引っ越しや衣替えなど、衣類を片付ける際に困るアイテムの一つが「着物」です。着物は洋服のように捨てるには高価で、思い出が詰まっていることもあります。 しかしながら、着物の処分に時間やお金はあまりかけられないでしょう。 当記事では着物の処分方法でお困りの人に、定番の処分法とお得でおすすめな方法をご紹介します。行動を起こしてから後悔しないよう、自分に最適な処分方法を見つけてください。

着物を処分する3つの方法

着物の一般的な処分方法は以下の3つです。
  1. ゴミとして捨てる
  2. リメイク・リユースする人に譲る
  3. 買取専門業者に売る
自分に合った着物の片付け方を見つけるには、それぞれの方法のメリットとデメリットを知ることがポイントです。

①:ゴミとして捨てる

最大のメリットは、短時間で済むことです。着物は多くの自治体で可燃ゴミとして出せるので、余計な出費もありません。

ゴミとして捨てることのデメリットは、着物がお金にならないことです。

着物は作家や産地、状態によっては、中古でも非常に価値があります。また自治体によっては、着物を可燃ゴミとして扱ってくれないところがあり、すぐに捨てられなかったりお金がかかったりします。

なによりまだ使える着物を捨てることや、思い入れのある品を捨てることに、抵抗がある人もいるでしょう。

②:リメイク・リユースする人に譲る

まだ使える着物であれば、使ってくれる人に譲れます。

人に譲るメリットは、着物の良さが分かる人に活用してもらえることです。ゴミとして捨てることに抵抗があるなら、もらってくれる人を探してみましょう。譲った相手に喜んでもらえれば、譲った側も嬉しくなります。

人に譲るデメリットは、手間と時間がかかることです。

引き取り手はネットオークションやフリマアプリ、SNSで探しますが、見つけた後も梱包や発送などをするため、慣れていないと手間取ります。また無償で譲る場合、郵送費などがかかって送り手が損をします。

③:買取専門業者に売る

最もお得でおすすめなのが、買取専門業者に売ることです。

買取専門業者を利用するデメリットは、悪徳業者に適正価格よりも安く着物を買い叩かれたり、トラブルに巻き込まれたりすることです。また業者によっては郵送や回収など、別途費用がかさみます。

しかし着物がお金に変わるという、他の方法にはないお得なメリットがあります。

買取専門業者に売る場合、査定は専門家が行いますので、着物に適正な金額がつきます。また多少の傷・汚れが気になる着物でも、買ってもらえる場合があります。さらに業者によっては無料の郵送や回収に対応してくれるので、手間がかからないのもポイントです。

着物の処分でおすすめな「買取」

着物_買取 せっかく価値のある着物を片付けるなら、買取が一番おすすめです。

着物は売れば高値が付くため、ゴミとして捨てたり無料で人に譲ったりするのは損です。また買い取られた着物は、着物好きな人が再び生かしてくれます。思い出のある品でも、思い切って手放すことができるでしょう。

買取にはリサイクルショップや不用品回収業者、ネットオークションやフリマアプリ、質屋などがあります。

中でも最もおすすめなのが、「着物の買取専門業者」です。

リサイクルショップで買い取ってもらう

忙しい人にとって、簡単に利用できるリサイクルショップはメリットが大きいです。

その場で取引が完了するほか、値が付かない着物は引き取ったのち、そのまま処分してもらえます。また他にも売りたいものがあれば、まとめて引き取ってもらえます。

難点は査定額が適切ではないことです。着物は価値を判断するのが難しく、プロでなければ適正な金額が付けられません。

リサイクルショップには着物を正しく扱える専門家がほとんどいないので、高値が付くことはあまりないでしょう。

また、衣類を単純に重さで査定するショップもあり、こちらも適切な価格にはなりません。さらに着物に代表されるような特殊な衣類を、買い取らないリサイクルショップもあります。

不用品回収業者に買い取ってもらう

不用品の回収を専門とする業者も、忙しい人にとって魅力的です。

着物を回収する日時や場所を決められるほか、一度で対応してもらえるので手間がかかりません。中には着物を査定し、査定額分を清掃・回収費用から値引きする、親切な業者もいます。またリサイクルショップと同様に、他の不用品もまとめて対処してくれます。

デメリットは清掃・回収費にお金がかかることです。また悪質な業者が相場よりも高額な請求をしてくるなど、トラブルもあります。

ネットオークションやフリマアプリで売る

ネットオークションやフリマアプリは、比較的買い手が見つかりやすいことがメリットです。

買い手の中には、着物を手芸の材料として使う人もおり、多少質の悪い着物でも売れる場合があります。また自分で値を付けられるのは、ネットオークションやフリマアプリならではのメリットです。

難点は手間がかかることです。取引はもちろん、梱包や発送などをすべて自分で行うため、時間も郵送費もかかります。

着物に詳しくない買い手が、価値のある着物を安く買おうとすることもあります。さらに、せっかく商品を掲載しても、買い手がなかなか見つからないときもあります。

そして個人でやり取りするゆえの、詐欺被害やトラブルが多いのも事実です。トラブルの例としては、着物の状態が分かる写真を掲載していなかったため、シミや傷についてのクレームが来たというものがあります。

また売り手が着物に詳しくない場合、買い手の専門的な質問に答えられないことがあります。着物は部位やサイズの表現が洋服と異なるため、ある程度知識がないと正しい情報を伝えられません。

質屋に買い取ってもらう

質屋のメリットは、リサイクルショップや不用品を回収する業者と同様に、不要なものを一括で処分できることです。

お店に持っていけばその場で鑑定してもらえるので、時間もかかりません。

しかしお店の人が着物に詳しいとは限らないため、適正な価格がつかない覚悟はしておきましょう。

買取専門業者に査定してもらう

着物の買取処分で最もおすすめなのは、買取専門業者です。

買取専門業者と聞くと、知識があることを利用して着物を不当な金額で買い取るのでは、と思う人もいるかもしれません。しかし適切な業者を選べば、他の買取方法では付かないような高値で、着物を買ってもらえます。

未使用で状態が良い着物の買取相場は、新品の値段の10%です。しかし有名な作家や産地の着物は、高い値をつけてもらえることがあります。

着物の価値は知識がなければ判断できませんが、着物の買取を専門にしている業者の査定であれば安心です。また帯や帯締め、帯留め、草履など、着物に付随する小物も高値で買ってくれる場合があります。

さらに着物に多少の傷や汚れがあっても、しっかりとした値段で買ってもらえる可能性があります。買取専門業者は着物のメンテンナンスのノウハウも持っているので、そのような品物でも扱えるのです。

買取の手段がさまざまで便利なのも魅力的です。代表的な手段は以下の3つです。
  1. 自宅まで来てもらう出張買取
  2. 着物を宅急便で送る宅配買取
  3. 店舗に持ち込みをする持込買取
着物の質によっては、思いがけないほど高いお値段になります。着物を処分する際は、まず買取専門業者に査定をお願いしてみましょう。

金額に納得がいかないときは、キャンセルもできます。

業者の中には査定やキャンセルを無料で行うところがあるので、なるべくお金をかけたくない人はそのような業者を利用するのがポイントです。

着物は高値で売り、新しい人のもとへ

着物をタンスの肥やしにしていたり、単にゴミに出したりするのであれば、買取専門業者へ査定をお願いしてみましょう。着物を手間暇かけずに片付けられ、適切な価格で買ってもらえるので非常にお得です。

また引き取られた着物は、着物が好きな人に買ってもらえます。他の人に喜んでもらえるなら、思い入れのある着物でも手放しやすくなるでしょう。着物を生かすためにも、ぜひ買取専門業者を活用してください。