着物を着るうえで、あまり出番のない種類の帯はないでしょうか? 着物を取り入れるライフスタイルにより、活用する帯の種類も様々だと思いますが、なかでも「丸帯」を日常で使用する方はほとんどいらっしゃらないかと思います。
なぜならこの帯は持っただけで重く、豪華な金糸などの刺繍が入っていて、しかもつるつるとしていていかにも結びにくそう。さらに一人で結ぶんなんてとんでもない、と感じてしまうでしょう。 つまり、日常生活に全く向いていない帯だということです。 礼装用の着物にあわせる帯ならば、袋帯などの種類があるのに、なんでこんな豪華な帯があるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
実はこの帯の誕生と活躍には、考案された時代などが深く密接しています。 ここでは、丸帯の歴史や特徴、その使用場面などを紹介していきます。

丸帯はしっかりした作りで豪華な刺繍が特徴

丸帯とは、現在の帯の種類の中でも最も格が高いとされている帯です。
巾は8寸(68センチ)で、長さは1丈8寸(430センチ)が基本的な大きさとなっていますが、ものにより多少の差があります。広巾に折った帯地を二つ折りにして芯を入れ、縫いあわせた帯です。 なので裏表ともに模様があり、その柄も総模様となっています。 昔は礼装用帯の主流でしたが、現在では花嫁衣装や京都の舞妓さんが締める程度の出番しかなく、非常に貴重な帯といっていいでしょう。
生地は金箔を使ったもので、金襴、緞子、唐織、錦織など豪華なものが多いことも特徴です。 その長さ、帯地を二重にして縫いあわせて芯を入れているという特性上、とても重量感があります。 巾広で織り上げたものを一本にしているわけですから、実質普通の帯を二本巻いている状態ですね。これだけでも、大変な重みであることが想像できるかと思います。
素材も、緞子などなめらかな手触りの生地を使用しているので、非常にすべりやすく結びやすいとは言えず、普段着の着物に使用するには向いていません。 まさに花嫁など晴れの日の主役が人に着せてもらうのにふさわしい、豪勢な帯であると言えます。
このように、その圧倒的な豪華さと美麗な表情は、現在の帯の種類の中でも随一といってよい存在感であり、お祝いの席など特別な日に装うための特別な帯といえるでしょう。

誕生した背景と活躍の歴史

諸説ありますが、丸帯は江戸時代の中期に考案された帯といわれています。 当時の女性のおしゃれであった日本髪に様々な結い方が誕生し、より大きく、豪華な形が流行りました。 それに伴い着物に合わせる帯の幅や帯の結び目も大きいものが好まれるようになり、丸帯が誕生したといわれています。
江戸時代の歌舞伎役者の上村吉弥が考案した「だらり結び」は当時江戸中で大流行したとされ、いまでも歌舞伎の舞台ではだらり結びを締めた女形を見ることができます。 江戸時代の丸帯は芯を全く入れていない、もしくはごく薄手の芯を入れただけのもので、非常に柔らかく、庶民もこぞってこの帯を着物に合わせて自由な結び方を楽しんだようです。 それから明治時代に入りますと、丸帯にしっかりとした芯を入れたものが登場し、礼装用着物にあわせて風格のある大きな二重太鼓を結ぶのが流行しました。 しかし戦後、時代の流れとともに重い着物や帯は日常生活から遠ざけられるようになり、この時期に登場した軽くて豪華な「袋帯」が登場します。
このように江戸時代の中期から大正末期まで礼装用ととして活躍していた丸帯ですが、昭和の初期に考案された袋帯が、一見するとおなじような見た目で重さは半分であったためにためにとってかわられました。
現在では花嫁の白無垢、打掛け、黒引き振袖といった種類の婚礼衣装や、京都の舞妓さんや各地の芸者さん等の花柳界でしか用いられなくなりました。


丸帯に適した帯結びとは

丸帯が特に映える帯結びは、歌舞伎や浮世絵に出てくるような時代を感じられる豪華な結び方です。 ここで紹介する帯結びは、いまではほとんど結ばれることがない帯結びですが、そう難しいものはありませんので、ぜひ江戸時代の気分で楽しんでみたください。
まずはだらり結びです。舞妓さんが結んでいるのがこの形です。歌舞伎の町娘が結んでいるのもだらり結びですが、こちらは通常の文庫結びの羽部分を長くした関東だらりと呼ばれる結び方です。
つぎにあんこ結び。遊女が前で結んでいた結びを誇張した結び方は、歌舞伎であんこ結びと呼ばれて豪華なかたちを誇っています。あんことは椿で有名な大島の若い娘の意味です。
島原結びという前結びもあります。帯の結び目が心という文字に似ているため、「帯は女の命」と京都で言われたといいます。結び方は基本の駒結びなのですが、巾が大きいため美しく豪奢な印象をあたえる結び方です。ちなみに島原とは、西の遊郭の名前からきていて、絶世の美女の花魁がいたといわれています。
そして花嫁衣装で結ばれる掛け下文庫。昭和初期から、打掛を着る花嫁衣装が一般の常識になりました。この掛け下文庫に細い抱え帯、胸に懐剣、そして豪華な打掛は江戸時代の武家奥方のスタイルです。この帯結びは羽を内側に小さくする文庫結びで、こうすることにより、上に着る重い打掛が滝のように流れる美しいラインを描きます。

丸帯の畳み方の種類と収納

礼装用の丸帯には、二種類の畳み方があります。
一つ目の畳み方は、柄を中央にして二つ折りにします。さらに丈を二つ折りにします、ここで必要であれば真綿の棒を挟みます。 最後にもう一度二つ折りにし、たとう紙にくるみましょう。
二つ目の畳み方は、て先が左側に来るように帯の裏を上にして広げます。て先を15~25センチくらい内側におります。 柄が表になるように帯全体を二つ折りにして、さらに外側に二つ折りにします。最後に内側に二つ折りにします。
いずれの場合も、金糸、銀糸、箔、刺繍のある部分には和紙などを当てて保護します。さらに丁寧に保存したい場合は、折り返しのところに真綿や和紙の棒を挟むとさらに良いでしょう。
収納する場所ですが、湿気を防ぎ、虫よけの効果も高い桐箪笥は現代でも帯の保存場所に最適です。 洋服箪笥や衣装ケースを利用する場合は、できるだけ余計な折りじわがつかないように工夫しましょう。 一つのケースに着物や帯を何枚も重ねてしまうと、重みでしわができやすくなってしまいます。 衣装ケースやクローゼットにしまう場合は必ず湿気の少ない上段において、壁とケースの間に空間を作ります。そして必ず除湿剤を入れて、こまめに交換しましょう。
丸帯のような絹物でも、ウールの着物などが近くにあると、虫食いの被害にあう場合がありますので、無臭の防虫シートなども活用してみてはいかがでしょうか。

着物の種類|丸帯とはまとめ

いかがでしたでしょうか。現在ではあまり出番のなくなった丸帯ですが、その歴史は長く、結び方は遊び心にあふれたものが多数あるということがお分かりいただけたでしょうか。
このような性質上、丸帯は既製品の呉服屋ではなく、アンティーク着物ショップで手に入ることが多いようです。おなじ種類でも芯が入っているもの、芯の入っていないものなど差がありますので、一期一会のお宝探しの気分で、お店に赴いてみてはいかがでしょうが。実店舗だけでなく、現在ではネットオークションでも販売されていることがあります。
また、持っている方も少ない種類の帯なので、パーティーなどに結んでいけばとてもおしゃれで注目されること間違いなしです。扱いにくい帯ではありますが、その豪華で華やかな魅力は随一といえますので、きっと皆さんのおしゃれ心を満足させることでしょう。