「大事な子供の卒業式は、いつもよりきちんとした格好で子供の門出を祝いたい!」本記事に訪れたあなたは、そんな思いを抱えていませんか? しかし、実際にどのような着物がよいかわからないと悩まれているかもしれません。本記事では、お子様の卒業式にあなたが着るべき着物をご紹介します。 お子様の門出を華やかに祝うためにも、どんな着物を着ていけばいいのか正しく理解しておきましょう。

お母さんが卒業式で使える着物の種類

卒業式で使える着物の種類 卒業式で使える着物には以下の3つです。
  1. 訪問着
  2. 付け下げ
  3. 色無地
それぞれの着物について詳しく解説していきます。

訪問着

訪問着とは、上半身から下半身にかけて連なった柄が施された着物のことを指します。

この上半身から下半身にかけて連なる模様は「絵羽模様」と言われており、豪華な雰囲気を感じさせる柄行として人気です。

訪問着の格式は、紋をつけることで最も格式の高い留袖の次である準礼装または略礼装とあります。紋なしであれば、外出着としても使用できます。

訪問着の着用シーンは主に結婚式、入学式、卒業式などのお祝いの場。絵羽模様が施された豪華なデザインは、年齢を問わず美しく彩ります。特に卒業式は、子供の門出を祝う特別な日なので、訪問着のような美しい着物はふさわしいといえるでしょう。

付け下げ

付け下げとは、訪問着を簡易的に仕立てあげた着物のことです。

訪問着は最初に白い生地を着物のかたちに仮仕立てし、下絵を描くことで鮮やかな絵羽模様を再現しています。

対して、付け下げは、反物(着物を仕立てるための1枚の布)状態で、下記のように合計8枚のパーツに裁断して仕立てられます。

  1. 袖x2枚
  2. 身頃x2枚
  3. 衽x2枚
  4. 衿x1枚
  5. 衿の上に掛ける共衿x1枚

その後、色付けをして完成となるので、訪問着のように制作工程に手間を省きません。そのため、付け下げは訪問着よりもリーズナブルなお値段で購入できるのです。

付け下げは、訪問着のようなゴージャス感はないものの、控えめで上品な印象を感じさせる着物として人気です。「あまり目立ちすぎる柄行きは避けたい…」というお母様は、付け下げを選んでみてはいかがでしょうか。

付け下げは卒業式で着用できるほか、お茶会や観劇に出かける際のお洒落着としても活用できるので、1つ持っておけば重宝します。

関連記事:訪問着と付下げどっちを選ぶべき?それぞれの違いは?  

色無地

色無地とは、黒以外の単色で染められた着物のことです。名称のとおり、柄がない無地の着物として考えるとわかりやすいでしょう。

色無地は柄がほとんどないため、シンプルで落ち着いた印象を与えます。卒業式はあくまでもお子様が主役ですから、目立ちすぎることは避けた方がよいでしょう。

また、色無地は紋ありタイプと紋なしタイプがあり、一般的には以下のように認識されます。

  • 紋あり=フォーマル
  • 紋なし=セミフォーマル〜カジュアル

卒業式はフォーマルな場ですから、紋ありタイプの色無地を選ぶとよいでしょう。

紋あり色無地の格は、訪問着と同格にあたります。そのため、合わせる帯もフォーマルな袋帯を合わるのがセオリーです。

お母さんの卒業式の着物は訪問着がおすすめ!

卒業式の着物なら訪問着がおすすめ! さて、ここまで卒業式に着られる着物をいくつかご紹介してきたものの、「結局どの着物を選んだらいいの?」と決めきれない方もいることでしょう。

卒業式に着ていくなら「訪問着」がおすすめです。その理由は以下の2つです。

  1. 3つの中で最も格式が高い
  2. 華やかな絵羽模様がお祝いごとに最適

まず、訪問着は先述した3つの着物の中で最も格式の高い着物です。「ある時は結婚式に」「ある時は七五三に」と礼装が求められる場では必ずといっていいほど訪問着が活躍します。

卒業式は結婚式などと同様にフォーマルな場であるため、付け下げや色無地でも問題ありませんが、訪問着が理想的です。

仮に周りが訪問着を着ていなかったとしても「上品なお母様」という好印象になりやすいため、卒業式に訪問着を着ていくことは無難な選択肢でしょう。

卒業式に合った訪問着を選ぶ方法

「訪問着がおすすめ!」と言っても、どのような訪問着でもいいというわけではありません。

卒業式にはそれなりのマナーが求められますから、正しい訪問着の選び方を理解しておきましょう。

落ち着いた印象の訪問着を選ぶ

卒業式の鉄則マナーは「子供よりも目立ってしまわないこと」です。

あくまでも、子供が主役であることを忘れてはいけません。そのため、あまりにゴージャスな模様の訪問着は避けるべきです。

たとえば、吉祥文様のような豪華なデザインの訪問着はあまりにも目立ちすぎるため、避けるとよいでしょう。ワンポイントの草花の刺繍が入った柄行や淡い色の訪問着なら、控えめかつ華やかな印象も損なわないのでおすすめです。

柄と季節がマッチしている訪問着を選ぶ

もう一つの訪問着の選び方として、季節とマッチした訪問着を選ぶと、粋な印象が強くなります。

卒業式の季節は春であるため、オレンジやイエローなどの暖かい色合いや草花が描かれた訪問着は、季節とマッチしているのでおすすめです。

一方で、避けた方が良い色は、寒色系の色や桜が咲き乱れような柄行きの訪問着です。季節に適していない色合いや柄行きは、どこか寂しい印象を与えるので、避けるのが無難でしょう。

まとめ

ここまで、お子様の卒業式にお母様が着ていくべき着物について解説しました。最後に記事の内容をおさらいしましょう。

  • 卒業式に着ていくべき着物は、訪問着、付け下げ、色留袖の3種類がある
  • その中でも「訪問着」が最もおすすめ
  • 卒業式に着ていく訪問着は、「落ち着いた見た目」「季節にマッチした柄行き、色」で選ぶ


  着物買取コラム
関連記事:訪問着の買取相場はどれぐらい?高額買取のコツを徹底紹介! 
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 関連記事:着物買取相場と少しでも高く売る方法