着なくなった着物、使わなくなった和装小物類は着物買取の専門店へ持ち込んで査定をして買い取ってもらうといいです。 着物買取の専門店には着物の専門的な知識を持ったプロの査定員がいるので、安心して査定をしてもらうことができます。 着物にはいろいろな種類のものがありますが、その違いをしっかりと理解することができる査定員がいるお店を探すことが大切です。最近はリサイクルショップなどでも買取をしてもらうことができる場合もありますが、専門知識があるスタッフがいるわけではないので、ネットなどの相場を参考にして価格を決めて買い取られてしまう可能性があります。なので、できるだけ専門知識がある査定員がいる買取専門店を利用することをおすすめします。 着物の種類以外にも、生地の種類やその品物の価値についてもしっかりと理解しているプロに任せるほうがいいです。

実績のある査定員がいるお店を探す

着物にはいろいろな種類があると先にも書きましたが、種類についてしっかりと理解しておかないと、買取価格を決めるときに困ってしまいます。なので、買取専門店で買取実績がある査定員を利用するようにしておくことが大切です。 査定員の買取実績などは、そのお店のホームページやブログなどをのぞくと書いてあることが多いので、そこで確認をしてからそのお店を利用するのかを確認するといいです。買取実績がある査定員がいるお店は、何度も繰り返し利用しているお客がいるということです。 つまり信用があるお店ということなので、安心して持ち込んで査定をしてもらうことができます。 リサイクルショップなどに持ち込む人も最近はいますが、先にも書いたようにしっかりとした専門知識があるスタッフがいないことが多く、ネットの情報を参考に買取価格を決めてしまう可能性もあるので、それではせっかく持ち込んだ品物の価値に合わない値段で買い取られてしまう場合があります。 そのようなことにならないためにも、売りたい和装のものがあるときは、買取専門店を利用するようにするといいです。 また、最近は着物好きな人も増えてきており、たくさんの帯や和装小物、着物などを持ち込む人もいます。なので、ひとつひとつを丁寧に査定をしてくれるお店をランキングにしているサイトなどもあるので、そこで比較をして自分が納得できるお店を探すというのもいいです。

着物の種類を理解しておく

着物の種類には、主に着用されるものがいくつかあります。 まず、振袖、留袖、訪問着、それから小紋、紬、色無地などが着用されることが多いです。これらはそれぞれ特徴があるので、それらを理解している査定員がいるお店ならその品物にあった金額を提示してくれます。 たとえば、振袖とはどのようなものなのか、ということを自分でも知っておくことで、買取価格を提示されたときに、ある程度の相場を考えてその金額が納得できるものなのかを考えることができます。 振袖とは未婚女性の第一礼装で、成人式で着用する女性が多いのでよく知られています。 着物の袖はもともとは筒状でしたが、これが少しずつ長くなっていき、現在の一般的な着物の袖丈である留袖ができたということです。さらに裕福な家庭の子女や年若い女性用の着物として長い袖のものが作られるようになって現在の振袖の形になったのだといいます。 振袖には様々な技法が用いられており、歴史のある古典柄や色使い、刺しゅう、表面がでこぼこしている絞りという技法も年々進化して華やかな振袖として人気があります。振袖を成人式に着たけれど、それ以来着用する機会がなくて仕舞ったまま、という人が買取専門店へ持ち込んで査定をしてほしい、ということもあるといいます。華やかなものが多い振袖ですが、成人式以来着用していないというときには早めに持ち込んで買い取ってもらうと生地もきれいなので査定金額を期待できる場合があります。


高額査定を期待できるもの

着物の買取専門店にはいろいろな着物が持ち込まれますが、高額査定を期待することができる品物とはどのようなものなのかを知っておくと査定金額をアップさせることができる場合があります。 まず、買取専門店ではどのようなものが高額査定になることがあるのか、というと、まず、着物の生地がしっかりとしていること、きれいな状態であることが大切です。傷や汚れなどがあったときは少し査定金額が安くなってしまう、ということもあるので、持ち込む前にしっかりと確認しておくことが大切です。 高額査定を期待することができる着物は、未使用のもの、着用回数が少ないもの、有名な作家の作品や有名産地の生地を使ったもの、老舗呉服店のものやブランドのものなどです。なので、これらの和装のものは一度は買取専門店へ持ち込むようにしておくといいです。 また、着物を持ち込むときには着物の保証書や証紙というものを一緒に持っていくといい、といわれています。一緒に持ち込むことで、その品物の種類や作家、生地、年代などがわかりますし、ブランド物などの場合は、そのブランドのものであるという証明になるので、買取価格に影響があります。なので、保証書や証紙などは必ず忘れずに持ち込むようにしておくといいです。これらは購入したときに一緒に渡されているものなので、しっかりと確認しておくことが大切です。

基本的なお手入れの方法はどんな生地も同じ

着物を買い取ってもらう前には、生地の状態をしっかりと確認しておきます。 日ごろからお手入れをきちんとしている着物の生地はとてもきれいな状態を保っていることが多いので、査定金額が高くなることがあります。なので、定期的にお手入れをするようにしておくといいです。どんな生地でも、どんな種類の着物でも基本的なお手入れの方法は同じです。なので、しっかりとお手入れをすることを習慣にしておくことが大切です。 基本的なお手入れの方法として、まず、着用したときはその日のうちに専用のハンガーにかけて吊るしておく、ということが大切です。着用したいたものをすぐにハンガーにかけて吊るしておくことで、汗の湿気やホコリを取り除くことができますし、しわを伸ばすこともできます。 着物をかけて吊るしておくのは、直接日差しが当たらなくて、風通しのよいところを選ぶようにします。直接日が当たってしまうと、生地に使っている糸が傷んでしまったり、色あせなどの原因になることもあるので気をつけます。そのまま一晩吊るしておき、翌日にきれいにたたんで仕舞うようにします。 ですが、一晩も吊るしておくことができない、というときには、日陰の風通しいいところに2時間から3時間ほど吊るしておくだけでも、しわ伸ばしや湿気などを取り除くことができるといいます。なので、このお手入れをしっかりとしてから仕舞うことが大切です。

着物の種類|振袖とはまとめ

着なくなった着物や和装小物などを売りたいときには買取専門店を利用するといいです。 買取専門店にはプロの査定員がいるので、安心して査定をしてもらうことができます。プロの査定員は和装に関することをしっかりと理解しているので、着物の種類などはもちろん理解していますし、持ち込んだ品物を丁寧に査定をして、その品物にあった金額を提示してくれます。 着物は日ごろからしっかりとお手入れをしておくことで、その価値を保つことができます。なので、持ち込む前にきちんとお手入れをして、生地の状態を確認しておくことが大切です。また、生地にトラブルがあったときにはすぐにクリーニングや修理へ出して生地をきれいに保つようにしておくといいです。 また、証紙や保証書などを一緒に持ち込むことで、査定金額がアップする可能性があるので必ず一緒に持ち込んでおくようにします。