最近めっきり着る機会が減って、タンスの奥に仕舞いっぱなしになっている着物はありませんか? 着物は一枚でも主役になれる華やかで上品なものですので、そのままにしておくより、思い切ってリメイクしてコートなど別のアイテムに生まれ変わらせてみるのもおすすめです。

着物をリメイクするためには

着物を何か別の物にリメイクする際、当然そのままでは使うことは出来ません。 まずは丁寧に縫い目をほどいていきます。着物自体、何度もほどいて繕い直すことを前提として作られているので、洋服に比べたら縫い幅も広く、糸切りバサミやリッパーで簡単にほどくことが出来ます。 リッパーや爪などで生地を引っ掛けないように注意しましょう。 襟、袖、身頃の順にほどき、縫い糸を取り除いておきます。着物によっては裏地がついている場合もありますので、その際は裏地も外しておきます。 各パーツごとに外し終えたら、一度洗濯をします。 着物は手洗いになりますので、大きめの桶やバケツなどに水を張り、中性洗剤を加えて丁寧に押し洗いをしていきましょう。 もみ洗いやこすり洗いは生地が傷んでしまうので厳禁です。 洗い終わったら十分にすすぎ、適当な大きさに畳んだ状態で押し出すように水気を切ります。 雑巾のように絞らないようにしましょう。 バスタオルなどに挟んで水気を切ると、乾きやすくなるのでおすすめです。 手の平でパンパンと叩いてシワを軽く伸ばしながら日陰に干します。 ある程度乾いてきたらアイロンを掛けますが、生地によっては熱で縮んでしまうものもありますので、あらかじめ目立ちにくい部分で試しておくことをおすすめします。 あて布をして、必ず着物の裏側からアイロンをかけ、着物の目地を整えていきます。 すぐに使わない場合はラップの芯など、筒状のものに巻きつけておくとシワが寄りにくくなって便利です。

コートにリメイクするなら型紙を用意しよう

着物の生地というものは、洋服と違いほぼ直線で出来ているので型も取りやすく、非常にリメイクに向いているものです。 布面積が広いので、コートなどたくさん生地を必要とする服にリメイクすることも可能です。 まずどのようなデザインにするのか、おおまかなイメージを固めておきましょう。 ファスナーやボタンなども必要に応じて用意しておきます。 コートを作るのは比較的難易度も高いため、型紙が必要です。 あらかじめ型紙をお持ちであれば問題ありませんが、ない場合は自分で型紙を起こす必要があります。 型紙用のトレースシートを手芸店で買うのがベストです。 デザインを元に型紙を起こしていきますが、慣れていないと型紙を起こすのは難しいものです。 最近ではインターネット上で型紙をダウンロードできるサイトや、型紙の起こし方、数値の計算などを行ってくれるところもたくさんありますので、そういったところを参考にしてみると作りやすいでしょう。 型紙を下処理済みの着物に配置し、生地を裁断していきます。 この際、絶対に縫い代分を余計に取ることを忘れないように注意しましょう。 着物によっては薄くて透けてしまうこともあります。 その場合は裏地が必要になってきます。 防寒用のコートにしたいのなら、なおさら必要ですので、こちらもお好みの裏地用の生地を用意しておきましょう。 着物と裏地をそれぞれ必要な分裁断した後は、糸がほつれてこないように生地の端にロックミシンかジグザグミシンをかけておきましょう。  

パーツごとに仕上げていこう

コートにリメイクするとなると、襟や袖がつきものです。 この部分のデザイン次第で全体のイメージもガラッと変わってくるものです。 一般的なワイシャツのような襟をつけるのであれば、パリッとした質感を出すために必ず接着芯を貼るようにしましょう。 目打ちで角をしっかり尖らせておくのもきれいな仕上がりにするコツです。 更にアイロンでプレスしておけば、身頃に縫い付ける時にもよれにくくなります。 襟なしのコートに仕上げるのであれば、バイアステープを使うときれいになります。 ただ、着物の生地に合うようなデザインのバイアステープを探すのはなかなか難しいものです。 そこでおすすめなのが自分の好きな生地でバイアステープを作ることが出来るテープメーカーです。 アイロンを使って簡単にバイアステープを作ることが出来ますし、幅の種類も色々のなものがあるのでとても便利なアイテムです。 これを使えば、着物の生地をそのままバイアステープとして使うことが出来ますので、違和感のない仕上がりになります。 襟ぐりだけでなく、裾の処理などにも使えるのでおすすめです。 フロントオープンタイプのコートだと、ファスナーやボタンを取り付けることになります。 いずれにしても、しょっちゅう開け閉めする部分は着物生地だけでは強度が足りませんので、裏地を足すか、接着芯を貼るなどの工夫が必要です。 美しい仕上がりにするためには、多少面倒でもこまめにアイロンを使って目地を整え、折り目などをしっかり出しておくのがコツです。

リメイクならではのデザインに挑戦

せっかくリメイクするのであれば、思い切って斬新なデザインのものにチャレンジしてみるのもおすすめです。 例えば、コートの表生地は普通のキルト生地などを使って、裏地に着物を使うというのも既製品では滅多に見かけないデザインです。 襟だけ、袖だけ、もしくは前身頃だけ着物生地というものおもしろいかもしれません。 フードを付けてみたり、ポケットを付けてみたり、刺繍などのアレンジをしてみるのもおすすめです。 いくら着物の生地面積が広いと言っても、型紙によってはそのまま使えない場合があります。 一般的には、目立ちにくい部分同士を縫い合わせて使用しますが、どうしても縫い目が気になるという方は思い切って全体をパッチワーク状にして、縫い目自体をアクセントにするという方法もあります。 他の着物生地と組み合わせてみるのもいいかもしれません。 端切れを使ってどんどん面積を大きくしていくことも出来ますので、着物を無駄なく使いたいという方におすすめの方法です。 また、手芸店に行けばくるみボタンのキットというものが販売されています。 最近では100均などでも購入することが出来るこのアイテムですが、これを使えば、お好きな生地を使ってくるみボタンを作ることが出来るようになります。 サイズも様々なものが揃っていますので、生地とおそろいのボタンを作りたい方におすすめです。 ボタンの足の部分に安全ピンを通せばブローチとしても使うことが出来るので、リメイク好きの方に大人気の手芸アイテムです。

着物をリメイクした着心地の良いコートの作り方まとめ

余った端切れを使っても色々なアイテムにリメイクすることが可能ですので、捨てずにとっておきましょう。 余った生地でおそろいのバッグや、ポーチ、お財布などを作ってみるのもおすすめです。 簡単な小物としては、コサージュやシュシュがあります。 細長い筒状に縫い合わせた生地のをクルクルと巻いて、下の部分を縫い止めればバラの形のコサージュになりますし、筒の中にゴムを入れてあげればシュシュの出来上がりです。 クシャッとなって縫い目が目立ちにくいので、余った小さな端切れをつなぎ合わせたものでも作れます。 ポケットティッシュケースも非常に作りやすく、人気のあるアイテムですので、お友達にプレゼントしても喜ばれることでしょう。 また最近ではつまみ細工にチャレンジする方も増えてきています。 非常に小さく切った着物生地を使って、様々な装飾品やヘアアクセサリーなどを作ることが出来るようになりますので、興味がある方は是非こちらにもチャレンジしてみましょう。  

着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説  
関連記事:もったいない!古い着物を捨てずに有効活用する方法を解説
関連記事:古い振袖にこんな価値が!アレンジや再利用する方法教えます。