喪服の買取は可能?買取相場も含めてご紹介!
持っていてもなかなか着用することがない喪服ですが、いざ必要となって着ようとしたときに、サイズが合わなくなっていたり、デザインが古くなって着れないなどの経験をした方も多いのではないでしょうか。 ここでは、そんな着ることができなくなった喪服は売ることができるのかについて、買取相場なども含めて説明いたします。

知っていて損はない!喪服の基礎知識

知っていて損はない!喪服の基礎知識 一口に喪服といっても、和装や洋装など種類は様々です。その中でも喪服は「正喪服」「準喪服」「略喪服」に大きく分かれます。それぞれについて以下で説明いたします。

正喪服

正喪服は、故人の配偶者や近親者などの葬儀を取り仕切る立場の方が着用する喪服です。 また喪服には、和装・洋装がありますが、男性の和装の場合には「紋付羽織袴」が正しい礼装となります。女性の場合は「染め抜き黒無地」が基本となり、帯も黒無地の物を使用します。 洋装の場合には、男性の場合には白シャツに「黒のモーニングコート」を着用します。女性の場合には、光沢感のない生地素材の「黒無地のスーツやワンピースなど」が基本となります。

準喪服

準喪服は、お通夜や告別式、葬儀などに着る喪服のことを指します。様々な場面で着用することができる喪服で、一般的な喪服は準喪服のことを表します。

略喪服

略喪服は、弔問(仮通夜)や三回忌以降の法要で着用する喪服のことを指し、略礼装とも言います。正喪服や準喪服よりも格が下がりますが、カジュアルにならない程度に気を付ける必要があります。黒色の服でも肌の露出が多いような服は避けましょう。

着物買取をしているところで喪服は買取してくれるの?

着物買取をしているところで喪服は買取してくれるの? 喪服は着物買取で買い取ってもらえるのでしょうか。 他人が着用した中古の喪服を購入して使用するのには抵抗があるものです。そういった理由から、国内では喪服の中古は需要が低いのが実情で、着物買取でも紋付羽織袴などを買取ってくれる業者は多くありません。 一部、海外へ販路を持った買取業者で、積極的に買い取る業者があるぐらいです。

着物買取における喪服の買取相場

着物買取における喪服の買取相場 着物買取での喪服の買取相場についてですが、先述した通り、喪服は中古の需要がほとんどないため、買取金額についても、一般的な着物と比べると低くなる傾向にあります。 また喪服は、頻繁に着用する着物ではないため、長い間仕舞ったままの状態の物が多く、カビやシミなどの汚れが付きやすいのも買取金額が低くなってしまう事の一因です。 基本的な喪服の買取金額は、業者によってもまちまちですので、買取に出す際に、複数の業者に相談をして決めるのがよいでしょう。

関連記事:着物着用後の上手なお手入れ方法【長持ちさせたい方必見】
関連記事:着物の保管方法と収納時のコツを徹底的に解説!

家紋入りの喪服は売ることができるのか

家紋入りの喪服は売ることができるのか 喪服の着物には、家紋が入っている場合があります。それではそういった家紋入りの喪服は着物買取で売却することは可能なのでしょうか。 結論からすると、家紋が入っている喪服は、家紋の入っていない喪服よりも売ることが難しいのが現状です。そもそも、家紋が入っていなくても喪服自体の中古需要は低いため、家紋がついた喪服となると買取はさらにきびしくなってしまいます。 家紋が入っている喪服の中には、上質な生地を使って仕立てたものもあるため、そういった理由で高く買い取られる場合もありますが、基本的な相場としては高い買取金額はつかない傾向にあります。 また家紋は「紋消し」と言って一度消したうえで新しい家紋を付けるという「家紋の入れ替え」をすることもできますので、現在家紋が入っていても、全く売ることができないのかというと、そうではありませんが、家紋の入れ替えにはそれなりの費用が掛かりますし、高価な生地の喪服でもない限りは検討しない方がよいでしょう。 買取業者で売却が難しい場合には、ネットオークションに出品してみるという方法もあります。ネットオークションのスマホアプリも多数ありますので、それらを駆使して、低めの金額からスタートとすれば、売却できる場合もあるかもしれません。

喪服や着物の買取で損しないためのコツ!

喪服や着物の買取で損しないためのコツ! 喪服は一般的に着る機会が少なく、箪笥に長い間仕舞ったままというケースが多いため、カビや汚れが付きやすい着物です。喪服などの着物を買取に出す際には少しでも良い査定を受けられるよう、次のポイントについて注意しましょう。

喪服に詳しい査定員が在籍する業者か

喪服は着物の中でも、特殊な部類に入ります。着物の買取を行う業者も、一般の着物に関しては専門的な知識を持って買取に臨みますが、喪服に関しては喪服の知識が別に必要となります。 買取業者に依頼する場合には、喪服について詳しい業者かどうかを事前に確認することをお勧めします。

喪服が買取可能な業者か

喪服はそもそも需要が低く、買取も積極的に行われていないのが現状です。一般的な着物は買い取っていても、喪服着物については買取対応していないなど、業者によって喪服買取の取り扱いがある場合とない場合がありますので、出張買取などで査定員を呼ぶ前に、事前の確認が必要です。

着物買取における「喪服」のまとめ

着物買取における「喪服」のまとめ 他人が着た喪服を中古で購入して着用するということはなかなかありません。それだけ喪服着物などの需要は低く、買取も積極的に行われていないのが実情です。 買取り相場としても低めの買取金額になることが多く、場合によっては、買取りさえしてもらえないこともあります。 中には、高価な生地で仕立てられた喪服着物もありますので、そういった場合には、買取相談の際に伝えておく方がよいでしょう。 また、喪服は頻繁に着用するものではないため、箪笥等にしまったままになっていることが多く、カビや汚れが付きやすい着物ですので、買取に出す前には一度箪笥から出して確認をするようにしましょう。

着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説