高級着物とは?高級着物を買取に出す際に準備しておくべきこと

高級着物ときくと、高額で大変質の高い着物というイメージがあります。では、実際に「高級着物」とはどういう着物を指すのでしょうか。また、どんな種類があるのでしょうか。

ここでは、そんな高級着物とはどんな着物なのか、また、もし買取に出す場合には、どういうポイントに気を付ければよいのかについて説明いたします。

高級着物は作家が手掛けた価値の高い着物です

高級着物は作家が手掛けた価値の高い着物です。

高級着物と呼ばれる着物には様々な種類がありますが、概して表すと、人間国宝に指定されている作家などの一流の着物作家によって作られた着物を指します。ではなぜ、それら作家が手掛けた着物が高級着物とよばれるのでしょうか。

既製品の着物とは違い、作家による着物は、生地の選定、染めや織りの工程などひとつひとつに、作家自身が手間と時間をかけて関わったり、または、作家と協力して、その工程専門の熟練した職人が関わることもあります。

そうして高級な訪問着や友禅、留袖などの着物一枚に、数か月もしくはそれ以上の時間を費やして、着物を仕立てるのです。

こういった手順で作られた作家着物は、ほとんどが一点ものとなり、その希少性もさることながら、作家や様々な職人による技術の結晶として作られたことにより、大変高い価値が付き、それゆえに「高級」とよばれる所以となるのです。作品によっては、着物というよりも芸術作品に近い出来栄えとなることもあります。

これら高級着物は、タンス等に大切に保管され、着用する際は、厳かな儀式や式典などで礼装として着たり、礼装とまではいかなくても略礼装・準礼装として着られることも多くあるのです。

高級着物の種類

高級着物の種類

高級着物と呼ばれる着物には、様々な種類があります。

よく耳にするのは、振袖や留袖などではないでしょうか。高い技術による手描き染め友禅の振袖、また黒留袖や色留袖などは、大変高級な着物として扱われます。

また高級着物は“染め”だけではありません。“織り”着物として有名な「紬」にも、大島紬や結城紬などの高級着物が存在します。

大島紬や結城紬などそれぞれが古い歴史をもち、上質な繭を手で紡ぐところからはじまり、糸の染め、織りまで数十工程があるといわれており、高級紬を一反完成させるのに何ヶ月もかかるといわれています。なかには半年以上の制作期間を要するものもあり、大変な手間や時間が費やされている紬もあるのです。

また、作家や老舗機屋(はたや)による「帯」も高級着物のひとつとして扱われています。

これは着物と同様に、絹の素材を厳選して、織りや施されている刺繍などに多くの手間と時間をかけて作られていることに由来します。

そういった帯は、着物と同じく一点ものが多く、希少価値が高まるのです。

高級着物は着物の域を超えた芸術作品

高級着物は着物の域を超えた芸術作品

作家や複数の職人の技術を結集して、多くの時間をかけて作られた高級着物は、他の着物とは格の違う「芸術作品」とさえ感じられることもあります。

大量生産品など既製品とは全く異なる趣の高級着物は、作家が得意とする独自の表現方法を反映することにより、例えば振袖や留袖などの染着物の和服であれば、大衣桁(おおいこう)等にかけた際に、正絹から作られた絹生地に描いた一つの絵画としても見てとれるほど、芸術性の高い、見事な図柄・デザインをうかがうことができます。

作家や職人の手による高級着物は、まさに着物の中でも「芸術作品」と呼ぶに相応しい逸品なのです。

高級着物を買取に出すために必要な準備

高級着物を買取に出すために必要な準備

もし高級着物をお持ちで、着る当てのない着物なのでしたら、着物買取で査定に出してみることをおすすめします。
但し、査定を依頼するには多少の準備が必要になります。

着物は良い状態で査定に臨みましょう

まずは、着物は良い状態で査定に臨むようにしましょう。いくら元々高級な着物とは言え、定期的な管理を怠ってしまっては、汚れなどが付く原因ともなり、査定額は低くなってしまいかねません。査定までタンスに仕舞ったままにせずに、虫干しなどで着物を湿気などから守り、査定当日は良い状態でみてもらえるように準備しましょう。

査定は着物買取の専門業者に依頼しましょう

もうひとつ大事なのは、査定を依頼する業者の選定です。高級着物だからと言って、どの業者でも高く買い取ってくれるとは限らないのです。高級着物の買取は、着物買取の専門業者に依頼するようにしましょう。

これは、例えばおおよそ着物の知識のない、リサイクルショップなどでは、その着物の価値が判断しづらいため、適した査定額にならない可能性があるためです。

その高級着物に相応しい査定をしてもらうために、査定は、着物買取の専門業者に依頼することをお勧めします。

高級着物買取で高額査定となるポイント

高級着物買取で高額査定となるポイント

では、着物買取の専門業者が高級着物を査定する際のポイントはどこなのでしょうか。

査定員が着物の査定を行う場合、もちろん、その着物の状態は重要な査定ポイントとなります。しかし、高級着物の査定の場合はそれだけではありません。高級着物には、作家や職人の秀でた技術が盛り込まれていますので、その技術の高さや精密さなどこそが高級着物の査定対象となるのです。

着物の状態が良いことに加え、その着物に施された技術が高ければ高いほど高額査定となりやすく、買取の金額も高くなります。

まとめ:高級着物を買取に出す際に準備しておくべきこと

高級着物買取で高額査定となるポイント

高級着物は、作家や職人が技術を結集して作り上げた、芸術作品とも呼べるほどの着物です。

高級着物の買取は、高級な品物ゆえに気遣いも必要です。高級だからといってどんな状態でも高く買い取ってもらえるわけではありませんので、一般的な着物と同様に、定期的な虫干しなどの管理は必要ですし、また査定の依頼先についても、着物買取専門の業者に依頼を行った方が、着物自体の価値を見出してもらうことができるのです。

折角の高級着物ですから、買取を依頼する際は、少しでも高く買い取ってもらえるよう準備をして臨みましょう。