着なくなった着物、使わなくなった和装の小物類などは、着物買取の専門業者へ持ち込んで買い取ってもらう人が多いです。 着物などを買い取るときには知識が豊富な査定員がしっかりと査定をして、その品物にあった金額を提示してくれるので安心です。 着物買取の専門業者を利用するときには、専門知識がしっかりとあるプロの査定員がいる業者を選ぶことが大切です。 最近はリサイクルショップなどでも着物の買取をしているところが増えてきていますが、着物の知識を持ったスタッフがいる業者がなかなかないので、ネットなどを参考に相場を考えて買取価格を提示される可能性もあります。 なので、できるだけ買取専門業者へ持ち込んで査定をしてもらうことをおすすめします。 しっかりとした知識と買取の実績があるお店なら、安心して提示された金額で買い取ってもらうことができます。

小紋は普段着として着用する着物

着物には、振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地など、いろいろな種類のものがあります。 これらの種類やそれぞれの生地についてもしっかりと理解しており、専門知識と買取実績がある査定員がいる業者を探しましょう。そうすることで、売りたい品物に見合った金額を提示してもらうことができます。 たとえば、着物の種類には小紋というものがありますが、これは普段着として着用されることが多い着物です。 高価なものではないですが、着物買取の専門業者に持ち込まれるもののほとんどが、小紋などの普段着の着物だといわれています。 小紋とは、型染めという染色技法で染められた、全体に細かい模様が入っている着物のことです。 染色技法は糊をつけた型紙を布に繰り返し押し当てて、糊が乾いたら染料を塗っていくというものです。なかには、手書きで描かれた手書き小紋もありますが、これはかなり希少なものだといえます。 小紋にはいろいろな柄があり、帯の合わせ方や柄の種類によって、公式な場面で着ることもできます。 洋服でも幅広く着まわせるワンピースに近い用途で着用する着物と考えると、わかりやすいかもしれないです。

小紋の歴史

最初の小紋は、室町時代の後期に発祥したと言われています。鎧の革所や家紋などに使われいた文様でしたが、それが普段着などにもあしらわれはじめました。江戸時代になると、普段着にあしらわれていた小紋は、武士の礼装である裃にも染めるようになります。それぞれの家紋をあしらった小紋で裃を染めるのは、武家の誇りでもありアピールにもなりました。その後、庶民の間でも着物に小紋を染めるようになり、いろいろな柄を染めるようになりました。こうして小紋は、「小紋染め」という技術として人々に浸透していきました。

種類が豊富にあるので合わせ方も豊富にある

小紋には種類があります。 それをしっかりと覚えておくことで、着物買取の専門業者に持ち込むときに高額査定を期待することができる場合もあるということです。小紋の代表的な種類をご紹介します。

江戸小紋

江戸小紋とは、遠目には無地に見えるような単色で細かい文様が入った着物です。 紋を入れて礼装用の帯を合わせると準礼装として用いることができます。  また、より細かな柄が入れられているものほど格式が高いと考えられています。 たとえば、鮫肌のような模様の鮫、小さなあられの形を並べた行儀、小さい正方形を並べた角通しという3つのものが代表的な江戸小紋です。 この3つは江戸小紋三役という代表的な柄として知られており、ほかにも細かな縞模様の万筋なども有名なものとして知られています。

紅型小紋、京小紋、更紗小紋

小紋の柄の付け方は、模様が点在する飛び柄、着物全体に模様が連なった総柄などがあります。 また染め方は、沖縄の伝統的な染色技法のびんがたという方法で染められた紅型小紋、多色を用いた京都の伝統工芸品の京小紋、そしてインド発祥の更紗模様の更紗小紋など、さまざまです。  柄の付け方や染色技法が豊富にあるので、帯や小物類との合わせ方次第で、可愛らしく着こなすこともかっこよく着こなすこともできますね。

小紋の買取相場について

小紋を実際に買取に出すといくらで売れるのでしょうか。 ここからは、実際に小紋の買取相場について詳しくご紹介します。  

同じ小紋でも買取相場はお店によりけり

小紋の一般的な相場は、数百円〜数千円と幅が広いのが特徴です。小紋の着物は買取業者によって様々で、需要が多いものほど買取相場も上がります。特に、江戸小紋・加賀小紋・京小紋の場合は高く買い取ってもらえる可能性があります。それ以外の小紋の場合は、1枚では価値が低いことがあるので、枚数を多く売ってお金にすることができるでしょう。

小紋の高額買取条件

小紋にいくつかの条件が揃えば、高額で買い取られる可能性が上がります。 小紋が高額買取になる条件を解説します。

保管状態がよい小紋

買取専門業者では、生地の状態がよいものほど高額査定を期待できます。 また、査定時には、できるだけその品物を購入したときに付属していたものを揃えておくといいです。 生地や付属品の状態が新品に近いほど、買取額が高くなりやすいです。

サイズが大きい小紋

丈が163cm以上の着物は高額買取が期待できます。昔に比べ、最近では女性の身長が高くなっているため、大きめの小紋の方が融通が利くからです。サイズが小さい着物を着るのは難しいですが、大きい分には、小さく仕立て直すことができます。そのため、必然的にサイズが大きい着物は需要が増えるので買取価格も上がります。

証紙がついている小紋

査定時にはその着物の証紙を揃えておくと、査定金額をアップさせることができます。 この証紙があるかないかだけで、査定金額に大きな差が出るといえます。   証紙は、大体たとう紙のなかに入っているので、それをきちんと確認してから査定へ出すようにしましょう。 証紙は、その着物がどこで作られたのか、どんな生地なのか、誰が作者なのか、などを書いてある、着物の身分証明書のようなものです。査定の手助けにもなり、その小紋が本物である証にもなります。

有名な作家が手がけた小紋

有名な作家が手がけた小紋は、一般的な小紋とは全く異なり、かなり高額で取引されています。ひとつひとつ手作業で丁寧に作られているため、有名作家にしか作ることができない独特の風合いや柄が特徴です。 たとえば、下記のような有名な作家がいます。 ・南部芳松(人間国宝)…伊勢型紙で最も古い技法である「突彫」の第一人者 ・中村勇二郎…伊勢型紙の名手 ・小宮康助・小宮康孝(人間国宝)…父である康助は、化学染料の型染めを開発、その技術を息子康孝が受け継ぐ 有名作家のなかでも、人間国宝に認められる作家の作品はより高い技術で作られ、買取額も高くなりやすいです。 作家物の小紋には根強いファンがいるため需要は常に高く、しかも希少価値も高いので高額で取引されています。 保存状態がよければ、高額での買取が期待できるでしょう。

小紋はどこで買い取ってもらうのがおすすめ?

小紋を買い取ってもらう方法はいくつかありますが、専門買取業者での買取がおすすめです。専門買取業者を含めた、それぞれのメリットとデメリットを解説いたします。 ▼ネットオークション ネットオークションは、自分で販売価格を決めることができるのが最大のメリットです。 ただし、相場を知らずに価格設定をしてしまうと、なかなか売れなかったり、相場より低価格で落札されてしまうリスクがあります。 また、個人同士のやり取りになるので、「思っていた色と違った」「シミがあった」などのトラブルも自分で解決しなければならないデメリットもあります。 ▼古着屋・リサイクルショップ 古着屋やリサイクルショップは全国に店舗が展開され、気軽に小紋を持ち込んでその場で査定してもらえるため、スピーディに現金化できるのがメリットです。 しかし、古着屋やリサイクルショップには、着物の知識がない査定員がほとんどです。 有名作家の小紋でも、知らずに古着と同じ価格で買い取られてしまう可能性もあります。 古着屋は、衣類を重さで買い取っているところが多いです。 着物の価値がわからない店員の場合、有名な小紋の着物でも、洋服同様、重量で値段を決められてしまうことにもなりかねません。 また、総合リサイクルショップは幅広い商材を買い取ってもらえるので、気軽に持ち込んでしまいがちですが、古着屋と同じように着物に詳しい店員がいる可能性が低いです。一度着物の価値をしっかりと調べてもらった後の最終手段にした方が無難です。 ▼着物買取業者 着物買取業者には、着物についての知識が豊富な査定員が在籍しているので、適正な価格で買い取ってもらえます。 小紋の有名作家や、小紋の柄などについても詳しく見てもらえるので、自身が着物に詳しくなくても安心して任せられます。 また、専門の買取業者の場合、着物の販路をたくさん持っているところが多いため、他の買取業者に比べて高額で買取することが可能です。 小紋の買取は、まずは着物買取の専門業者に査定してもらうことをおすすめします。

小紋の買取実績

小紋の買取実績①

小紋の買取実績① 買取エリア:岩手県 奥州市 60代 女性 買取金額 111,000円(小紋含む着物合計)

小紋の買取実績②

小紋の買取実績② 買取エリア:神奈川県 横浜市 60代 女性 買取金額 85,000円(小紋含む着物合計)

小紋の買取実績③

小紋の買取実績③ 買取エリア:富山県 高岡市 50代 女性 買取金額 82,000円(小紋含む着物合計)  

基本的なお手入れを知っておくといい

日頃のお手入れ方法

着物を買い取ってもらうときには、事前にしっかりとお手入れをしておくといいです。 まず、どんな生地の着物でも基本的なお手入れの方法は同じです。 たとえば、着用したときは、その日のうちに着物専用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところ、風通しのよいところに一晩吊るしておきます。 そうすることで、着物についた汗のにおいや湿気などを取り除くことができます。 湿気や汗などはカビやシミなどの原因になることがあるので、まずはしっかりと風を入れておくことが大切です。 

長期保管している場合のお手入れ方法

着物を長期保管する際にも、定期的に陰干しをしておくようにするといいです。 「一晩も吊るしておけない」というときには、2、3時間でもいいので着物専用のハンガーにかけて風を通すようにしましょう。 定期的に風通しすることで、カビ、シミ、におい、変色などを予防でき、生地をきれいな状態に保てます また、買取専門業者に着物を見てもらう前に、生地の状態をしっかりとチェックしておくようにします。 生地が傷んでいたり、汚れやシミなどがあったときは、すぐに対処し、生地の状態を改善することが大切です。

生地のトラブルはすぐに対処するのが大事

着物の種類によって生地のお手入れの方法が違う、ということはないです。 なので、生地にトラブルを見つけたときにはすぐに対処するようにしておきます。 生地に虫食いの穴、傷、ほつれや破れなどがあったときには、すぐに衣類のリフォーム店へ持ち込んで対処してもらえば生地がそれ以上ひどくならずにすみます。  また、生地に汚れ、シミ、カビなどがあったときには専門のクリーニング店へ持ち込んで、洗ってもらうようにしましょう。

着物の種類|小紋のまとめ

着物や和装小物などで着なくなった、使わなくなったものがあるときは買取専門業者へ持ち込むといいです。 そうすることで、しっかりとその品物にあった金額を提示してもらうことができます。 買取専門業者を選ぶときには、和装に関する知識が豊富なプロの査定員がいる業者を選ぶことが大切です。 リサイクルショップなどでも買い取ってくれますが、安い価格で買い取られてしまうことが多いので、できるだけ買取専門業者へ持ち込むようにしておくといいです。 定期的にお手入れをして、生地をきれいにしておくことで、高額査定を期待することができます。 長期保管をしているときにもしっかりとお手入れをしておくことが大切です。 着物を高額査定で買い取ってもらうときには、証紙を必ず一緒に持ち込むようにしておくといいです。 そうすることで、査定金額をアップさせることができます。

お申し込み

メールからのお申込みの場合、弊社から査定希望日時と売却希望のお品物や詳細を伺い、査定員の訪問日時が決まりましたらご予約のお申込みが完了です。  
メールで申込み

着物買取で業界No.1を目指す買取プレミアムの出張買取対応エリア

東京都

東京都千代田区|東京都中央区|東京都港区|東京都新宿区|東京都文京区|東京都台東区|東京都墨田区|東京都江東区|東京都品川区|東京都目黒区|東京都大田区|東京都世田谷区|東京都渋谷区|東京都中野区|東京都杉並区|東京都豊島区|東京都北区|東京都荒川区|東京都板橋区|東京都練馬区|東京都足立区|東京都葛飾区|東京都江戸川区|東京都八王子市|東京都立川市|東京都武蔵野市|東京都三鷹市|東京都青梅市|東京都府中市|東京都昭島市|東京都調布市|東京都町田市|東京都小金井市|東京都小平市|東京都日野市|東京都東村山市|東京都国分寺市|東京都国立市|東京都福生市|東京都狛江市|東京都東大和市|東京都清瀬市|東京都東久留米市|東京都武蔵村山市|東京都多摩市|東京都稲城市|東京都羽村市|東京都あきる野市|東京都西東京市 ※買取エリアの一例