着物を着る際、「右前なのか?」それとも「左前なのか?」と悩む方は多いです。 本記事では、着物の前合わせについて徹底的に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。  

着物の前合わせは左前か右前か?

着物を着る際の前合わせは「左が内側?それとも右が内側?」と左右の身頃(生地)、どちらが内側でどちらが外側か悩むことがあると思います。 結論からいうと着物を着るときには「右前」が正しいです。 そもそも前合わせとは着物を着用する際の「襟の形」のことです。 着用した自分から見て、右の身頃(右手側の生地)が内側にある状態、つまり自分に触れている状態ですね、この状態を右前と言います。 そして着物の正しい着方は前合わせがこの「右前」になっている状態が正しい着方になります。

この着方が正しいとされるようになった歴史を解説します。

「右前」になったのは奈良時代からで、この時に出された衣服令(えぶくりょう)で「庶民は右前に着ること」記されていたようです。右前になったのには中国の思想が影響しています。

中国では右より左の方が「位が高い」とされていました。位の高い人のみ左前とし、それ以外の庶民は右前で着ていたようです。

実は着物はその構造上、右前よりも左前で着る方が動きにくいのです。大半の人々の利き手は右手ですから左前で着てしまうと右手の身頃(生地)が引っ張られてしまいうまく動かしづらいのです。

農作業などの仕事や家事を日常的にしなければならない庶民にとっては、動きづらいのは問題ですから、右前で着る方が都合がよかった、という理由もあるかもしれません。逆に位の高い人達は労働も家事も行わないので、左前でも問題がなかったのでしょう。

洋服はボタンの位置など男女で着方や。服そのものの構造が違いますが、着物は構造、着方共に男女で違いはなく、みんな等しく「右前」で着るのが正しい着方です。

着物が右前であることを覚える方法

着物のただしい前合わせは「右前」であることを解説しましたが、いざ実際に着る時に「どっちだったっけ・・?」と迷ってしまってはいけないので、この章では着物の正しい着方は「右前」であることを簡単に覚えられる、思い出せる方法をご紹介しています。

衿元の形が対面で「y」に見える

「右前」にして着ると対面からは衿元の形が「y」のように見えます。「衿元が対面から見て『y』」と覚えておくと「右前か左前か」を意識せずに迷わず着ることができますね。

「衿元が対面から見て『y』」ですので、自分からだと反転した「y」を想像しなければなりません。

これだと分かりづらいかもしれませんので、鏡を見ながら衿元が「y」の字になるように合わせるととてもカンタンですよ。自分一人で着るときには鏡を見ながら合わせるのが着物を着るときのコツです。

右手で懐に手が入る着物が多い

実は、右手で懐に手が入る着物が多いのはご存知でしょうか。

着物は「右前」に着ているので右手が入りやすいのにもうなずけます。「左利き」と「右利き」では圧倒的に「右利き」が多いのは一般的な話です。

何かしようとする時、利き手が先に動くのは当たり前のことですね。右手を使う時に便利なように、右手で懐に手が入る着物が多いようです。

「右手が使いやすいように着る」と覚えておくと、「左前」にはならないはずですね。

 

裾に多くの柄が描かれている方が外側

華やかな柄が描かれている着物では、裾に多くの柄が書かれている方が外側です。着物は「右前」で着るものなので左側に柄がこしらえてある事になります。

裾に多くの柄が描かれている方を外側にして着ることで相手に美しく見せることができます。

「柄がついていない方を外側にしよう!」とはなりませんので、柄を見ておくと意識的に「右前」にして着ることができます。

着物以外の前合わせについて

この章では着物以外の前合わせについてお話しします。衣類によって着方が異なるのでこの章を参考にして注意しておきましょう!

まず、着物に似た衣類として浴衣があります。浴衣は男女関係なく、「右前」にして着ます。「左前」にして着ることはないので気を付けておいてくださいね。

洋服では「右前」「左前」の両方の着方があります。基本的には「左前」が女性で「右前」が男性です。

前をボタンで止める洋服などはボタンがついている位置が左側と右側とで違う、ということで判断できますね。

洋服は男性が「右前」で女性が「左前」となった理由については面白い話があります。

昔のヨーロッパでは、ボタン付きのシャツを着ることができたのは上流階級の女性のみだったようです。いわゆるセレブですね。そのような人たちは当然、自分で服を着ることなどしません。めしつかいが服を着せていたようです。

めしつかいが対面で女性に服を着せる時、めしつかいがボタンをかけやすいように、ということで左前が主流になったのです。

昔からの習わしが現代に残っている例ですね!

死装束についても解説しておきます。死装束とは故人に着せるための浴衣のような装い(正しくは経帷子(きょうかたびら)といいます)のことを指します。

死装束は「左前」で着せるのですがこれにはいくつか理由があります。

上で「左前」は位の高い人しかしない、ということをお話ししましたが、これに由来している説があります。亡くなって見送る時ぐらいは「位が高くあって欲しい」と願ったことから「左前」にして着せることが広まったとする説です。

もう一つ、生とは逆であるということを区別するためです。「逆さごと」といい、亡者の装いは生者とは逆にすることがあります。生者は「右前」にして着るため、これの逆で亡者は「左前」としています。

死装束の「左前」は様々な説がありますが、昔からの慣習で「左前」となっているのは間違いないようです。
 

着物の前合わせでよく使う言葉とその意味

着物_前合わせ_ポイント この章では着物の前合わせで頻繁に使われる言葉をご紹介しています。それぞれの言葉の意味も合わせて分かりやすく解説しています!

上前

「上前」と書いて「うわまえ」と読みます。

これは着物の前を合わせた時に上になる部分を指しています。「右前」で着ることが普通ですので、「上前」は左側の見頃と左衽(ひだりおくみ)のことをいいます。

「衽(おくみ)」とは見頃に縫い付ける細長い布のことです。

下前

「下前」と書いて「したまえ」と読みます。

「上前」とは逆で、着物の前を合わせた時に下になる部分を指しています。右側の見頃と右衽(みぎおくみ)のことをいいます。

「上前」と「下前」ですが、単純に上になっているか下になっているかで判断すればカンタンに見分けがつくでしょう。

特に、着物では「右前」と決まっているので「上前」は左側、「下前」は右側になりますね。

「前」について再度確認しておきます。「前」というのは自分に対して「手前」という意味です。つまり、「前」であるほど内側に来ることを覚えておきましょう。

右前

「右前」と書いて「みぎまえ」と読みます。「右前」とは自分に対して「右が手前」という意味です。着物は「右前」で着ます。着物を「右前」で着た時、鏡で映して見ると衿元が「y」の字のようになります。  

左前

「左前」と書いて「ひだりまえ」と読みます。「左前」は自分に対して「左が手前」という意味です。

着物では「左前」で着ることはありませんので注意しておきましょう。「左前」で着ると鏡で映して見たときに衿元は「y」が左右反転したように見えます。

まとめ

この記事では、着物を着る際に「左前」か「右前」かという疑問に対して「右前」であることを理由付きで解説してきました。

「右前」で着ることを覚えるために「衿元が対面から見て『y』になる」ことをご紹介しました。鏡を使って着るようにするとカンタンです。

さらに着物以外の衣装についても着方をお話ししてきました。まとめると、着物と浴衣は「右前」ですが、洋服に関してはそうとは限りません。男性用は「右前」、女性用は「左前」で着ることが多いようです。

着付けに対する正しい知識を身につけましょう!