着なくなった着物や和装小物などは買取専門店で買い取ってもらうといいです。お店には専門知識がある査定員がいるので安心です。買取専門店は全国にありますが、専門知識がある査定員がいるお店なら持ち込んで査定をした品物にあった金額を提示してくれます。 着なくなった着物や使っていない和装小物は、リサイクルショップなどでも最近は買い取ってくれるお店もありますが、専門知識があるスタッフがいるお店は少ないので、ネットなどの情報を元に買い取り価格を決めて買い取られてしまう可能性があるといいます。なので、できるだけ買取専門店に持ち込んで査定をするようにしておくといいということです。 また、持ち込むときには事前に査定員の買取実績や査定の基準などをきちんとサイトなどで確認して、自分が納得できる金額で買い取っていることを調べておくようにすることが大切です。

買取専門店を利用する前に確認すること

着物買取の専門店を利用するときには、事前に確認しておくことがいくつかあります。着物専門の査定員の在籍有無や買取実績、そのお店でどのようなものを買い取っているのか、などを確認しておくといいです。何件か気になったお店で確認をしてみると、自分が納得できるお店を見つけることができます。 また、仮の査定をしてもらうことができるお店などもあるので、一度査定をしてもらってから買い取ってもらうことを決めるというのも可能です。そういった点を事前に確認しておくことで自分が大切にしていた着物を納得して買い取ってもらうことができます。 着物を高く売るためにはしっかりとお手入れをしておくこと、それから保管状態をしっかりとした環境で行うことが大切です。いろいろな生地の着物がありますが、高く売ることができる生地、着物の種類などをあらあかじめ知っておくことで、持ち込んだときに査定金額をアップさせることができる場合があります。 着物買取の専門店を利用するときには、しっかりとこれらを考えて利用することが大切です。また、定期的にお手入れをしておくことで、いざ売りたいという考えになったときにあわてることがなくなります。なので、しっかりと日ごろから着物などのお手入れをしておくようにすることがとても大切です。

着物は陰干しをすることが大切

着物にはいろいろな種類のものがあります。振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地などさまざまなものがあるのですが、それぞれに特徴があるので、それらをしっかりと判断することができる査定員がいることがお店を選ぶときの条件です。先にも書いたように、買取実績がある人がいるお店をチェックしておくこと、それから、お手入れをしておくことです。お手入れの方法はどんな種類の生地でも大体は同じなので、これをまずは覚えておくといいです。 まず、お手入れの基本として、着物は着用したその日に着物用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところに一晩吊るしておきます。風通しのいいところにかけておくようにすると、なおのこといいです。もし一晩吊るしておくことができないというときには、日陰で風通しのいいところに2、3時間かけておくようにすると、汗やたばこ、香水などのにおいを取り除くことができます。 着用すると、どうしても汗のにおいや湿気などを吸い込んでしまうので生地ににおいがついてしまいます。そのまま仕舞ってしまうとカビやシミなどの原因になってしまうことになるので、それを防ぐためにもしっかりと陰干しをしておく必要があります。また、長期保管をするときには定期的にお手入れをするようにします。陰干し、虫干しをして、湿気を取り除くことで、生地をきれいな状態に保つことができます。  

クリーニングや修理に持ち込むことが大切

また、お手入れの基本である陰干しなどをする以外にも、生地の状態を定期的にチェックをしておくといいです。 生地をきちんとチェックしておくことで、着物の状態をよい状態に保つことができます。たとえば、生地に汚れ、シミ、カビなどがあったときにはすぐに着物の専門のクリーニングを行っているお店へ持ち込んでクリーニングをしてもらうようにすることで、生地をきれいにすることが可能です。それから、虫食い、ほつれ、破れなどがあったときには着物の修理も行っているリフォーム店へ持ち込んできれいな状態に直してもらうことができるので、生地を元通りにできます。 このように、定期的に生地を保つようにすることで、着物を購入したときの状態に近づけることができて、買い取ってもらうときに高額査定を期待することができるようになります。なので、着物は定期的にお手入れをするだけではなく、生地の状態を保つために修理やクリーニングに出す必要があります。 それらをきちんと守っておくことで、着物を高く売る、と思ったときに査定金額をアップさせることができます。買取専門店では、専門知識がある査定員が持ち込まれた着物の生地をしっかりと丁寧に査定しています。なので、生地をお手入れしておくだけで買取価格がアップする可能性があるのです。着なくなったり、使っていないものを買い取ってもらう前には、しっかりと確認しておくようにします。

高額査定になるために用意しておくもの

着物を買取専門店で高く売るときには、お手入れや修理、クリーニング以外にも用意しておくといいものがあります。 それは、購入したときに付属してきたものすべてです。たとえば、着物を帯やほかの和装小物と一緒に購入したというときには、買取専門店にそれらも一緒に持ち込むようにするといいです。そうすることで、査定金額が少しアップすることがあります。また、和服には必ず証紙というものがついています。この証紙というのは、着物の産地、生地の種類や作者が誰なのかなどを知ることができる、簡単にいうと着物の身分証明書のようなものです。これを一緒に持ち込むだけで、証紙がないときとの差ができます。なので、忘れずに持ち込む前に確認をして用意しておくといいです。 ほかにも、着物を包んでいるたとう紙も大切です。たとう紙はその着物をどこで購入したのか、どこのお店のものなのかを知ることができるものです。たとえば、老舗呉服店のたとう紙に包まれている着物はそれだけで査定をするときに査定金額に影響があるといいます。 なので、買い取ってもらうときには高く売るためのコツをまずは理解して、自分で事前に用意をしておくようにするといいということです。そうすることで、しっかりと査定してもらうことができて、高額査定を期待することができます。 あらかじめ用意しておくといいものをメモしておくというのもいいかもしれないです。

着物買取相場と少しでも高く売る方法まとめ

着物買取の専門店へ持ち込んで買い取ってもらうときには、査定員がいることをきちんと確認しておくことが大切です。 和服に関する知識をしっかりと持っているので、持ち込まれた品物をひとつひとつ丁寧に査定をしてくれます。買取実績がある人がいるお店なら安心して査定をしてもらうことができます。 また、日ごろからお手入れをしっかりとしておくことで、その品物の価値を維持することが可能になります。陰干し、虫干しをすることで、生地をきれいな状態に保つことができます。また、シミやカビ、汚れなどがあったときにはすぐにクリーニングへ、虫食いやほつれ、傷などがあったときにはリフォームのお店へ持ち込んで修理をしてもらってから買取専門店へ持ち込むようにしておきます。 証紙は絶対に忘れないようにしておきます。たいていの場合、たとう紙のなかに保管されているので、一緒に持ち込むことで高額査定を期待することができます。