今や和装婚礼、列席者、成人式、卒業式などに欠かせない着物着付け。特にアニバーサリーという特別な一日を台無しにはしたくないですよね?そんな特別な日をしっかりとした技術を持ったスタイリストを見極め、このような方法で値段安く済ませて、もっともっと楽しく充実した特別な一日にしましょう!

婚礼着物着付けの値段を抑える方法。

今やオールドファッションが流行りだした流行のトップランカーを走る、まさしく王道の白無垢・色打掛・引き振袖。 父母の時代で終わりかと思いきや、ふんわりシフォン型のナチュラル花嫁さんが流行りだした今日この頃。ご自身の結婚式でも現代式和装婚礼にしたいという方は多いのではないでしょうか?

しかし悩みの種はその着物の着付け値段。洋装ドレスより高いなぁと感じる方は多いはず。では何がそんなに高くなっているのかを説明していきたいと思います。実際ブライダルサロンや美容室での婚礼着付け値段は、一つのセットパッケージにしてサイトに掲載されているところがほとんどです。

婚礼着物着付けでは洋装も同じことですが、まず多いのが式場までの出張費というものが加算されています。ということは、着付けを行うスタッフの同行代金も着付け値段とは別に含まれているわけですね。同行代金と交通機関の利用代金とは全く別のものですから、同行だけで「スタッフ出張使用料」として平均15,000円~30,000円の間で値段が別途かかってくるわけです。どうかすると前泊ホテル料金なんて場所によってはかかってくることもありますね。婚礼着物着付けでスタッフ交通機関費用も合わせると15,000円~50,000円幅が高くつくというのはちょっともったいない気がします。じゃあ、どうすればその価格を割り出せるのでしょうか。

まずはブライダルサロンや美容室から単品価格表というものをもらったり、内容ごとの値段確認をお勧めします。婚礼出張セットパッケージになっている場合は、着付けはいくら、ヘアセットはいくら、と必ず単品価格が合わさってパッケージになっているわけです。不必要なものはいらないとはっきり外すこと。それと同時に出張費用が抑えられるよう、式場からより近いブライダルサロンを予約されることをお勧めします。

成人式着物着付けを値段安く済ませる方法。

艶やかで煌びやかな、美しい20歳を彩る成人式振袖は女の子の夢です。

もう今年20歳を迎えられるお譲さんはそろそろ、成人式着付をお探しになっている方も多いのではないでしょうか?しかしみなさん、成人式の着付料金って高いなって感じる方も多いのではないでしょうか。実は成人式着物着付けのお値段は婚礼に続いて第2位!とっても高いなではなく、実際に本当に高いんです。ではどのようにしたら安く着付けを行えるのでしょうか?

振袖着付けの平均着付け料金は、成人式特別料金を引けば実は単品平均7,500円ほどです。大体成人式特別料金を加算して平均10,000円ぐらいでしょうか?しかし、どこの着付サロンを探しても、平均17,000円~18,000円を推移していますよね?実は成人式着付けにはヘアセット、フルメイクが含まれていることがよくあります。お値段的にはヘアセットもフルメイクも双方平均3,500円ぐらいのもの。

しかし、合わせると7,000円となると、かなりお高く感じます。この二つを取り外してしまえば、かなり良心的なお値段になってきますね。着物に合うヘアセットは少々ご自分でとなると難しいかもしれませんが、フルメイクは自分に似合ったものをご自分で施された方が、逆に安心して当日を過ごせると思います。いつもと違う「サロンメイク」に違和感を覚える方も多いようですから。中には高すぎるセットになっているものはお写真の前撮りや着物レンタル衣装などが含まれている場合もあります。無駄は全てはぎ取って、安く可愛く、思い出深い一日にしましょう。


卒業式着物着付けを値段安く済ませる方法。

卒業式着物の代名詞といえば「袴」。保育園の先生や茶道、華道、日本舞踊など、日本古来の礼式礼服という形でご利用になる方も多いようですね。袴は小振袖と袴・帯のセット着付け。やはり、振袖より価格は安いものの、やはり1万円を切るところは少ないようです。 では袴をどのようにして値段安く使いましょうか?

こちらも残念なことに、卒業式特別料金というものが加算されます。通常袴の着付平均価格は6,000円~7,000円を推移しています。そこに卒業式特別料金が加わり、9,000円~10,000円ほどに跳ね上がります。しかし卒業式はまだ学生さんのご利用ということもあり、かなり安くで利用できる方法もあります。学校が大手サロンに大人数で袴着付けを発注し、学校で着つけてくれるサービスです。今では出張サービスも充実しており、現地でヘアセット・フルメイク(追加料金必要)まで施してくれるところが多いです。

価格も2,000円ほど格安で、簡易着替え室を作り、お友達とおしゃべりしながら隣同士で着物着つけてくれる、ちょっと嬉しいサービスもあったりします。美容室によって値段差が出ているのは、ヘアアップ・フルメイクが含まれているところが多いからです。振袖と比べて、袴はちょっと自分で髪を巻き巻き。自然なニュアンスでポニーテールといった簡単なヘアアップでも十分可愛いもの。メイクも袴と小振袖と、着物の色味に合わせてご自身でトータルコーディネートするのも中々楽しいものですよ。こちらも振袖同様、無駄を省いて安いお値段でコーディネートを楽しみましょう。

和装着物着付けを安く済ませる方法。

冠婚葬祭にご挨拶や七五三、参観日など、留袖や訪問着をご利用になるお母様方も多いのではないでしょうか?お子様の特別な日、ご親戚の特別な日を是非とも応援したい方々には特にその一日を大事に過ごしたいけれど、やはり和装を着つけるとなるとその一つ一つの料金は重くのしかかってしまいますよね?

一般和装に関しては、着付けのみメニューを必ず選びましょう。成人式や卒業式のように特別料金というのはかかってきませんが、日は選べないもの。月曜日にサロン休日が多くても、月曜日にこのアニバーサリー、なんてことはよくある話です。サロンが休日なのに対して、それでもお気に入りのサロンでと考えてしまうと、こちらも休日特別料金がかかってしまうことが多々あります。

まずはそれを回避すべく、最近では月曜日をずらして水曜日を定休日にしているサロンさんもたくさんあります。とっても便利なツールも存在し、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなど、サロンさんをひとまとめにしたポータルサイトを使って、ご自身の予約日を指定し、着付けのみ、価格などのカテゴリーで一番近いサロンを探すことをお勧めします。最近のポータルサイトはとても使い勝手がよく、価格帯で選ぶこともできますので、「このサロン、いくらするんだろう?」などの不安感なく、お探しいただけます。

大体留袖・訪問着で着つけのみであれば平均6,000円ほどが目安です。ヘアセット・フルメイク個々平均3,500円を目安にして、単品にてセットアップしてください。

着物の気付けの値段を抑えるには?まとめ

このように、婚礼にせよ、アニバーサリーにせよ、セットになっているからと言って決してそれがお得とは限りません。中には一式セットを単品だけの組み合わせ価格として出し、全くの値引きが入っていないものも多く存在します。「セット」と一概に言ってしまえば、「これはセットになっているんだから、この値段で不必要なものもいれてやるしかないか。」と思わせる、いわば心理的効果になっている部分もあるからなんです。

だからと言って取扱い側も不快な思いをさせる為にしているわけではありません。「和装となるとヘアメイクも和装アップも必要になるであろう。」という思いやり心理から、このようなセットパッケージを出している店舗様が多いのが事実です。ですから、使う側は臆することなく、しっかりとこれは必要・これは不必要と相手側に提示しましょう。「できません。」なんて言ってくるお店はまず少ないはずです。これが一番の価格安くサービスを受けられる方法です。

そしてスタイリスト(着つけ師)さんの技術はなるべくご自身の歳に近い方をお勧めします。歳が離れてしまうとご自身の流行に遅れが出たり行きすぎたりする為です。素敵な和装で充実した一日を!