着なくなった着物や使わない和装小物などを売りたいときには、着物買取の専門店を利用するという人も多いです。 着物買取の専門店には和装に関する知識が豊富なプロの鑑定士がおり、しっかりと査定をして買い取ってくれるので安心です。 着物にはいろいろな種類のものがありますが、それをしっかりと理解しており、その生地などの状態を見て買い取り価格を考えることができる鑑定士がいるお店を利用するといいです。最近はリサイクルショップなどでも着物の買取をしているところが増えてきているといいますが、鑑定士がいるお店はなかなかないので、ネットの価格や相場を参考にして買い取っているところもあります。なので、その品物にあった価格ではなく、二束三文の安い価格で買い取られてしまう可能性もあるということです。また、種類を知らないので相場よりも安くなってしまうこともあるということで、できるだけ買取専門店に持ち込むことをおすすめします。

色無地など着物の種類を知っておく

着物にはいろいろな種類のものがあります。 その種類を見分けることができる人がいなければ、しっかりと査定をしてもらうことができないので、プロの鑑定士がいるお店を選ぶといいということです。着物の種類によって買取価格も違ってきますし、さらにその品物の状態で査定金額も変わってきます。なので、着物の種類をしっかりと理解している鑑定士がいる買取専門店へ持ち込むことをおすすめしています。 着物の種類には振袖、留袖、訪問着、紬、小紋、色無地などがあります。 色無地とは、柄がない一色の、黒以外の着物のことをいいます。年齢や未婚、既婚に関係なく着ることができるので、一枚は持っていると幅広く利用することができるというのが魅力です。正絹から化繊までさまざまな素材で作られているものがあり、地紋とよばれる布地そのものに柄を入れていることも多いといいます。 色無地に合わせるといい帯には名古屋帯や袋帯まであり、いろいろな帯を締めることができるといわれています。紋を入れると格が上がって袋帯でフォーマルな場や入学式、お茶会などでも着ることができますし、紋を入れないものならお出かけやショッピングなどに名古屋帯でカジュアルな雰囲気にして着ることができるということで人気があります。 礼装というのは訪問着や留袖などの種類よりも、まず、紋の数で格が変わるものなので、それをきちんと見分けられるお店へ持ち込むようにするといいです。

着物のお手入れをしておく

着物を買い取ってもらうときにはどうせなら高額査定を期待したいという人は多いです。 着物買取の専門店では、生地の状態がよいものなどのほうが高額査定を期待することができます。なので、日ごろのお手入れをしっかりとしておくようにするといいです。 基本的なお手入れの方法はどんな生地でも同じです。まず、着物専用のハンガーにかけて、直接日が当たらないところ、そして風通しのよいところに一晩吊るしておきます。そうすることで、着用したときについた汗やホコリなどを取り除くことができますし、しわを伸ばすことができます。また、一晩も吊るしておけないというときには、同じく専用ハンガーにかけて日陰の風通しのよいところに2時間から3時間ほど吊るしておくだけでもいいです。 きちんとこのような基本的なお手入れを定期的にしておくことで、着物の生地をきれいに保つことができるようになります。 もし生地をチェックしたときに生地に虫食いや傷、ほつれ、破れなどがあったときにはすぐに生地の修理をしてくれるリフォーム店へ持ち込みます。はやめに持ち込むことで、生地をさらに傷めることがなくなります。また、汚れ、シミ、カビなどがあったときには専用のクリーニングをしてくれるお店を探して持ち込むことで、生地をきれいに洗ってくれます。なので、保管しているときでもきれいに着物を保っておくことができます。


高額査定を期待するときのコツ

着物を少しでも高額で買い取ってもらうためにはいくつかコツがあります。 それを知っておくことで、持ち込んだ着物の査定金額をアップしてもらうことができるようになります。まず、着物の保管状態をよくしておく、ということは先にも書きましたが、持ち込む前にはしっかりと何度でも生地の状態を確認して、きれいにしておくことが大切です。専用のブラシなどで吊るしたものの生地をそっとブラッシングしてホコリなどを取り除いておくことも忘れないようにします。 それから、着物には必ず保証書や証紙というものがあります。それらを確認して、買い取ってもらうときには一緒に持ち込んで査定をしてもらうようにしておくといいです。この保証書や証紙などがあるかないかで、査定金額には大きな差があるといいます。なので、必ず購入したときに付属していた保証書、証紙などがあるかを確認しておくことが大切です。証紙はたとう紙にはぎれと一緒に保管されていることがほとんどです。なので、一度確認してみるといいです。 保証書などは購入したときに必ずあるものなので、探してみるようにします。それから、着物を包んでいるたとう紙も買取をしてもらうときには影響があるといいます。購入したところを知ることができるたとう紙は、それぞれで文字が入っているので老舗の呉服店などのものだと査定金額に影響があるといわれています。

セットで持ち込むと査定によい影響がある

着物の種類には先にも書いたように、色無地や振袖、留袖、訪問着、小紋、紬など、ほかにもいろいろな種類のものがあります。それをどうしたら査定金額のよい状態にすることができるのか、というと、保証書や証紙のほかにもコツがあるといいます。 それは、着物に合った小物類を一緒に持ち込むということです。その着物を購入したときに一緒に購入した帯やほかの和装小物などがあれば、それを買取専門店へ持ち込むときに、一緒に持ち込んで、セットとして買い取ってもらうと、査定金額をアップさせることができます。 和服などを購入したときに一緒に購入したものは、できるだけ着物をきれいな状態にするときにクリーニングなどに持ち込むようにしておくといいです。そうすることで、持ち込んだときに査定をあげることができるので、証紙や保証書などと一緒に持ち込む、という風に決めておくようにすると、着物を買い取ってもらうときに高額になることを考えられます。 帯や和装小物なども、着物と同じようにしっかりとお手入れをしておくことで、査定金額をアップさせることができます。きちんと定期的にお手入れをして、保管状態もその品物にあった方法で仕舞っておくことで、いざ買い取ってもらう、となってときに生地などにトラブルがないようにしておくことが大切です。 振袖も留袖も、訪問着や小紋、紬、色無地など、どんなものでも同じく、セットにしておくといいです。

着物の種類|色無地とはまとめ

着なくなった着物や和装小物などを売りたいときには買取専門店へ持ち込むといいといいます。 買取専門店には専門知識があるプロの鑑定士がいるので、安心して持ち込んだものを査定してもらうことができます。高額査定を期待するためにはいくつかコツがありますが、日ごろからしっかりとお手入れをしておくことで、品物をきれいな状態に保つことができるので高額になることがあります。 また、買取専門店には持ち込むときに証紙や保証書などを必ず一緒に持ち込むようにしておくといいです。証紙などがあるかないかだけで査定金額が違うということです。なので、確認してから持ち込むようにします。 買取専門店へ持ち込むときにはしっかりと事前に生地の状態を確認して、きれいな状態にして、トラブルがあったときはすぐに修理、クリーニングへ出してから査定をしてもらうことが大切です。