着なくなった着物、使わなくなった和装小物類を売りたいというときには着物買取専門店へ持ち込んで買い取ってもらうといいです。着物などを中心に和装に関するものならしっかりと査定をして、その品物にあった金額を提示してくれるので安心して持ち込めます。 買取専門店には和装に関する知識が豊富なプロの査定員がいます。なので、どんな品物でもしっかりと査定をして、その品物にあった金額を提示してくれるのがいいです。その金額に納得することができたら買い取ってもらうようにすればいいです。 初めて利用する人でも安心して査定をしてもらうことができるように、買取専門店にはその流れや初めて売りに来たいという人に向けたわかりやすい説明なども載せてあるところが多いので、一度しっかりと確認をしてから品物を持ち込むようにしておくといいです。

プロの査定員がいるので安心して持ち込める

初めて着物買取専門店を利用する、という人は、事前に必要なもの、用意するといいものなどを調べておくといいです。そうすることで、初めてでもスムーズに買い取ってもらうことができるようになります。 着物買取専門店以外にもリサイクルショップなどで買い取ってくれるところが最近は増えてきているといいます。ですが、和服に詳しくて専門的な知識がある査定員がいるお店はなかなかないので、安い価格で買い取られてしまう可能性もあります。なので、できれば買取専門店へ持ち込むことをおすすめします。 着物買取専門店では、いろいろな着物を買い取っています。振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地など、さまざまなものがあるので、和服にあまり詳しくない人が判断をするのは難しいです。なので、査定員がいる買取専門店を利用することをおすすめしています。 買取専門店へ持ち込む前にはしっかりと着物をチェックしておくことが大切です。生地の状態、それと合わせて着用していた帯や和装小物などの状態もチェックしておくといいです。買取専門店を利用するときは、着物や和装小物、帯などをセットにして持ち込むようにしておくと、査定金額をアップすることができる場合があります。初めて買取専門店を利用するという人でも、買取価格をアップしやすい方法が、セットで持ち込むという方法です。着物はいろいろな種類がありますが、購入したときに合わせて買ったものも一緒に持ち込むようにするといいです。

着物のお手入れをしておくことが大事

着物買取専門店へ持ち込む前には、着物の生地をしっかりと確認しておくようにします。 たとえば、生地に汚れ、カビ、シミなどがあったときは、着物のクリーニングを行っているお店へ持ち込んで洗ってもらうようにします。早めにお手入れをすることで、生地をきれいな状態に保つことができます。また、生地が虫食いの穴があったり、傷、ほつれなどがあったときは修理をしてくれるリフォーム店へ持ち込んできれいな状態に直してもらう必要があります。こちらも早めに対処しておくことで、生地をきれいな状態で保つことができるようになります。 また、着用した当日のうちにしっかりとお手入れをしておくことで、生地に残っている汗などの湿気を取り除くことができます。基本的なお手入れの方法は、まず、着物ハンガーに着用した着物、帯などを吊るして、日が直接当たらないところに一晩吊るしておきます。もし一晩も吊るしておけない、という場合は、日陰で風通しのよいところで2、3時間ほど吊るしておきます。それだけでも汗が風で乾燥して生地の湿気を取り除くことができます。 基本的にこのお手入れの方法はどんなものでも同じです。なので、着用したその日だけではなく、長期保管をしておくときにも、定期的に行うようにしておくことが大切です。風を通すだけで虫食いや湿気、カビなどの原因を取り除くことができます。  

保管場所もしっかりと考えておく

着物を売りたいときには、保管状態をよくしておくことがとても大切です。なので、先の基本的なお手入れはしっかりとしておくようにします。 また、長期保管をしておくときには桐のたんすがいいと言われています。着物を保管する上で最も注意すべきは湿気と虫で、虫を防ぐためには、密閉すれば良いかもしれませんが、そんなことをすると、非常にデリケートな絹素材はしわなどができてしまう場合もありますし、絹は適度な風通しも必要だといいます。 なので、防湿に効果があり、害虫の侵入を阻止するとともに適度な通気性を兼ね備えている桐のたんすを利用して保管するのがいいといわれています。収納具そのものとしても質が高いとされる桐は、湿気だけではなく、カビや虫食いなども防ぐことができる素晴らしい素材として着物を何枚も持っている人などには愛用されています。 もちろん、桐たんすでなくても保管することは可能です。ここで大事なことは、とにかく湿気の少なくて風通しのいい所を選ぶようにすることが大切です。また、直射日光に当たらない場所を選んで、時折引き出しを開けたりして風を入れることが大切です。着物を買い取ってもらうときには保管をしておくこと、それから保管場所をしっかりと考えておくようにします。

自分の都合に合わせて買取方法を選ぶ

着物買取専門店を利用するときには、さまざまな買取方法があります。買取方法はそのお店によっていろいろですが、まず、直接お店まで持っていって買い取ってもらう方法です。これはお店が遠方の場合はなかなか難しいですが、車などで運ぶことができる程度の距離ならこの方法は一番です。直接持ち込むことができるので、安心して査定をしてもらうことができますし、その場で現金で買い取ってもらうことができます。 もうひとつは訪問買取です。直接自宅まで査定員に来てもらい、その場で査定をしてもらいます。その査定方法は、そのお店の方針でしっかりと行ってくれるので安心です。買い取ってほしいものが多いときなどにはとても便利な方法だといえます。 最後に郵送買取です。宅配買取ともいわれています。お店から必要なダンボールや書類などを送ってもらって、その中に買い取ってほしいものなどを入れて、送って査定をしてもらうという方法です。買い取ってほしいお店が遠方などにある場合はとても便利ですし、ダンボールなどは無料で送ってもらうことができる場合が多いのでお得です。 自分の都合に合わせて着物などを買い取ってもらう方法を選ぶことができるので、初めて買取専門店を利用するという人でも安心して買い取ってもらうことができます。着物や和装小物、それからいろいろな和装関連のものはすべて一度は持ち込んでみるといいです。

初めてでもスムーズに着物買取をしてもらうまとめ

着物や帯、和装小物などは、着なくなったり、使わなくなったものなどは、着物買取専門店を利用するといいです。着物や帯、小物類は日ごろからしっかりとお手入れをしておくことで、きれいな状態を保つことができます。きれいな生地のものほど高額査定を期待することができるので、きちんとお手入れをしておくようにします。 簡単で基本的な陰干し、虫干しなどをしっかりとしておくこと、それから必要なものをあらかじめ用意しておくことで、持ち込んだ品物の査定金額をさらにアップさせることができるようになります。買取専門店へ持ち込むときには購入したときに合わせて買ったものがあれば、それらもセットで持ち込むこと、証紙をきちんと一緒に持ち込むことで高額査定を期待することができます。証紙はたとう紙のなかに着物と一緒に保管されていることがほとんどなので、一度確認をして一緒に持ち込むといいです。