沖縄着物を買取に出す前に知っておきたいこと

沖縄着物は、日本古来の着物とは多少異なり、オレンジや赤などの鮮やかな配色が印象的なものもあります。

なぜ、沖縄着物にはこうしたエキゾチックな配色や模様が使用されているのでしょうか。ここでは沖縄着物の色・模様の理由や、沖縄着物の中でも有名な着物、またその買取のポイントについて説明いたします。

沖縄着物はアジアから伝わって進化した独自の着物

沖縄着物はアジアから伝わって進化した独自の着物

沖縄は、明治政府による王府廃止が指示される以前の江戸時代までは琉球王国と呼ばれており、当時の琉球は、中国をはじめ東南アジア等と盛んに交易がおこなわれていました。その中で、14~15世紀に中国の印花布(いんかふ)やジャワ更紗などに用いられる染色技術が琉球に伝わり、それを取り入れたものが、現在の沖縄着物の起源になっているといえます。

沖縄着物のなかでも有名な琉球紅型、琉球絣、読谷山花織

沖縄着物のなかでも有名な琉球紅型、琉球絣、読谷山花織

沖縄着物には種類が幾つかありますが、中でも有名な着物は「琉球紅型」「琉球絣」「読谷山花織」などです。ここではそれぞれの着物の特徴について説明いたします。

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)

紅型とは沖縄の染色技術のことで、「紅(びん)」は特に紅色(あか)のことを表しているわけではく、使用される色全般のことを指しており、「型」は模様のことを表しているといわれています。表記は漢字で「琉球紅型」とされることもありますが、沖縄ではひらがなを用い「琉球びんがた」と表記されることの方が多いようです。

元々は、中国や東南アジアから伝わった染色技法が、婦人が礼装で着用する着物や、神事で着られる着物を染めるのに用いられてきたものが、沖縄の風土の中で独自の発展を遂げたものといわれています。

また琉球びんがたには着物だけではなく帯もあります。びんがたの帯というと柄が派手目なイメージがありますが、無地の着物等によく合います。

琉球絣(りゅうきゅうかすり)

琉球かすりは、インドから東南アジア各国に伝わった絣作成の技術が、紅型と同じく交易の中で14~15世紀ごろに沖縄に伝わったものが起源といわれています。絣の作成工程は、意匠設計から様々な多くの工程を経て、織り、洗濯、検査までが行われますが、途中の染色、糊付け、製織などをはじめとした、それぞれの工程の専門職人が関わることで品質の高いものを作ることができています。

また、琉球かすりの柄は幾何学模様を主として600種類ほどあるといわれていて、中には「トゥイグワー」や「イチチマルグムー」と呼ばれる沖縄独自の模様が織り込まれます。

琉球では古くは各地で絣が作成されていましたが、現在の沖縄では「琉球かすり」の作成のほとんどは南風原町(はえばるちょう)で行われています。

読谷山花織(よみたんざんはなおり)

読谷山花織は、東南アジアから伝わった琉球かすりの作成技術をルーツとして、幾何学模様を柄として使用する、いわゆる紋織物の染織技術のひとつとして独自の発展を遂げたものです。模様には「銭花(ジンバナ)」「扇花(オージバナ)」「風車花(カジマヤーバナ)」などのいくつもの種類があり、それぞれに「裕福になるように」「子孫繁栄」「長寿の願い」などの意味があります。

また読谷山花織は、琉球に伝わった当初には、あくまでも琉球王朝用の着物として、庶民が袖を通すことは許されていませんでしたが、徐々に一般の人も着ることができるようになりました。しかし明治時代以降で、時代の流れから読谷山花織の染織技術はほとんど忘れられてしまいます。

そういったことから、一時期は「幻の花織」とまで呼ばれた「読谷山花織」ですが、1964年に花織の復活を望む有志により復活を遂げるのです。

沖縄着物を少しでも高く売るためには

沖縄着物を少しでも高く売るためには

沖縄着物は独自の染色技術が用いられていることから、着物買取の査定額も高めとなる傾向があります。また読谷山花織などは一時的に作られなくなった時期があることから、当時の花織であれば尚更、大変な希少性を持っています。古い読谷山花織なら、特に高い値段が付くことが考えられます。

また琉球びんがたや琉球かすりも、古い歴史があることと、先述した沖縄独自の染色の方法が用いられていることなどから、高い査定額になることが多くあります。

良い状態で査定に出すこと

このように、着物買取で高い値段が付きやすい沖縄着物ですが、だからと言ってどんな沖縄着物でも高額になるのかというとそうではありません。いくら高値になりやすい沖縄着物でも、シミやカビが付いていれば、その分、査定額も下がってしまいます。

定期的な虫干し等のメンテナンスは必ず行うようにして、湿気などで着物が汚れないよう気を配り、査定当日は良い状態で査定が受けられるように準備をしましょう。

証紙などの付属品も揃えること

琉球びんがたや読谷山花織などの着物は、購入した際に、品質や産地を記載した「証紙」が付属しています。捨ててしまうことも多い証紙ですが、証紙が有ることで、その着物を証明することができるため、その分再販もしやすくなることから、査定額も上がりやすくなります。添付していた証紙が残っている場合には、買取の際に揃えて査定してもらうようにしましょう。

沖縄着物買取は着物買取の専門業者に依頼しましょう

沖縄着物買取は着物買取の専門業者に依頼しましょう

沖縄着物の中には、特徴的な配色から琉球びんがたと一目でわかるものもあります。だからといって、中古着物はどこにでも高く買い取ってもらえるわけではありませんので、着物の査定を依頼する店や業者の選定は大変重要です。

例えば、近所のリサイクルショップへ持ち込んで査定をお願いしようとしても、リサイクルショップでは着物を鑑定することができないことが多いため、適当な値段を付けられてしまう可能性があるのです。また店舗自体で着物の取り扱いがない場合や、取り扱いがあっても客層と合わず、安い値段を付けざるを得ないこととなります。

そういったことからも、中古着物や中古和服の買取は、着物の価値のわかる着物買取の専門店に依頼することをお勧めします。着物買取専門店に査定を依頼することで、みるべきポイントを査定してくれ、きちんとした査定額を提示してもらえるはずです。

まとめ:沖縄着物を買取に出す前に知っておきたいこと

まとめ:沖縄着物を買取に出す前に知っておきたいこと

沖縄着物には、琉球びんがたや琉球かすり、読谷山花織など、歴史ある希少価値の高い着物が多くあります。但し、沖縄着物であれば着物買取で高い査定額が付くということではありませんので注意が必要です。

査定で高い値段を付けてもらうには、一般的な着物と同様に、カビや汚れが付かないように定期的なメンテナンスが必要です。また、証紙が手元にあれば、査定時にその証紙も揃えて、着物買取を依頼するようにしましょう。