振袖を着れる期間は、長い人生の中で考えると比較的短いです。 振袖を初めて着るシーンは成人式である方が多いと思います。成人式以降、結婚するまでの間で振袖を着る機会は数えるほどしかありません。 それでも親は、娘の晴れの日のために振袖を準備してくれます。そんな大切な振袖を少しでも高く買取ってもらうためには、適切な保管状態を保つことが重要です。 この記事では、振袖を高く買取してもらうためのポイントと、振袖の買取相場についてご紹介いたします。

振袖は未婚女性の礼装のこと

振袖は未婚女性の礼装のこと 振袖といえば、成人式や入学式、友人や親族の結婚式などで身につけることが多く、和のフォーマルとして身につけられている未婚女性の礼装です。 江戸時代、武家の婚礼衣装として使用されていた風習が庶民にも広まり、現代では和式結婚式の婚礼衣装としても着用されています。   振袖は袖が長いほうが格式が高いと言われれており、大振袖は結婚式で着用され、中振袖は成人式や入学式のようなフォーマルの場で身につけることが多いです。

振袖の価値

振袖は若い女性が身につけるため、華やかな模様の方が人気があります。 また、デザインが現代のトレンドに合っているかどうかも重要です。 20歳の女性が好むような華やかな色や模様の方が需要が高いため、買取価格も期待できるでしょう。   その他にも、有名ブランドや著名作家の作品、伝統のある呉服店のものは着物としての価値が高いので、高額買取が期待できます。   西陣織や京友禅のような伝統工芸といわれるような振袖を持っている方は、劣化する前に買取に出すことをおすすめします。

振袖の買取相場

振袖の買取相場ですが、着用済みの場合は数万円くらいと言われています。   新品で振袖を購入した場合の平均価格は、約数万万円〜数十万円が多いと言われていますので、中古で買取りに出した場合、それほど高額買取は期待できないでしょう。   ちなみに新品未使用の振袖に帯・襦袢もついた3点セットでも、買取価格は数万円くらいが一般的です。   ただし、老舗呉服店や有名作家の手掛けた振袖、京友禅のような高度な技術を使用した振袖の場合は、中古でも高額買取が期待できます。  

振袖を買取してもらう方法

  着なくなった振袖をたんすに眠らせていませんか?もう着る予定がない着物は、劣化してしまう前に、少しでも早く買取に出しましょう。 この記事では、振袖を買取してもらう方法について詳しくご紹介いたします。

出張買取

出張買取は、着物買取店の査定員が自宅に訪問して査定してくれる方法です。近所に店舗がない方には特におすすめです。   また、査定したい着物の量が多い場合、車がないと店舗に持込むのも大変です。出張買取なら、梱包の手間もかからず、しかも重い荷物を運ぶ必要がないので便利です。   デメリットとしては、出張料がかかる場合があることです。ただ最近では、出張料無料の買取業者が増えてきていますので、前もって確認しておけば安心です。   出張買取なら、自宅でゆっくり査定してくれますので、査定に関する疑問や不安な点などを相談することもできます。買取価格に納得できれば、その場で現金化してもらえます。

宅配買取

宅配買取は、売りたい商品を箱に詰めて発送し、買取査定してもらう方法です。   従来、梱包の準備に手間がかかるというデメリットがありました。しかし、最近では宅配買取業者が梱包キットを準備してくれます。そのため、振袖のような専門性の高い商品でも丁寧に梱包して発送できるようになりました。   宅配買取のデメリットは、買取査定に出してから実際に現金化されるまでの時間が長いことです。発送にも査定にも時間がかかるため、急いでいる方にはおすすめできません。   宅配買取の場合、査定員と直接話をする必要がないというメリットがあります。メールのやり取りのみで完結することもできますので、気軽に買取査定に出せます。

持込買取

近くに買取店舗がある方は、持込買取が最もスピーディで簡単です。 売りたい振袖を店舗に持っていって査定してもらい、金額に満足できればその場で現金化してもらえます。   デメリットは、待ち時間がかかる点です。査定している間、店舗で待たなければなりませんので、忙しい方は宅配買取の方が便利なこともあります。時間に余裕がある方におすすめの買取方法です。   持込買取の最大のメリットは、買取査定に出すための準備が少ないことです。梱包の必要もなく、買取スタッフの訪問準備をする必要もありません。買取店舗に持っていき、査定が終わるのを待っているだけなので、面倒な準備は一切不要です。   本日中に現金化したい、売りたいものの量が多い、などなるべく簡潔に済ませたい方は、直接持ち込んで査定してもらう方法が最もスピーディです。

振袖を高額で買取してもらうためには?

振袖を買取してもらう方法がわかったところで、次は少しでも高額で買取ってもらうためのポイントをご紹介いたします。   また、現在振袖を持っていて、いずれは買取に出そうと思っている方のために、高く買取ってもらうための保管方法も合わせてご紹介いたします。

証紙付きの有名産地の着物

振袖に限らず、着物は産地によって価格が大きく変わります。有名な産地のものは「伝統工芸品」と呼ばれ、買取価格も大幅に上がります。   本場大島紬や京友禅、江戸小紋のような着物には「証紙」が必ずついていますので、査定の際は忘れずに提出しましょう。

有名作家作品や⽼舗ブランドの着物

人間国宝と呼ばれる人が手掛けた着物は、いわゆるひとつの「芸術品」のようなものであり、非常に高額で取引されています。   また、京友禅の「千總」や京呉服の「ゑり善」といった「老舗」と呼ばれる有名呉服屋が取り扱っている着物も、ブランド着物として高額買取が期待できます。

未着⽤や染みや汚れがない着物

未着用の着物は査定額も高いですが、着用済みでも染みや汚れのない綺麗な状態であれば、十分高額買取が期待できます。将来買取に出そうと思っている場合は、保管状態には気をつけなければなりません。  

着物の保管方法

湿気は着物の天敵です。着物の保管に桐のタンスが最適といわれているのは、桐は湿気で伸縮するため、ケースの中を一定の湿度に保てるからです。   桐のタンスがない場合、年に2回程度は収納から取り出して陰干しをして湿気を取り除けば安心です。すでに汚れや染みがある場合、無理して落とそうとせずにそのまま査定に出しましょう。   着物は非常に繊細なので、知識がないまま自分で汚れを落とそうとすると、かえって傷んでしまう可能性もあります。   また、クリーニングに出してから査定に出す方法もありますが、着物のクリーニングは高額なため、かえって損になってしまう可能性もあります。そのまま買取査定に出してしまいましょう。

振袖の買取実績

ここでは、振袖の買取実績を紹介します。

振袖の買取実績①

振袖の買取実績① 買取エリア:神奈川県
買取金額:198,000円

振袖の買取実績②

振袖の買取実績② 買取エリア:神奈川県
買取金額:130,000円

振袖の買取実績③

振袖の買取実績③ 買取エリア:広島県
買取金額:¥77,000円

着物を買取されたお客様の声

お客様の声:東京都 台東区 40代 女性
全然問題などなく大丈夫でしたよ。ただ私電話では着物20枚ぐらいって言ったんだけど見てみたら200枚ぐらいあって…笑。夕方ぐらいまでかかっちゃうかなと思ったんですけどすごい速さで見てくださってよかったです!

お客様の声:愛知県 一宮市 30代 女性
すごく親切で良かったです。すごく誠実な話し方で声のトーンとかもすごく柔らかかったので、初めて訪問で来ていただいた方で緊張しなかったです。

お客様の声:埼玉県 朝霞市 80代 女性
着物の事もよく知ってらっしゃって立派だったって話してたところでした。 夏物は夏に売った方がいいってアドバイスももらえたので夏ごろまたお願いすると思いますのでその時はよろしくお願いします。
 

振袖の買取でよくある質問

ここからは、振袖の買取でよくある質問をご紹介いたします。 特に多かった質問を掲載していますので、買取査定に出す時の参考にしてください。

帯などの小物も買取してもらえますか?

帯・和装小物ともに買取を行っております。帯は、有名な作家の帯以外でも買取可能です。   和装小物は、草履・足袋・バッグ・帯締め・帯留め・帯揚げ・かんざしなど、身につけた時に外から見える和装小物は買取対象となりやすいです。  

古い着物でも査定できますか?

古い着物でも査定できます。   着物の保存状態にもよりますが、買取対象となる可能性がありま