着なくなった着物や使わなくなった和装の小物類などは、着物買取専門の業者で買い取ってもらうという人がたくさんいます。和服に関する知識が豊富なプロの査定員が着物買取の専門の業者にはおり、売りたい着物を査定して買い取ってくれます。

着物にはいろいろな種類のものがありますが、それをしっかりと理解してその品物にあった金額を提示してくれるということで、利用している人がたくさんいます。リサイクルショップなどでも最近は着物を買い取ってくれるところがあるということですが、専門知識があるスタッフがいる業者はなかなかないのでネットなどの情報を元に査定をして買い取られてしまう可能性もあります。その場合、二束三文の安い価格で買い取られてしまう可能性もあるので、できるだけ着物買取専門の業者へ持ち込むことをおすすめします。

着物の種類にはいろいろなものがある

着物にはいろいろな種類のものがあります。振袖、小紋、紬、留袖、訪問着、無地など、着物にはいろいろな生地の種類があるので、プロでなければなかなか判断をするのは難しいといいます。それぞれに特徴があるので、それをしっかりと判断することができる査定員か、着物好きで種類をたくさん持っている人なら判断することができる場合もあります。

たとえば、訪問着とは、絵羽模様といい、縫い目をまたいで模様が広がるのが特徴の着物のことです。留袖の次に格がある着物だと考えられており、準礼装として用いることもできるので何枚か持っている人も多いということです。結婚式やパーティーなど、さまざまなフォーマルな場で着用することができるので、普段あまり着物を着ないという人でも結婚式などのために訪問着を持っているという場合もあります。

訪問着は特に幅広い種類の生地、柄、色などがあり、振り袖のように未婚の女性しか着ることができない、ということもないので、年齢に関係なく、幅広く利用することができるというのが特徴だといえます。

訪問着と一言でいっても色々な種類のものがあります。たとえば、加賀友禅、西陣織などはとても有名です。この部類の着物は買取専門の業者の中では銘柄が重要なものだと考えられています。種類についてもしっかりと理解することができる査定員がいる業者を探すことが大切です。

生地をきれいに保つことが大切

着物買取の専門店を利用するときには、事前に査定員の買取実績などを調べておくといいです。買取実績などは、その買取専門の業者のホームページなどを見るとわかります。ブログなどでもいいので、しっかりと買い取られたものの価格やその様子などを確認しておくことが大切です。

専門の業者に持ち込むときには、事前に着物の生地の状態をしっかりと確認しておくようにします。生地がきれいなものほど高額査定を期待することができるといいます。生地の状態を購入したときに近い状態にしておくためにも、日ごろからお手入れをしっかりとしておくことが大切です。

たとえば、生地にカビや汚れ、シミなどがあったときは、すぐに専門のクリーニングを利用してきれいな状態にしてもらいます。それから、生地に虫食いの穴、傷、ほつれなどがあったときには着物の修理をしてくれるリフォーム店へ持ち込むようにしておくといいです。このようにすぐに対処をすることで、着物をより高い金額で買い取ってもらうことができるのです。

日ごろからしっかりとお手入れをしておくことで、いざ買い取ってもらおうと考えたときに高額で買い取ってもらうことができるような状態にしておくことができます。どんな生地でも基本的なお手入れは同じです。風通しのよい日陰で虫干し、陰干しをして湿気やホコリなどを取り除くようにしておくことで生地を保つことができます。


生地が査定金額にはとても重要

着物の生地の種類によっては高額査定を期待することができるものがたくさんあります。まず、着物買取専門の業者で買取ってもらうことが可能な生地の種類は正絹だといえます。正絹というのは、絹100パーセントで作られた生地のことで、高級な着物として扱われることが多いです。

ほかにも、化学繊維やポリエステル、ウールなどの生地で作られたものなどもありますが、ほとんどが買い取ってもらうことができないことが多いです。もし買い取ってもらうことができたとしても、正絹以外の生地の場合、小額買取になることが多いです。

また、着物の生地にはいろいろな種類のものがあります。加賀友禅や京友禅などは有名ですし、西陣織などもよく知られています。このようにその土地ならではの生地などもあるので、しっかりとその種類を知っている人に査定をしてもらうようにしなければいけないです。

着物買取専門業者においては、和服に関する深い知識を持ったプロの査定員がいるので、どんな生地でもきちんとその品物をみて、その品物の価値にあった金額を提示してくれます。買取価格をアップしたいときは、その品物がどんなものなのか、誰の作品なのか、ということなども大切になってきます。なので、そのことを知ることができる証紙やたとう紙などをきちんと確認しておくようにします。そうすることで、査定金額をアップすることができます。

着物の生地や保管状態で買取価格がアップ

着物を買い取ってもらうのなら、高額で買い取ってもらいたい、というのは当然のことです。およその目安として、小紋などの着物なら数百円~数千円、高級な着物なら~数万円、であるといわれています。素材及び保存状態、さらには人気の品であるかなどによって違ってくるということです。

また、リサイクルショップのように着物の正確な値段をしっかりと判断することができないために買い取れないと言われたものが、着物買取の専門店ではきちんと値段がつき売ることができたという場合もあります。そのため必ず専門の買取業者で無料査定をしてもらうようにすることが大切です。

さらに、作家の作品となると、その作家の知名度や人気によって買い取る価格が大幅に変わることがあります。基本的には汚れの程度がよほど酷い物でなければ買取することが可能です。たとえば、極端に小さいもの、修復することが不可能なほどの汚れ、生地が破けているなど、着用するときの問題がない程度の物であれば、買取金額は下がってしまいますが、買取することは可能になります。

状態が良く、丈がある、保管状態が良い、たとう紙に綺麗に入れられておりシワがない、ということが着物を高い金額で買い取ってもらうためには大切です。だからこそ、日ごろのお手入れをしておくことが重要になるといえます。

着物の種類|訪問着とはまとめ

着なくなった着物や和装小物類は、買取専門の業者にはプロの査定員がいるので、安心して査定をして買い取ってもらうことができます。

着物をできる限り高額で買取してもらうためには、日ごろからしっかりとしたお手入れをしておくことが大切です。陰干しをしたり、生地の状態をチェックしてこまめに修理やクリーニングを行うことで、生地をきれいな状態に保つことができます。それらをきちんとしておくことで、その品物の価値をあげることができますし、買取価格をアップさせることも可能です。 リサイクルショップなどでも買い取ってもらうことはできますが、その品物にあった金額を提示してもらうことができるのは買取専門の業者だけだといえます。

そのため、しっかりとした金額で買い取ってもらうためにはできるだけ着物買取専門の業者を利用して買い取ってもらうことがベストでしょう。