「訪問着と付下げの違いがわからない、どっちを買えばいいの?」 本記事ではこんな悩みを抱えているあなたに向けて、訪問着と付下げの特徴を解説し、見分ける方法を紹介します。 また、訪問着か付下げどちらを買えばいいのか?という疑問も解決。 これから着物コーディネートを楽しみたい方は、訪問着か付下げの違いを理解しさらに奥深く着物を楽しみましょう。

訪問着と付下げ

訪問着と付下げ、見分けがつかない2つですが、まずはそれぞれがどんな着物なのか知っておきましょう。 作り方や作られた背景などを理解すると何が違うのかなんとなくわかるはず。 付下げとは 付下げとは、訪問着の豪華な雰囲気をなくすために作られた着物です。戦時中の日本では、豪華な物や贅沢品は御法度とされていました。そのルールによって、訪問着は着られなかったのです。

そこで見た目の豪華さをなくし、落ち着いた見た目の付下げが作られました。

付下げが登場した頃は、訪問着に比べて華やかさはありませんでしたが、現代ではお洒落な模様や柄を使って、気軽にお洒落が楽しめる着物として人気です。

主張しすぎず、飽きのこない見た目が特徴で、裾の裏地である「八掛」と呼ばれる部分には表と違った柄を使うなど、細かいところまでこだわりが感じられます。

ワンポイントでお洒落を演出するのが、付下げの魅力です。

付下げを作る際には、反物から染色や模様をつけていきます。そのため訪問着と違い、肩から裾にかけて繋がる「絵羽模様」はありません。

関連記事:着物の種類|付け下げとは

訪問着とは

訪問着は、最も格の高い留袖の次に位置する準礼装として位置付けられています。

主に結婚式、パーティーなどの格式張った場で着用し、そのゴージャスな見た目はお祝いごとにふさわしい装いです。

訪問着の特徴は、上半身から下半身にかけて鮮やかに彩られた絵羽模様。格の高い留袖は下半身にのみ絵羽模様がありますが、訪問着は全体的に絵羽模様があります。

訪問着が誕生したのは、明治時代。洋服の「ビジティング・ドレス」にあたる着物として作られました。ビジティング・ドレスとは、主に第二次世界大戦前の観桜会や観菊会などで着用されたドレスのこと。

その名残が現在も続き、訪問着は幅広い場所で着ることができます。

訪問着を作る際は、付下げのように反物から染めるのではなく、一旦着物の形(仮縫い)にしてから模様をつけていきます。 それによって、着物全体の模様がつながって見えるのです。
関連記事:着物の種類|訪問着とは

訪問着と付下げの違いと見分け方

訪問着と付下げの違いを見分けるには以下3つの点に注目すると良いでしょう。

・着物の柄 ・着物の格 ・着物の見た目 以上3つの訪問着と付下げの違い、見分け方を解説します。

着物の柄

訪問着 ・肩から裾にかけて繋がる絵羽模様がついている

付下げ ・派手な印象を抑えた飽きのこない柄行が特徴 ・繋がりのある模様ではなく単体でつけられた模様が多い

柄の違いを見分けるには、絵羽模様が上半身から下半身にかけてつながっているかに注目すると良いでしょう。 絵羽模様がつながっていれば「訪問着」。つながっていなければ「付下げ」。

訪問着は、一旦形を作ってから模様をつけるので、上半身と下半身の模様がつながっています。一方、付下げはすでに模様がつけられた反物を着物の形にして作るので、模様がつながりません。

この違いは、訪問着と付下げを見分ける際に最もわかりやすい箇所。迷ったら着物の柄に注目しましょう。

着物の格

訪問着 ・準礼装として位置づけされており、最高格である留袖の次に位置する。 ・主に、未婚女性が結婚式で着用したり、お子様の卒業式や入学式など使える場面は広い。

付下げ ・訪問着と同じく準礼装として位置づけされる ・目立つことを抑えたい七五三やお宮参り、お子様の入学式や卒業式で着用

着物の格は訪問着と付下げどちらも準礼装にあたります。なので、使える場面に違いはほとんどありません。 祝い事の場では「訪問着」入学式、七五三など、主役を引き立たせるべき場面は「付下げ」が主に着られます。

着物の見た目

訪問着 ・華やかでゴージャスな印象を感じる

付下げ ・模様が少なく、落ち着いた印象を感じる

訪問着と付下げを見分ける最も簡単な方法は「着物の贅沢感」で見分けること。 訪問着はダイナミックな絵羽模様がついていて贅沢感があるのに対し、付下げは落ち着いた見た目が特徴です。

パッと見たとき「着物の贅沢感」に注目すれば見分けがつきます。

付下げ訪問着ってなに?

付下げ、訪問着どちらの名前もついた「付下げ訪問着」と呼ばれる着物。一体どっちなの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

付下げ訪問着は名称の通り、訪問着と付下げの特徴を反映させた着物。

付下げと作り方は一緒ですが、模様は途切れず、まるで絵羽模様に見えるようについています。付下げの作りなのに、訪問着の絵羽模様のような見た目から「付下げ訪問着」と言われています。

付下げ、訪問着どちらを買うべき?

訪問着_付け下げ_どちらを買うべき さて、訪問着と付下げの違いがわかりましたが、結局どちらを買ったらいいんだろう?と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

ズバリ結論を言うと「場面に合わせて買うべき」です。訪問着と付下げ、どちらが劣っているというわけではなく、それぞれによいポイントがあります。

たとえば訪問着なら、見た目のゴージャス感からお洒落着・礼装着として着用できるのがメリット。華やかな装いでのぞみたい結婚式などで、美しい大人の印象をしっかりと演出してくれます。

一方、付下げは目立つことなく飽きのこないデザインが特徴。お子さまの入学式や七五三では、主役であるお子様が注目されるようあまりに豪華な見た目は避けるのがマナーです。そんな場面でも付下げは悪目立ちせず、着物の上品さを損ないません。

このように、場面によって訪問着、付下げそれぞれの良さを引き出すことができるので、場面に合わせて選ぶのが最適な選択といえます。

直近で結婚式を控えている、お茶会で華やかな着物を楽しみたい方は訪問着。お子さまの入学式を控えている、着物の上品さを楽しみたいが、そこまで派手じゃない着物を求めている方なら付下げを選ぶとよいでしょう。

まとめ

今回は訪問着と付下げの違いについて解説しました。

付下げは、訪問着の代用品として生まれた着物で、訪問着よりも見た目が落ち着いている、繋がる絵羽模様がないなど、明確な違いがあります。訪問着と付下げの違いをおさらいします。

付下げ 訪問着
着物の柄 一連に繋がる絵羽模様はなく、単体で施された模様が多い 上半身から下半身にかけて繋がる絵羽模様がついている
着物の格 準礼装 準礼装
着物の見た目 落ち着いた見た目。控えめな印象を与える 豪華な見た目。華やかな印象を与える
着用シーン お子さまの入学式、七五三、お宮参りなど 結婚式、披露宴やパーティ、格式張ったお茶会など
訪問着と付下げ、どちらを購入しようか迷っている方は、これから控えている行事ごとや自分の好みで選ぶと良いでしょう。どちらの着物も良いポイントがそれぞれあります。

関連記事:訪問着の買取相場はどれぐらい?高額買取のコツを徹底紹介!
関連記事:着物の種類|付け下げとは

着物買取に関する記事はこちらを御覧ください。
着物買取の記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた
着物買取の記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法
着物買取の記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介!