みなさんは着物を着るときに、どんな帯を合わせたらよいのか迷ってしまったことはありませんか? 和装が見直されている昨今、夏になると浴衣姿の老若男女を目にする事が増えましたね。 そこからさらに一歩先に進み、日常でも着物を着て見たいと思っている方、また実際に取り入れていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
いま現在の着物に合わせる帯の主流は、半幅帯、名古屋帯、そして袋帯となっています。 中でも袋帯は、フォーマルなシーンで重宝する帯と言われていますね。 ですが、実はこの帯はそれだけでなく、あらゆる着物やシーンに合わせることができる頼もしい帯であることは、あまり知られていないのではないでしょうか。
今回は、その袋帯の誕生エピソードや仕立て方の種類、合わせる着物の選び方、結び方などを詳しくご紹介していきたいと思います。

袋帯とはどんな帯でしょうか

袋帯とは、一般には女ものの袋織りの帯の事を指して言います。 基本的な長さは約4メートルです。 袋帯には仕立て方によって種類が分かれます。
まずは本袋仕立てと呼ばれるもの。これは、幅は仕立て上がり寸法(約30センチ)の筒(袋)状に織り上げるので、縫って仕立てる必要はありません。 たれ先とて先のみかがって仕立てます。 本来は、袋状に織られる製法から袋帯という名前が付きました。
次に、縫い袋仕立てと呼ばれるもの。現在、最も多く出回っている種類がこの縫い袋仕立てと言われています。 表の生地と裏の生地を八寸幅で別々に織り上げてから、両耳の部分を縫い合わせて袋状に仕立てます。
最後に、片縫い仕立てと呼ばれるもの。 表の生地と裏の生地を合わせて16寸幅で織り上げて、それを半分に折って片耳のみを縫い合わせる仕立て方です。
以上の3種類が基本的な種類となっています。 このほかにも、男性用の角帯のうち袋状に織られているものや、中幅の中袋、半幅の小袋などが存在します。 また、その柄行はさらに3種類あり、全通柄と呼ばれる帯全面に柄が織られている(もしくは染められている)もの、六通柄と呼ばれる帯全体の6割近くに模様付けされているもの、お太鼓柄と呼ばれるお太鼓になる部分と胴に巻いた前の部分にのみ模様付けされているものがあります。 お太鼓柄は、別名ポイント柄や飛び柄とも言われています。

誕生の歴史は江戸時代にさかのぼる

袋帯が誕生したのは、大正時代末期から昭和時代初期と言われています。実はこの帯の誕生の正確な時期は分かっていません。 そもそも、どのような経緯で形作られたのかは、もっと昔の江戸時代までさかのぼらなければいけません。 その昔、江戸時代の中期に丸帯という帯が考案され、大流行しました。 巾は8寸(68センチ)で、長さは1丈8寸(430センチ)が基本的な大きさとなっていますが、ものにより多少の差があります。広巾に折った帯地を二つ折りにして芯を入れ、縫いあわせた帯です。 なので裏表ともに模様があり、その柄も総模様となっています。
生地は金箔を使ったもので、金襴、緞子、唐織、錦織など豪華なものが多いことも特徴です。 その長さ、帯地を二重にして縫いあわせて芯を入れているという特性上、とても重量感があることがお分かりいただけると思います。
江戸時代、着物が華やかになるにしたがって、この丸帯を使った大きな結び目の帯結びが沢山考案され、庶民に広まっていきました。 それから明治時代に入りますと、丸帯にしっかりとした芯を入れたものが登場し、風格のある大きな二重太鼓を結ぶのが流行しました。 このころから日本には西洋文化が根付き、洋服の合理性や動きやすさが広まるにつれ、重い着物や帯は日常生活から遠ざけられるようになりました。 この時期に、それまで使用されていた丸帯の代用品として軽くて豪華な「袋帯」が登場します。 袋帯は丸帯のように縫って仕立てる必要はなく、両端をくけるだけで完成するので、丸帯に比べ大変軽量化されているといっていいでしょう。
また、第二次世界大戦後に物資不足に陥った日本でも材料が少なくても作れるこの帯は歓迎され、さらに広まったといわれています。


どんな着物に使用する帯なのか

袋帯は江戸時代から使われてきた袋帯の代用品として現在広まっています。 ですから、本来は丸帯を締める着物、例えば留袖や振袖などの正装に合わせる帯です。 また、訪問着などの略礼装にも合わせることができます。 この時に注意したいことが、帯と着物の関係のそれぞれの格です。
着物には一般的に「染めの着物に織りの帯」もしくは「織りの着物に染めの帯」というルールがあります。 一般的に、帯は織りのもののほうが格が高いとされていますので、フォーマルなシーンで装いたい場合は染めの着物に織りの帯を合わせれば間違いありません。 中でも金糸や銀糸を織り込んだものほど礼装向きとされています。柄自体も吉祥柄と呼ばれる縁起物をモチーフ氏にしたものが多く、色使いも鮮やかなものが主流です。 このほかにしゃれ袋と呼ばれる帯もありますが、こちらは名前の表す通り仕立て方は袋状でありながら材質や柄などが趣味的な帯であり、おしゃれを楽しむことに特化した袋帯です。 全体的に遊び心のある楽しい柄付けが多くみられる種類であり、こちらは紬、小紋、色無地などといったカジュアルで日常的な着物に合わせることができます。
このように、作られている素材や色柄によって幅広い着物に合わせることができるのが大きな特徴となっています。 一本持っておくと、非常に重宝する帯といっていいでしょう。

結び方と仕立て方の関係

帯結びはいろいろありますが、どんな着物にも合わせられる王道の結びは二重太鼓と言われる帯結びです。 この結び方は江戸時代末期から始まり、現在までつづく礼装に欠かせない帯結びです。 フォーマルの留袖だけでなく、訪問着や色無地などにも結ばれるなど非常に格調高いだけでなく、お太鼓の形や大きさによって粋にもなります。
振袖に合わせるときは、ふくら雀と呼ばれる結び方が最適です。 これは明治時代から続く、振袖結びの中でも最も歴史のある帯結びのひとつです。豪華さと品があるだけでなく、背中の羽部分の角度を変えることによって、振袖にぴったりの若々しく華やかな表情も作る事が可能です。
このほかにも、現代で考案された変わり結びと呼ばれる様々な形が存在します。 実際に購入して仕立てる際には、自分がどんな結び方をしたいかを想定してお店にいくといいでしょう。 帯は芯を入れて仕立てますが、厚さや硬さなどさまざまな種類があります。 帯地の厚さとの兼ね合いもあるので仕立てるときには慎重に決めたいもの。例えば、三河木綿などはしわになりにくく軽いので変わり結びが楽に結べます。
このように生地の特徴を考えながら、お店の方と相談して生地や仕立ての種類を決めていきましょう。 また、いずれの仕立てをする場合でも、使用頻度高い方は洗い張り(着物や帯の洗濯方法のこと。洋服のように丸洗いするのではなく、いったんほどいてから縫い目を裁ち、元の一枚の布にして洗う方法です)をすることを頭に入れておきましょう。 洗うことによって生地の目がつまってくるので、帯幅をぎりぎりに仕立てておくと、仕立て直しをするときに便利です。

着物の種類|袋帯とはまとめ

いかがでしたでしょうか。 袋帯はフォーマルなシーンにかかせない格の高い帯であるだけでなく、実はさまざまなシーンで活躍する万能な帯であるとこがお分かりいただけたと思います。 現在は、半幅帯を締める浴衣を除いて、通常の和装にはこの袋帯と名古屋帯が主流となっています。 そのため呉服屋さんやリサイクル着物店でも手に取って実物を見て品定めすることができます。
これから和装を始めてみたいけれど、実際に手に取ってみないと不安な方も多いはず。そういった方にも入門用の最初の一本として大変おすすめの帯です。 そのうえ、カジュアル向きのものや仕立て上がりのものでしたら、手軽な値段で購入することができます。
今回ご紹介したように、仕立て方、結び方、合わせる着物の種類などによって多種多様のものが存在しますので、ご自分の和装プランにぴったりの一本を見つけてみてください。