昔着た着物だけどもう着る機会もなさそう、かといって思い入れがあるので手放したくはない、また、親や知人から譲り受けたものの、自分では着ることができないし、などというときは着物リメイクがおすすめです。初心者の方でも簡単にできる普段使いの小物は特におすすめです。そんな作り方を紹介します。

着物リメイクの前に必要な準備

着物リメイクをするとき、まず始めにしなくてはいけない作業があります。 裁縫用具のリッパ―をつかって着物をほどきます。リッパ―がない場合は小ばさみでも構いませんが、リッパ―は小ばさみのように親指と人差し指で刃先を開閉せずに、前へ押し出すだけで糸を切ることができるので作業がはかどります。糸を切って一枚の布の状態に戻すときに注意することは、布地を傷付けないように気をつけることです。 ほどく作業は根気のいる作業ですが、布に穴があいてしまってはその部分が使えなくなりますので慎重に行う必要があります。布がほどけたら一度洗濯をします。汚れが取れて綺麗になりますし、布が縮むタイプの場合、リメイクをしてから縮んで作品が歪むのを防ぐためです。 着物の布はデリケートなものもありますし、ほどいた布は端がほつれやすくなっているので、洗剤や洗濯モードはおしゃれ着洗いがよいです。洗濯したものは少し生乾きかな、という状態まで乾かしてアイロンをかけます。こうすることで、完全に乾いてからだと伸びにくいしわも伸びやすくなり、仕上がりがきれいになります。これで布の準備は完了です。 何にリメイクするか考えるときは、着物が柄物のときは是非それを生かすようにしたいものですので、メインとなる柄の大きさに合わせて何にリメイクするか考えるとイメージがわきやすくなります。洗っても落ちない汚れが多いときや、破れがある場合でもあきらめる必要はありません。簡単な作り方でコースターや巾着などの小物にリメイクすることができます。

着物リメイクでの風呂敷の作り方

せっかくの着物なのに着る機会がなくなってしまったものは、是非リメイク後は日常生活で大活躍できるようなものに変身できるとリメイクもしがいがあると言うものです。着物を布の状態に戻してあげたら広げてみて何ができそうか想像してみてください。 汚れ、破れなどがなく広い面積が使えるようなときは風呂敷が是非ともおすすめです。エコバッグの代わりにもなる風呂敷は小さくしてカバンの中に入れて持ち歩くのにも便利ですし、最近の風呂敷ブームでどんなかたちのものでも素敵に包む方法がインターネットや書籍で紹介されています。いくつか覚えればたいへんに使い勝手がよく、活躍の場も多くなりそうです。 風呂敷の作り方はほどいた布を正方形にして周囲を縫うだけの簡単な作り方ですが、ほどいた布の最大幅は着物を仕立てるときに使われた反物の幅なので、ものによっては何枚かを縫い合わせることで適当な大きさの風呂敷にする必要があります。例えば35cm幅の布2枚を折り伏せ縫いで縫い合わせる場合は、縫い代として1cmが必要になります。裁った部分は1cmの三つ折りにするので縫い代は2cm必要になります。35cm幅で作る場合出来上がりは34cm×2が出来上がり幅となり、断ち切る長さは34+2cmで36cmとなります。このとき裁っていない方の端は耳をそのまま利用できます。 折り伏せ縫いは布を中表に合わせ、縫い端を1cmずらして置いたら、短くした方の布の端から5mmのところを縫います。次に長い方の端で短い方の縫い代を巻き込んで端を縫います。これは表からは縫い目が一筋しか見えず、裏も縫い代が見えずきれいに仕上げるための縫い方です。  

着物リメイクでのストールの作り方

着物の素材として一般的に使われるものには木綿、絹、化繊、麻、毛などがあります。 中でも絹は軽くてしなやかで肌触りが良いので、リメイクしたい着物で絹の素材がある場合は、是非とも身に着けるものに挑戦したいところです。初心者でも簡単にできるのがストールです。ストールは型紙も不要ですし、直線縫いだけで作ることができるのでおすすめです。簡単ですが絹の確かな存在感で、おしゃれ度の高い一品になるでしょう。着物をほどき洗濯をし、生乾きでアイロンをかけ一枚の布地にします。 周囲を三つ折りにしても良いですが、袋状にして縫い代が内側にくるようにすると見た目にもきれいな仕上がりになるのでおすすめです。また袋状にする場合、一枚の布で袋にしても良いですが、二枚同じ大きさの布を用意して、裏表になるように袋にするとその日に来ている服に合わせて使い分けることができます。また、着物の表地に柄があるような場合は、その色柄の中から一色を拾って無地の布地を裏側に使うことで、スカーフを結んだときに裏の色がちらりと見えて素敵です。具体的な作り方は、一枚の布地を使う場合は中表にして縦に半分に折り、周囲を1cm程の縫い代をとって直線縫いします。 最後に裏返しにするために縫わずに残しておく部分が必要ですが、両端の短い部分は身に着けているときに目立つ部分のため、首の後ろになるあたり、つまり長い方の辺の中央部分を5cmほど残しておくことを忘れないようにしましょう。周囲が縫えたら、裏返したときに縫い代の収まりが良いように、縫い代を倒してアイロンをかけておきます。裏返したら縫い残した部分を最後に縫い閉じて出来上がりです。

着物リメイクで小物の作り方

着物リメイクをする際、生地に汚れや傷みが多く使える面積が小さいときなどは小物づくりがおすすめです。 適当な大きさの端切れにしておくことで、ちょっとした時間を使って少しずつ作りためることもできます。いくつあっても邪魔にならない小物はプレゼントにも適していますし、生活小物として日常に取り入れることで来客のときの会話のきっかけにもなってくれます。和の特別な存在感をもつ生地で作られた小物は、日常生活をセンスよく潤いのあるものにしてくれます。コースターは簡単で初心者の方におすすめです。 10~12cm程度で作る大きさを決めたら厚紙で正方形の型紙を作ります。数を多くつくるようなコースターの場合は、一度型紙を作った方が作業が効率的になります。型紙を使って2枚同じ大きさの布を縫い合わせて作りますが、同じ布で作っても、違う布を使ってリバーシブルにしても良いです。2枚布を裁ったらコースターの裏になる方の布に芯地を貼ります。これは布に張りをもたせるためで、仕上がりがくたっとせず美しくなります。 芯地は布の裏側中央にアイロンで接着して貼りますが、縫い代の部分にも貼ってしまうと仕上がったときに端の部分が厚くなり過ぎてしまうため、布の一辺から3cmマイナスした大きさの正方形にするのが良いです。布の型紙といっしょに芯地の型紙も作っておくと効率的です。芯地を布に貼ったら、もう一枚の芯地を貼らない方の布と中表に合わせ、縫い代1cmで周囲を縫います。このとき返し口を5cm程残しておきます。そして裏返したときに縫い代がごろつかないよう、縫い代の四つ角を切り落とします。アイロンで縫い代を返したら裏返し、返し口を縫い閉じたら出来上がりです。

初心者が抑えておきたい基本の着物リメイクの作り方まとめ

最近ではなかなか着る機会も少なくなった着物を、祖母の遺品などで譲り受ける方も少なくないと思われます。 売ってしまうのも忍びないけどただ取っておくには場所も取るし、と悩んでいるときはリサイクルして日常で使える品にすることで、日ごろから家族の目にも触れ故人を感じることができます。和装の生地がもつ個性的で希少性のある布だからこそ感じられる存在感があります。 身に着ければおしゃれ指数が上がり普段とは違った華やかな装いになります。小物として身近におけば長く大事にしたくなるような愛着が生まれます。邪魔にならない小物はプレゼントとしても喜ばれます。柄の使い方で同じものを使っても表情が変わる小物は一点物の魅力も合わせ持ちます。 初心者でも簡単にできる作り方の品を紹介しましたが、同じような縫い方のテクニックで座布団やクッションのカバー、ランチョンマットなど展開の幅も大きいです。



着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説  
関連記事:古い振袖にこんな価値が!アレンジや再利用する方法教えます。
関連記事:もったいない!古い着物を捨てずに有効活用する方法を解説