着なくなった着物、使わなくなった和装の小物類などは、着物買取の専門業者へ持ち込んで買い取ってもらう人が多いです。 着物などを買い取るときには知識が豊富な査定員がしっかりと査定をして、その品物にあった金額を提示してくれるので安心です。 着物買取の専門業者を利用するときには、専門知識がしっかりとあるプロの査定員がいる業者を選ぶことが大切です。 最近はリサイクルショップなどでも着物の買取をしているところが増えてきていますが、着物の知識を持ったスタッフがいる業者がなかなかないので、ネットなどを参考に相場を考えて買取価格を提示される可能性もあります。 なので、できるだけ買取専門業者へ持ち込んで査定をしてもらうことをおすすめします。 しっかりとした知識と買取の実績があるお店なら、安心して提示された金額で買い取ってもらうことができます。

小紋は普段着として着用する着物

着物にはいろいろな種類のものがあります。 その種類をきちんと見分けて価値を判断することができる査定員がいる業者を選ぶことが大切です。 着物の種類には、振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地などいろいろなものがあります。 この種類をしっかりと理解しており、さらに生地の種類などをきちんとわかるようなしっかりとした知識と買取実績がある査定員がいる業者を探すことで、持ち込んだその品物にあった金額を提示してもらうことができます。 たとえば、着物の種類には小紋というものがありますが、この種類のものは普段着として着用されることが多いものです。 高価なものではないですが、着物買取の専門業者に持ち込まれるもののほとんどが、小紋などの普段着の着物だといわれています。 小紋とは、型染めという染色技法で染められた、全体に細かい模様が入っている着物のことです。 染色技法は糊をつけた型紙を布に繰り返し押し当てて、糊が乾いたら染料を塗っていくというものですが、なかには手書きで描かれた手書き小紋もあるということです。 しかし、これはかなり希少なものだといえます。 小紋にはいろいろな柄があるので、帯の合わせ方や柄の種類によって、公式な場面で着用することができるもの、普段着的なものもあるということです。 ワンピースに近い用途で着用する着物と考えるとわかりやすいかもしれないです。

種類が豊富にあるので合わせ方も豊富にある

小紋には種類があります。 それをしっかりと覚えておくことで、着物買取の専門業者に持ち込むときに高額査定を期待することができる場合もあるということです。 小紋は訪問着と違い、遠目には無地に見えるような単色を基本で使っている細かい文様が入った江戸小紋などがあります。 この着物は、紋を入れて礼装用の帯を合わせると準礼装として用いることができる着物です。 また、より細かな柄が入れられているものほど格式が高いと考えられています。 たとえば、鮫肌のような模様の鮫小さなあられの形を並べた行儀小さい正方形を並べた角通しという3つのものが代表的な江戸小紋です。 この3つは江戸小紋三役という代表的な柄として知られており、ほかにも細かな縞模様の万筋なども有名なものとして知られているということです。 また、模様が点在する飛び柄のもの、それから着物全体に模様が連なった総柄のものがあるのですが、沖縄の伝統的な染色技法のびんがたという方法で染められた紅型小紋、多色を用いた京都の伝統工芸品の京小紋、そしてインド発祥の更紗模様の更紗小紋など、さまざまな着物があるということを知られています。 さまざまな染色技法があり、柄も豊富にあるので、帯との合わせ方、小物類との合わせ方で、いろいろとおしゃれな着方をすることもできますし、粋なかっこいい着方もすることができます。  

基本的なお手入れを知っておくといい

着物を買い取ってもらうときには、事前にしっかりとお手入れをしておくといいです。 まず、どんな生地の着物でも基本的なお手入れの方法は同じです。 たとえば、着用したときは、その日のうちに着物専用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところ、風通しのよいところに一晩吊るしておきます。 そうすることで、着物についた汗のにおいや湿気などを取り除くことができます。 湿気や汗などはカビやシミなどの原因になることがあるので、まずはしっかりと風を入れておくことが大切です。 また、長期保管をしておくときにも、定期的に陰干しをしておくようにするといいです。 一晩も吊るしておくことはできない、というときには、2、3時間でもいいので同じように専用のハンガーにかけて吊るして風を入れておくようにするといいです。 定期的にしておくことで、カビ、シミ、におい、色が変わったりといったことを予防することができます。 きちんと陰干しをすることで、生地をきれいな状態にしておくことができます。なので、天気がいい日などに行うといいです。 また、買取専門業者に持ち込む前には、生地の状態をしっかりとチェックしておくようにします。 生地が傷んでいたり、汚れやシミなどがあったときはすぐに対処するようにしておくと、生地の状態を改善することができます。 なので、しっかりとそのときに対処することが大切です。

生地のトラブルはすぐに対処するのが大事

着物の種類によって生地のお手入れの方法が違う、ということはないです。 なので、きちんと生地にトラブルを見つけたときにはすぐに対処するようにしておきます。 生地に虫食いの穴、傷、ほつれや破れなどがあったときには、すぐに修理をしているリフォーム店へ持ち込んで修理をしてもらうと生地がそれ以上ひどくならずにすみます。 また、生地に汚れ、シミ、カビなどがあったときには専門のクリーニングを行っているお店へ持ち込んで、洗ってもらうようにしておくといいです。 そうすることで、持ち込んだときに着物の生地がきれいな状態になります。 買取専門業者では、生地の状態がよいものほど高額査定を期待することができます。 また、持ち込むときにはできるだけその品物を購入したときに付属していたものを一緒に持ち込むようにしておくといいです。 また、持ち込むときにはその着物の証紙を一緒に持ち込むようにしておくと、査定金額をアップさせることができます。 この証紙があるかないかだけで、査定金額に大きな差ができるといいます。 なので、必ず持ち込む前に確認をしておくといいです。 大体はたとう紙のなかに入っているので、それをきちんと確認してから持ち込むようにしておくようにします。 証紙は、その着物がどこで作られたのか、どんな生地なのか、誰が作者なのか、などを書いてある、着物の身分証明書のようなものです。

着物の種類|小紋のまとめ

着物や和装小物などで着なくなった、使わなくなったものがあるときは買取専門業者へ持ち込むといいです。 そうすることで、しっかりとその品物にあった金額を提示してもらうことができます。 買取専門業者を選ぶときには、和装に関する知識が豊富なプロの査定員がいる業者を選ぶことが大切です。 リサイクルショップなどでも買い取ってくれますが、安い価格で買い取られてしまうことが多いので、できるだけ買取専門業者へ持ち込むようにしておくといいです。 定期的にお手入れをして、生地をきれいにしておくことで、高額査定を期待することができます。 長期保管をしているときにもしっかりとお手入れをしておくことが大切です。 着物を高額査定で買い取ってもらうときには、証紙を必ず一緒に持ち込むようにしておくといいです。 そうすることで、査定金額をアップさせることができます。

お申し込み

メールからのお申込みの場合、弊社から査定希望日時と売却希望のお品物や詳細を伺い、査定員の訪問日時が決まりましたらご予約のお申込みが完了です。  
メールで申込み

着物買取で業界No.1を目指す買取プレミアムの出張買取対応エリア

東京都

東京都千代田区|東京都中央区|東京都港区|東京都新宿区|東京都文京区|東京都台東区|東京都墨田区|東京都江東区|東京都品川区|東京都目黒区|東京都大田区|東京都世田谷区|東京都渋谷区|東京都中野区|東京都杉並区|東京都豊島区|東京都北区|東京都荒川区|東京都板橋区|東京都練馬区|東京都足立区|東京都葛飾区|東京都江戸川区|東京都八王子市|東京都立川市|東京都武蔵野市|東京都三鷹市|東京都青梅市|東京都府中市|東京都昭島市|東京都調布市|東京都町田市|東京都小金井市|東京都小平市|東京都日野市|東京都東村山市|東京都国分寺市|東京都国立市|東京都福生市|東京都狛江市|東京都東大和市|東京都清瀬市|東京都東久留米市|東京都武蔵村山市|東京都多摩市|東京都稲城市|東京都羽村市|東京都あきる野市|東京都西東京市 ※買取エリアの一例