最近、若い方々を中心に古着などにアレンジを加えて、世界に一つだけアイテムを作る方が増えてきています。着物などの面積が広いものならばよりアレンジの幅も広がるものです。 チュニックなら初心者にも比較的作りやすいものですので、是非着物をリメイクして作ってみましょう。

着物をリメイクするための下処理方法

着物の生地というものは生地にクセが殆ど無いので非常に扱いやすいものです。華やかで上品さも兼ね備えている和柄は人の目を惹きつけ、主役としても映えますし、アクセントに使用してもしっかりとした存在感があります。

着る機会もなくなってきたからといってそのまましまっておいては、カビや変色でせっかくの美しい生地も傷んでしまいます。着なくなった着物はリメイクして、別のアイテムに生まれ変わらせてあげましょう。 もちろん、そのままでは使えません。

まず、襟、袖、身頃部分の順に、縫い目をほどいていきます。 着物自体が何度も仕立て直すことを前提として作られているものですので、普通の洋服よりは簡単にほどけるはずです。 糸切りバサミやリッパーを使い、生地に引っ掛けたりしないように注意しながら、各パーツごとに縫い目を外します。 着物によっては裏地がついている場合もありますので、裏地も縫い目をほどいて取り除いておきます。 全てのパーツに分けたら一度しっかり洗います。

着物は洗濯機では洗えませんので、大きめの桶などに水をはり、中性洗剤を入れて押し洗いをしていきます。 もみ洗いやこすり洗いは厳禁です。 洗い終わったら十分にすすぎ、丁寧に折りたたんだ状態で押し出すようにして水気を切ります。 雑巾のように絞らないようにしましょう。

シワが寄らないようにしっかりと伸ばし、日陰に干します。 ある程度乾いたら、あて布をし、必ず着物の裏側からアイロンを掛けてしっかり目地を整えてあげましょう。 これでいつでもリメイクが始められるようになります。


関連記事:もったいない!古い着物を捨てずに有効活用する方法を解説
関連記事:古い振袖にこんな価値が!アレンジや再利用する方法教えます。

まずは直線縫いの簡単チュニックから

チュニックというものは、丈が長いトップスの一つです。腰回りより長いので、体型隠しをしたい方にも非常に人気のファッションアイテムです。

丈の長さや、形状なども実に様々なタイプがあり、デザイン次第でコーディネートの印象を大きく変えることが可能です。 チュニックは体にフィットするようなものではなく、ふんわりとしたものが多いので、リメイク洋裁が初心者の方でも比較的簡単に作ることが出来ます。 まずは直線縫いで作れるタイプのチュニックがおすすめです。 最初はノースリーブタイプが良いでしょう。

かなりふんわりとした仕上がりになりますので、控えめな柄の着物で作ると女性らしく上品なチュニックになります。 あらかじめどんなデザインにするのか、どれくらいの丈にするのかを決め、型紙を制作します。 大きめの模造紙などがあれば便利ですが、コピー用紙を貼り合わせたものでも代用可能です。 自分で型紙を作るのが困難な方は、市販の型紙を用意するか、インターネット上で配布されている型紙などから自分のイメージに近いものをダウンロードしておきましょう。

ミシンがあれば、生地の端はロックミシンやジグザグミシンをかけて、糸がほつれないようにしておきましょう。 もちろん、手縫いで作ることも十分可能です。 その際には縫い合わせる時に端を3つ折りにし、生地の端を完全に内側に織り込んでおくことをおすすめします。その分余計に縫い代を必要としますので、裁断する際には1?2cmほど長めに切るようにしましょう。


襟ぐりや裾の処理でワンランクアップ

リメイク洋裁にも慣れてきたら、さらに細部にこだわって作ってみたくなるものです。

袖を取り付けるだけでも難易度が高くなってきます。着物一着分の生地面積は広いので、大人用チュニックでも長袖付きのものを作ることは可能です。 ストンとしたワキぐりの大きな袖、可愛らしいバルーン袖など、色々なタイプの袖にチャレンジしてみましょう。 袖口にゴムを入れてみたり、ボタンを付けてみるのもいいでしょう。 また、襟をつけてみるのもおすすめです。

襟部分にバイアステープを縫い付けるだけで格段に仕上がりがきれいになります。 市販のバイアステープを使用するのもいいのですが、着物を使ったリメイクの場合、和柄にフィットするような模様のバイアステープを探すのはやや困難です。 そんな時にオススメなのが、バイアステープメーカーです。

これを使えば、使いたい生地を使ってお好みの幅のバイアステープを作ることができるようになるのです。 アイロンで簡単に作れますし、幅のバリエーションも豊かですので、非常に便利な洋裁グッズです。 着物の生地でバイアステープを作れば、完全にマッチしてくれます。 襟だけでなく、裾の処理にもバイアステープはおすすめです。

やや難易度は上がりますが、いわゆるワイシャツのような襟に挑戦してみるのもいいでしょう。 襟専用の型紙があると便利ですし、一度作り方が分かればそれほど難しいものではありません。 襟部分をきれいに仕上げるには、目打ちでしっかりと角部分を尖らせ、必ずアイロンで形を整えて縫い付けるのがコツです。

リメイクならではのアレンジを

チュニックは本当にアレンジのし甲斐があるあるものです。

スモックのようなタイプにしてもいいですし、フロントオープンタイプにしたり、シャツタイプ、ワンピースタイプなど、色々なものにチャレンジしてみましょう。 使う着物の柄のイメージに合うデザインがおすすめです。 まるで既製品のようなデザインのチュニックも素敵ですが、せっかくリメイクするのなら、思い切って既製品にはない斬新なデザインのものにチャレンジしてみませんか? 着物の生地をパーツ使いしてみるという手もあります。

華やかな柄の着物ならば、襟部分だけ、袖口部分だけ着物生地を使っても良いアクセントになります。 また、ヨーク切り替えタイプなら上下で使う生地を使い分けることも出来ます。 別布と合わせてリメイクする際には、生地同士が浮かないよう、同じような素材の生地を使うようにしましょう。 着物の柄を生かすのであれば、別布は無地もおすすめです。

また着物がいくら大きめの生地といえど、ふんわりとしたフレアタイプや、ギャザータイプにしたい場合、どうしても必要な生地面積が広くなりますので、上手く型紙通りに裁断できない場合があります。

目立ちにくいところ同士を縫い合わせて長さを調節するという手もありますが、どうしても縫い目が気になるという場合には、思い切ってパッチワーク状にしてみるという方法もおすすめです。 生地を無駄なく使えますし、型紙も取りやすくなります。 同じ着物を接ぎ合わせてもいいですし、様々な着物生地や別布を使ってもおしゃれです。

着物リメイクでお気に入りのチュニックを作ってみませんか?まとめ

着物を使って洋服を作りたい場合、生地次第では下が透けてしまうこともあります。 下に何かを着用するか、別布で裏地をつけてあげれば、透けるのを防止することが出来ます。

また襟や袖口部分、ボタンを付ける部分などは、着物生地だけではピンとした張りが出しにくいので接着芯などを使い、強度を上げて上げておきましょう。 着物の生地は洗濯機で洗うと傷んでしまいますので、汚れがついた場合には中性洗剤で丁寧に押し洗いをします。 どうしても落ちない場合にはクリーニングを利用しましょう。

チュニックを作ったあとに残った端切れも、捨てずに色々なアイテムにリメイクしてみて下さい。 ポーチやバッグ、ポケットティッシュケースなどの小物作りにチャレンジしてみるのもいいですし、くるみボタンのキットを使えば、端切れでお揃いの和柄ボタンを作ることが出来ます。

最近は着物生地を使ったつまみ細工なども人気ですので、こういったものに作り変えてみるのもおすすめです。



着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説