付け技術のひとつです。

通常の着物の柄は、反物の状態で絵付けを行うのに対して、訪問着の絵羽模様は着物の形に裁断し、仮縫いした状態で絵付けを行い、絵柄が全体で絵が縫い目で途切れず一枚絵になるように描かれます。このような絵羽模様は、格の高い着物の絵付けとして多く用いられます。

また、付け下げとの違いについて取り上げられることが多い訪問着ですが、一番の違いはこの絵羽模様にあります。付け下げは反物の状態から作られる着物ですので、胸元から裾周りまで帯の上下に柄のある訪問着とはおおきく異なります。

着物の格としては、付け下げよりも訪問着の方が高く、紋を入れることで更に格は高くなります。

訪問着は、幅広い年齢層でシーンを選ばず着ることができるため、着物買取でも需要が高い傾向にあり、有名作家による商品は高額査定になる可能性も高いのです。

訪問着は絵羽模様が特徴で、未婚・既婚どちらでもOK!

訪問着は絵羽模様が特徴で、未婚・既婚どちらでもOK!

上述した通り、訪問着の大きな特徴は「絵羽模様」とよばれる絵柄です。

記事と記事の縫い目をまたいで一枚絵のようにつながって描かれた絵柄は大変美しく、帯を締めた状態で帯の上下に柄がでるため、その柄に合わせた帯を選ぶことなども楽しく、訪問着を愛好する人の人気の理由にもなっています。

また、未婚の女性が着る振袖や既婚者が着用する留袖などとは異なり、訪問着は未婚・既婚は関係なく幅広い年齢層で着用することができることや、結婚式などの慶事だけでなく、知人宅などへの訪問はもちろんのこと、お茶会などをはじめ、様々なイベントにも正装として着ることができる着物です。

そのため、格が高い着物とは言え、敷居はさほど高くはなく、着用しやすい和服と言えます。

訪問着には多種多様なデザインがあり、また用途が広いことから、きもの買取では訪問着の需要はとても高く、盛んに取引されているのです。

訪問着を着るならお勧めしたい「お誂え」

訪問着を着るならお勧めしたい「お誂え」

訪問着は絵羽模様が大きな特徴で人気のひとつであることをご紹介いたしましたが、訪問着を作成する場合には「お誂え(おあつらえ)」といって、セミオーダーもしくはフルオーダーで作ることもできるのです。自分の身体のサイズに合わせることはもちろん、お好みの色合いや柄について打ち合わせをして、生地を作成します。

加賀友禅や京友禅などの絵羽模様の作成では、一旦仮縫いの糸をほどいた状態から、友禅染の染め技法を用いて記事を染色し、再び着物の形に仕立てられます。

有名作家への依頼ともなると、一着の着物の完成まで約一年を要するものもありますが、お誂えとして世の中に一着しかない訪問着を作り、その着物を着るときにはこの上ない感動を得ることでしょう。

着なくなった訪問着は無料査定を依頼してみましょう

着なくなった訪問着は無料査定を依頼してみましょう

着る機会の多い訪問着とはいえ、絵柄も様々なことから、柄によっては着続けているうちに自分のスタイルに合わなくなることもあるかもしれません。そんな訪問着がご自宅等のタンスにしまったままになっているようでしたら、是非、着物の買取専門業者に査定を依頼してみる事をおすすめします。

訪問着は中古市場での需要も高く、買取業者も流通ルートに再販しやすいことから買取りしやすい商品ですし、比較的値段の付きやすい着物です。

最近では、着物の買取専門業者で、無料の出張買取サービスを提供している業者も多くあり、他にも無料の宅配買取や持込み買取を行っているサービスも多くありますので、ご利用をおすすめします。

訪問着の買取相場と注意すべきポイント

訪問着の買取相場と注意すべきポイント

それでは気になる訪問着の買取相場についてですが、種類が大変多いことからも、他のきもの以上に査定額の幅が広いというのが現状です。

具体的には、査定員が着物を一枚ずつ査定して、状態やチェックすべきポイントについて、ひとつずつ細かく確認をします。その査定額は、値段が付かない状態の物から1~3万円ほどや、更に状態の良い訪問着で20万円以上の値段がつくものまで様々です。

人間国宝と呼ばれるほどの作家の着物で状態が良ければ、50万円前後ほどの高値が付く可能性もありますが、有名作家物の中古着物でも、保管状態が悪くカビや汚れがついているなど着物の状態が悪いと、訪問着の価値は下がりますので注意が必要です。

訪問着は様々な場面で着ることができることから、他の着物よりも汚れが付く可能性が高い着物ですので、着用しているときにも、不要な汚れが付かないように注意をしましょう。

また保管方法に関しても、定期的な虫干しなど、湿気にも気を配り、カビなどの汚れがなるべくつかないように保管をしましょう。

まとめ:訪問着の買取相場と高額買取のコツ

まとめ:訪問着の中古市場での需要と着物買取について

訪問着は、振袖や色留袖、黒留袖とは違い、年齢に関係なく着ることができるうえ、また、結婚披露宴など慶事にまつわるイベント以外の場所でも、改まった場所での正装として、様々な場面で着用が可能な着物です。

このように、着用できる範囲がとても広いことから、中古市場でも需要が非常に高い着物で、着物買取でも比較的値段が付きやすいのです。

着る当てのない訪問着をお持ちでしたら、一度、査定に出してみることをおすすめします。