着物を買取ってもらいたいと考えてる場合、悪質な業者の存在や大切な着物の買取価格など様々な疑問や不安を抱く人も多いのではないでしょうか。   特に疑問や不安を抱くポイントとして、買取相場が挙げられます。 着物を買取ってもらう前に、自分が持っている着物の価値を確認しておくことが大切です。 そこで、着物の買取相場や素材によって異なる相場、アンティークの着物の買取価格や高く買い取ってもらうためのポイントについて詳しく解説します。

着物の種類と買取相場について

着物の種類 買取相場
訪問着 〜200,000円〜
加賀友禅 〜180,000円
京友禅 〜150,000円
記載外の友禅 〜200,000円
振袖 〜140,000円
小紋 〜100,000円
付け下げ 〜80,000円
黒留袖 〜70,000円
色留袖 〜70,000円
色無地 〜20,000円
留袖 〜5,000円
お召し 〜100,000円
絞り 〜100,000円
絣(かすり) 〜50,000円
〜100,000円
江戸小紋 〜50,000円
上布 〜300,000円
銘仙 〜20,000円
更紗 〜70,000円
喪服 〜1,000円
浴衣 〜18,000円
羽織 〜20,000円
〜10,000円
打掛 〜300,000円
  ※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。
※宅配買取時のキャンセルの場合には、返送料は自己負担となります。
※バイセルでは査定料・キャンセル料を一切いただいておりません。
※「どんな着物の種類か分からない」「有名作家のものではないけど、買取に出しても良いか不安」という方でも、遠慮なくご相談いただけます。
※お持ちの着物の買取額が知りたい方、まずはお気軽にバイセルまでお電話ください!


着物の種類のなかでも、比較的高い値段で買取してもらえる傾向にある着物としては、訪問着や振袖、友禅着物が挙げられます。

訪問着や振袖は七五三や結婚式、卒業式や成人式など様々な場面で着用するので需要が高く、比例して買取価格も高くなることが特徴です。

友禅は貴重なものであり、買取に出す人が少ない傾向にあります。そのため、平均買取相場をチェックするも難しいといえるでしょう。 基本的には 5万~15万円と幅があり、状態が良く価値のある友禅の場合は非常に高額な価格で取引され、100万円といった買取価格がつくケースもあります。
なお、友禅には複数の種類があり、デザインが大きく異なることが特徴です。主な種類としては伝統工芸品の江戸友禅、加賀友禅、京友禅が挙げられます。

江戸友禅は、きれいな状態の着物であれば1~3万円ほどの買取価格がつくことが一般的です。友禅には数種類あるものの、加賀友禅や京友禅と比較すると、江戸友禅は買取相場が低いといえます。
江戸友禅はいずれの種類のなかでも知名度が低いため、友禅であっても買取相場が高くならないことが特徴です。他の種類の着物と比べると少し高値がつく可能性がありますが、高額な買取価格がつくものではありません。
ただし、江戸友禅でも人間国宝や有名な作家の作品や、若干サイズが大きいものは高く買取ってもらえる可能性があります。

加賀友禅については、買取相場が8~10万円程度、呉服店で購入できる加賀友禅は30~100万円ほどのものが多いため、定価の2割ほどの買取価格がつけられるケースが多いです。
ただし、デザインや状態によって異なる点を認識しておきましょう。加賀友禅には百貫華峰、毎田仁郎、 由水十久といったたくさんの有名作家が存在します。 加賀友禅のなかでも有名作家や人間国宝の作品は買取価格が高く、平均買取価格以上の査定額がつくでしょう。

京友禅は、買取価格が3万円ほどが相場です。ただし、京友禅は華やかで色鮮やかなものが多いので需要も高いく、人気のあるデザインや価値が高い着物の場合は、買取相場が上がることもあります。
京友禅のなかでも、特に高額買取が望めるのは手描き友禅と呼ばれる種類です。その名の通り手書きで作られており、着物ごとに異なる風合いが楽しめることが魅力だとして、年代を問わず人気を集めています。

着物の素材と買取相場について

着物の素材 相場
正絹 〜100,000円
〜1,000円
木綿 〜1,000円
化学繊維 〜1,000円
ウール 〜1,000円
※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。
※宅配買取時のキャンセルの場合には、返送料は自己負担となります。
※バイセルでは査定料・キャンセル料を一切いただいておりません。
※「どんな着物の種類か分からない」「有名作家のものではないけど、買取に出しても良いか不安」という方でも、遠慮なくご相談いただけます。
※お持ちの着物の買取額が知りたい方、まずはお気軽にバイセルまでお電話ください!

着物を買取る業者にとって最も価値があるの素材として扱われるのは、一般的に「正絹」だといわれています。着物の素材としては正絹以外にもウールや綿、麻、ポリエステルといった様々な種類がありますが、正絹は最も格が高い素材だといえるでしょう。

綿については「綿=シルク」という印象を持つ人も多く、肌触りが良い素材であるといったイメージを持っている人も多いでしょう。 他にも、紬といった肌触りが特徴の着物も存在します。気軽に着用したいという理由で化学繊維やウールの着物を求める人も少なからず居ることから、シミや汚れがないきれいな状態であれば正絹以外の素材であっても買取ってもらえるでしょう。ただし、高い値段で買取ってもらうことは期待できないといえます。

きれいな状態で保管されており人気のあるデザインでも、素材が異なるだけで価値は下がってしまうことが特徴です。

関連記事:ポリエステルの着物は買い取ってもらえる?着物買取で高く売るには

アンティークなどの着物と買取相場は?

伝統工芸品や作家もの 相場
伝統工芸品 〜250,000円以上
作家物 〜700,000円以上
アンティーク着物 〜80,000円以上
※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響致します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。
※宅配買取時のキャンセルの場合には、返送料は自己負担となります。
※バイセルでは査定料・キャンセル料を一切いただいておりません。
※「どんな着物の種類か分からない」「有名作家のものではないけど、買取に出しても良いか不安」という方でも、遠慮なくご相談いただけます。
※お持ちの着物の買取額が知りたい方、まずはお気軽にバイセルまでお電話ください!


アンティーク、伝統工芸品、作家もののなかで高額買取されやすい着物としては、伝統工芸品と作家ものが挙げられます。
素材の品質が高いうえに、原価がかかっていることが理由です。高い素材を使用している着物はもちろん、有名な作家が長期間かけて作ったものは価値が高いので、比例して価格も高くなるのだといえるでしょう。

しかし、買取業者のなかには、伝統工芸品や作家ものといった価値のある着物でも安い値段で買取、高い値段で販売するといった悪質な業者もいるので注意しましょう。伝統工芸品や作家ものを適正価格で買取ってもらうためには、証紙や落款がついているかが買取価格を左右するポイントです。

証紙や落款には作者や生産地、種類が記載されており、「着物の証明書」ともいえます。伝統工芸品の認定制度が開始され、着物の証紙には伝統工芸品の印がつけられるようになりました。 伝統工芸品の印がついていると買取相場が高くなり、スムーズに査定をしてもらうことにもつながります。

証紙や落款の信用度は高く、証紙や落款と着物を同時に査定に出せば買取相場よりも高額な金額がつけられる可能性が高いです。そのため、着物を買取ってもらいたい場合には必ず証紙や落款を用意しましょう。

代表的な着物の作家

着物の作家には、さまざまな方がいます。 その中でも、下記の方々は、有名作家として取り扱われることが多いです。
  1. 斉藤三才(さいとうさんさい)
  2. 久保田一竹(くぼた いっちく)
  3. 皆川月華(みながわ げっか)
  4. 中村勇二郎(なかむらゆうじろう)
  5. 野口彦太郎(のぐちひこたろう)
  6. 由水十久(ゆうすいとく)
  7. 野口真造(のぐちしんぞう)
  8. 羽田登喜男(はたときお)
  9. 木原照江(きはらてるえ)
  10. 山鹿清華(やまが せいか)
  11. 龍村平蔵(たつむら へいぞう)
  12. 北村武資(きたむらたけし)


関連記事:評価の高い作家のものか

着物を高く買取してもらうためのポイント

着物_買取_ポイント 少しでも着物を高い値段で買取ってもらうためには、主に4つのポイントを押さえて着物を準備することが大切です。着物の状態のチェックや付属品の部品を揃えるなど、準備を整えて査定に出しましょう。  

着物はできるだけ良い状態で査定してもらう

着物は、汚れていたりシミがついていたりする場合、買取価格が大きく下がってしまうため注意しなければなりません。 着物をきれいな状態にして高く買取ってもらうためには、通気性が良い場所に保管することが大切です。直射日光が当たらない場所や桐箪笥に入れたうえで、一定期間に1度タンスから出して干すことでカビが生えたりシミがついたりすることを予防できます。

関連記事:シミ付きの着物は買取してもらえる?シミが付かないようにする対策方法も併せてご紹介!

証紙や落款などの価値証明ができるものは提示する

着物には、証紙や落款と呼ばれる紙が付いています。品質を証明するものであり、売却をする際には証紙や落款といった着物の価値を証明できるものを提示することが大切です。 場合によっては、こうした付属品があるか否かで、買取相場に影響が出る場合もあります。もし、証紙や落款は保存しておき、査定してもらう際に同時に査定してもらうようにしましょう。

関連記事:産地によって異なる!着物の証紙の読み方  

帯や和装小物などの付属品も同時に査定してもらう

着物以外にも、和装小物や帯といった付属品も買取の対象になります。 それぞれの買取相場は高くないケースが一般的ですが、付属品を同時に査定してもらえば着物の買取価格に上乗せしてもらえる可能性があるので、着物と帯和装小物といった付属品は同時に査定してもらいましょう。 

関連記事:帯買取で知りたいその価値と相場!高く売るための注意点
関連記事:和装小物の買取で高く売るためのコツと査定ポイント!

着物を買取してもらうなら専門店でする

着物を買取ってもらうためには、着物の価値を理解している人に査定してもらうことが非常に重要です。 インターネットオークションや着物専門ではないリサイクルショップに査定を依頼すると、正しい評価をしてもらえないため、買取相場よりも大幅に低い値段で買取られる可能性があります。そのため、着物の専門店で、着物の価値を理解している査定員に買取ってもらうことが非常に重要です。

関連記事:着物をリサイクルするなら着物買取専門店を利用しよう!  

まとめ

若い世代を中心に着物の需要が高くなっており、着物の買取を行う業者は増加傾向増にあるため、買取をしてもらう際には業者をしっかりと調べて比較する必要があります。 どのような種類の着物でも正しい価値を判断するためには、専門知識を持っていることや買取実績があることが重要です。着物の買取専門店であれば、大切にしていた着物の価値を理解してもらえるので、満足できる買取価格を提示してもらえるでしょう。

関連記事:着物買取相場と少しでも高く売る方法
関連記事:着物買取の相場価格を大公開!高額買取のコツは?
関連記事:高級着物とは?高級着物を買取に出す際に準備しておくべきこと
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法
関連記事:祖母の遺品整理で着物を見つけた場合 処分方法や買取に出す方法
関連記事:着物を売りたいなら知っておきたいこと
 

着物の買取ならバイセルで!

弊社では、着物の買取を行なっております。 弊社で、買取を行うメリットは大きく3つあります。
  1. 約27万件の買取実績があること(当社調べ)
  2. ご自身になった買取方法を選べる
  3. 無料相談・無料査定・LINE査定が可能
買取方法では、査定員がご自宅に訪問して査定をする「出張買取」、ご依頼者が査定希望のお品物を詰めて送る「宅配買取」、完全予約制である「持込買取」の3種類があるため、ご自身に合った買取方法を選ぶことができます。

無料相談および無料査定、LINE査定も行なっていますので、使わなくなった着物などは、ぜひバイセルで査定をしてみてください。

関連記事:着物を宅配で買取してもらうメリットとデメリット
関連記事:初めてでもスムーズに着物買取をしてもらう