着物はなかなか着る機会もありませんし、自分で着付けられない、面倒臭いといった理由からついついタンスの奥にしまいこんでしまいがちです。 そのまま眠らせておくのはとてももったいないので、思い切って着物をリメイクして、スカートなどに生まれ変わらせてみましょう。

着物のリメイクは下処理が大切

いざリメイクするとなっても、タンスから出したままの着物をそのまま使うことは当然不可能です。 まずは着物の縫い目を切っていく必要があります。 着物というものは、基本的に成長に合わせて袖や裾部分の長さを調節出来るようになっているので、簡単に解けるように作られています。 糸切りバサミやリッパーを使い、襟から順番に身頃と袖の縫い目をほどいていきます。 着物の生地はデリケートですので、リッパーや爪などを引っ掛けないように注意しながら行いましょう。 着物によっては身頃部分に裏地がついているものもありますので、こちらも丁寧に外します。 全部の縫い目をほどき終わったら、洗浄です。 着物は洗濯機で洗うことは出来ませんので、手洗いをしてあげる必要があります。 大きめの桶やバケツなどに水を張り、中性洗剤を加えて押し洗いをします。 もみ洗いをしたり、洗濯板などを使用したりすると生地が傷んでしまいますので、あくまで優しく汚れを押し出すような感じで洗っていきましょう。 洗い終わったら十分にすすいで、しっかりシワを伸ばして日陰に干します。 生地が大きい場合は、畳んだ状態で干しても大丈夫です。 ある程度生地が乾いたら、仕上げにアイロンを掛けていきます。 着物の生地によっては熱で縮んでしまうものもありますので、最初は目立たない部分で試してから行うようにしましょう。 あて布をして、必ず生地の裏側からアイロンを当てるようにし、丁寧にシワを伸ばせば下処理が完了です。 すぐに使わない場合は、ラップの芯などの筒状のものに巻きつけておくとシワが寄らず保管することが出来るのでおすすめです。

関連記事:【要注意!】着物は洗濯していいの?正しい洗濯方法を紹介!

ゴム入りスカートにリメイクしてみよう

下処理が終わった着物は、ほぼ長方形の大きな生地ですのでスカート作りに向いています。 最も簡単に作れるのはゴム入りのスカートです。道具や材料もほとんど必要としないので、初心者の方でも作れます。 手縫いでも作れますが、ミシンがあればより早く、きれいに仕上げることが出来ます。 ゴム入りスカートを作るのに必要なものは、針、糸、ウェストに入れるゴムだけです。 まずはどれくらいの丈のスカートにするのかイメージを固めた上で、着物を裁断していきます。 横70?80cmほど、縦は作りたいスカート丈プラス10cmほどの長方形を2枚用意します。 横幅はゴムで調整できますので、裾を広くした場合は長めにとるようにしましょう。 裁断した後は、糸がほつれないように端処理をします。 ロックミシン、またはジグザグミシンなどをかけておくとほつれにくくなります。 生地を中表に合わせ、両端を1?2cm幅で縫っていきます。 ゴムの通し口が必要になりますので、上部を5cm程度は縫わずにあけておきましょう。 裾部分は1cmずつ三つ折りにし、アイロンを当ててラインを整えた後、きれいに縫っていきます。 ウェスト部分はまず2?3cmずつ3つ折りにし、同様にアイロンをかけて整えて縫います。 ウェストのサイド部分にゴムの通し口がありますので、そこからウェスト用のゴムを通していきます。 ひも通しがあれば簡単に通せますが、安全ピンなどでも代用可能です。 実際にスカートをはいてゴムがきつくない長さに調節し、縫い留めて完成です。  

色んなスカートにリメイクしよう

巻きスカートも比較的簡単に作れるのでリメイク初心者におすすめです。 横幅の長さが足りないと、座った時にはだけてしまいますので十分長さをとって裁断するようにします。 実際に生地を巻き付けてみて、立った時や座った時のイメージを固めていくといいでしょう。 巻き回数や、巻き幅によっても印象が変わりますし、ウェストをベルトやヒモで留められるようにアレンジしてみるのいいでしょう。 裾がふわっと広がるフレアスカートは女性らしくて素敵なものです。 子供用であれば、着物生地を使ってフレアスカートにリメイクすることも可能です。 作りたいイメージによって裁断方法が異なりますので、あらかじめ型紙を用意しておくことをおすすめします。 インターネットなどでも無料の型紙を配信しているところなどがありますので、イメージに合った型紙を探してみて下さい。 ウェスト処理も色々なタイプがあります。 サイドにコンシールファスナーをつければウェスト部分が表に見えても目立たなくなります。 サイドフックを付けるのもおすすめです。 ボタンホールが開けられるタイプのミシンであれば、ボタン留めタイプにすることも出来ます。 場合によっては着物生地が足りないことがありますが、そんなときは別布を接ぎ合わせてみるのもおすすめです。 着物の素材や模様に合わせて上手に組み合わせるのも、リメイクならではの楽しみと言えるでしょう。 大きくざっくりパーツ分けしてみたり、段切り替えにしてみたりと、アイデア次第で色々なデザインのものを作ることが出来ます。 いろいろな生地をパッチワーク状にするのもおすすめです。

色んなアイテムを使ったリメイク方法

着物をスカートにリメイクした後は、更に一歩進んだアレンジに挑戦してみましょう。 ウェストゴムタイプのものだと、シャツの上に出すと野暮ったい印象を持たれがちです。 それでも着心地が楽なので、ウェストはゴムのものがいいという場合には、ゴム部分を隠す幅広のリボンをついでに作ってしまいましょう。 あらかじめ接着芯を貼っておけばピンと張りを出すことが出来ます。 横長の生地をお好みの幅で縫い合わせるだけですので、とても簡単です。 より丈夫にしたい場合は、しっかりとアイロンがけをした後、数ミリ幅で仕上げステッチをかけてあげるといいでしょう。 リボンを巻くことでウェストのゴム部分も隠せますし、可愛らしいアレンジに仕上がります。 また、バックルなどを使ってベルト状にしてみるとクールさが出せます。 意外なことに着物生地とレース生地というのは相性が良いものです。 裾部分にレースを取り付けてあげれば、和洋折衷のゴージャス感があるスカートに仕上がります。 手芸店に行けば、様々な幅や模様、カラーのレースがズラリと並んでいます。 使いたい生地に合わせて、お互いが上手く融合するタイプのものを選ぶようにしましょう。 また、裏地をつけてみるのもおすすめです。 着物の生地によっては透けやすいものがありますので、そういう場合にも裏地は必須です。 ゴワゴワしない、薄手のものを使うようにしましょう。 透けるのを防止するだけでなく、わざと丈を長くしてペチコートのようにしてみるのもいいかもしれません。

着物リメイクで簡単スカート作成まとめ

タンスの肥やしになってしまいがちな着物ですが、一度糸をほどいてあげれば結構な面積の生地になりますし、ほぼ長方形ですので型も取りやすく、非常にリメイクに向いているのです。 生地自体も丈夫ですし、切ったり折ったり縫ったりと加工しやすいのも嬉しいポイントです。 何より華やかな和柄は非常に目を引きますし、上品で高級感もあります。 洋服だけでなく、バッグやポーチといった小物にアレンジする方もたくさんいらっしゃいます。 着物一着あれば、かなりの量のアイテムを作ることが出来ますので、お揃いで帽子やコサージュなどの服飾小物のリメイクにチャレンジしてみるのもいいでしょう。 自分でリメイクするのに自信がないという方は、リメイク専門店の利用もおすすめです。 洋服だけでなく、傘など特殊なアイテムに作り直してくれるところもあります。 プロの手によるリメイクですので安心感もありますし、仕上がりもしっかりしているので、気になる方はまず相談してみましょう。

関連記事:もったいない!古い着物を捨てずに有効活用する方法を解説
関連記事:古い振袖にこんな価値が!アレンジや再利用する方法教えます。  

着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説