タンスの奥にしまったままになりがちな着物ですが、最近はリメイクしてドレスに作り変える方も増えてきています。 非常に華やかでありながら上品さも兼ね備えている着物柄は一際目を引くものです。 そのまま眠らせておくより、全く違うものに生まれ変わらせてあげましょう。

着物をリメイクするための下準備

どんなものを作るにしても、着物のままの状態では使うことが出来ません。 リメイクをするためには、まず下準備をしてあげる必要があります。

着物というものは、そもそも成長に合わせて何度もほどいて仕立て直せるように作られているものですので、糸切りバサミやリッパーを使えば簡単に糸をほどくことが出来ます。 襟部分、袖部分、身頃の順に丁寧に縫い糸をほどき、裏地がある場合は裏地も全部外してしまいます。 全てのパーツに分け終わったら、一度洗浄します。 着物の生地は洗濯機で洗うことが出来ませんので、手洗いになります。 まずは大きめのバケツか桶などを用意します。 水を張り、中性洗剤を加えて、優しく押し洗いをしていきましょう。 生地を傷めてしまいますので、ゴシゴシ擦ったりもみ洗いをしないように注意して、しっかり汚れを落としていきます。 洗い終わったら十分にすすぎ、丁寧に折りたたんで水気を押し出すようにして切っていきます。 雑巾のように絞るのは厳禁です。 手の平で軽く叩いてシワを伸ばしながら日陰に干します。 ある程度乾いてきたらアイロンがけをしてあげます。

生地によっては縮んでしまうものもありますので、あらかじめ目立ちにくいところでテストを行ってからかけるようにしましょう。 あて布をして、必ず着物の裏側からアイロンがけをし、目地を整えていきます。 しっかりシワを伸ばし終わったら下準備も完了です。 すぐに使わない場合は、ラップの芯などの筒状のものに巻きつけておくとシワが寄りにくくなるのでおすすめです。

リメイクドレスのデザインを考えていこう

リメイクドレスを作るにあたって一番の鍵となるのは、やはりデザインではないでしょうか。

デザインをしっかり考えておかないと、後で着物生地を裁断した後で困ることになってしまいます。 せっかく美しい柄が入っている着物の生地を使うので、模様の位置などをイメージしながらデザインしていくようにしましょう。

また、着物の生地の大きさをしっかり加味しておかなければなりません。 タイトめのドレスであれば、全体を着物生地で作ることも可能ですが、ふんわりとした裾のものや、ギャザー付きのドレスの場合、着物生地だけでは足りない場合もあります。

この部分は着物を使う、この部分は別の生地を使うといったことも考えながらデザインをしていくことも大切です。 ドレスリメイクをされる方の中には、おそろいの服飾品などを仕立てる方も少なくありません。 リメイクならではのものですし、全体の統一感も出てくるのでおすすめです。 バッグやアクセサリーなどの小物も一緒に作りたい方は、こちらで使用する生地の量も念頭に置いておきましょう。

また、デザインというと全体像ばかりを考えてしまいがちですが、細かいパーツに関してもしっかり考えておく必要があります。 襟の処理方法や、袖部分、腰回りなどのイメージを固めておくのも大切です。 また、どうやって着脱するようにするのか、ファスナータイプにするのか、ボタンタイプにするのか、どのような状況で使用するのか、季節はいつ頃になるのかなどもしっかりと考えておきましょう。


デザインが決まれば型紙を作ろう

しっかりとデザインが決まったら、そのデザインを元に型紙を作っていきます。

型紙用のトレースシートは手芸店などに行けば手に入ります。 文房具店に売ってある大きめの模造紙などでも大丈夫です。 特に洋風のデザインのドレスを作るのであれば、型紙制作は必要不可欠なものです。

どこの部分を立体的にするのか、丈はどれくらいなのかなども型紙制作の段階できちんと決めておく必要があります。 襟、袖、身頃、裾など、全てのパーツの型紙を制作しておきましょう。 どうしてもドレスとなると構造が複雑になっていきますので、型紙の量も多くなりますし、デザインによっては複雑なものも増えてきます。

手元に洋服の型紙をお持ちの方などはそれをベースにしてアレンジをしていくと比較的作りやすいでしょう。 最近では、インターネット上で無料で型紙をダウンロードできるサイトや、自分の体のサイズを入力すると必要な生地の長さなどを自動的に計算してくれるサイトなどもありますので、そういったものを利用していくのもおすすめです。

型紙には必ずどこの部分のものなのか記入しておくようにしましょう。 ハサミで型紙を切り取った後は、一度型紙同士をマスキングテープなどで貼り合わせて、襟や袖がちゃんと身頃に縫い合わさるかどうかなどをチェックしておくこともおすすめです。

もちろん、パーツによっては貼り合わせることが不可能な部分もありますが、大まかなサイズや足りないパーツ、全体のイメージをチェックするのにも役立ちます。 一度着物の生地にも当ててみて、生地が必要分きちんととれるかどうかも確かめておきましょう。

リメイクドレスの制作スタート

型紙も問題なく作り終わったら、いよいよリメイクドレスの制作に入ります。

リメイクに必要なファスナーやボタン、レースや別布があれば、それらも事前に用意しておきましょう。 まずは型紙に合わせて着物生地を裁断していきます。 この際、型紙に縫い代分1?2cmほどをプラスしておくことを忘れないようにしておきましょう。

これを忘れてしまうと、特に体にフィットするようなデザインのものは着られなくなることもあるので要注意です。 着物生地は傷みやすいので、裁断の際にはよく切れる裁ちバサミを使用するようにしましょう。 裁断した後は、生地の端をロックミシンかジグザグミシンをかけてほつれないようにしておきます。

着物の生地次第では薄くて透けてしまう場合もありますので、その時は裏地用の別布も用意しておきましょう。 接着芯を効果的に使用するのもドレスの仕上がりを左右させます。ピンとした張りを出させたい部分や、ファスナー、ボタンを付ける部分に接着芯を貼っておくと、生地もしっかりして強度も高まります。

まずは襟や袖などのパーツから縫っていくと作りやすくなります。 まち針で生地同士を合わせてミシンで丁寧に縫っていきます。 パーツ次第で生地同士の合わせ方も異なりますので、仕立て方を常に頭で考えながら縫うようにしましょう。 どんなリメイクの際でも同様ですが、こまめにアイロンを掛けていくのも仕上がりを大きく左右します。 襟などを制作するい際、角の部分を目打ちでしっかり出してあげるのもきれいな仕上がりにするコツです。

着物リメイクドレスを着てパーティで個性を輝かせるまとめ

なかなか着る機会も少なくなってきた着物ですが、ドレスにリメイクすることによってまた違った趣ある衣装に生まれ変わらせることが可能です。

製作途中に余ってしまった端切れがあれば、捨てずにそれらも是非別のアイテムにリメイクしてあげましょう。 ドレスとおそろいの生地でコサージュやリボン飾り、ヘアアクセサリーなどを作ってあげると、より一層オシャレ度が高まります。 小さな端切れでも、つまみ細工などで使用すれば素敵な髪飾りなどに作り変えられるのです。 パッチワークに使用するのもおすすめです。

また、中には自分でリメイクするのは難しいけれど、思い出の詰まった着物をそのままにしておくのはもったいないとお考えの方もたくさんいらっしゃることでしょう。 そんな場合にはプロに依頼してみるという方法もあります。 着物のリメイクを専門に扱っている業者も最近では増えてきていますので、気になる方はまずそういった所に相談してみられることをおすすめします。