名古屋帯は、着物を着る時に使う女性用帯の種類の一つです。袋帯に比べるとカジュアルな帯なので、気軽に締めることが出来ます。普段着である小紋や紬はもちろん、素材によっては、付け下げなどのセミフォーマルな着物まで締めることが出来るので便利な帯です。 締めるのに時間がかかる袋帯や丸帯を簡略化したもので、一重太鼓を締めることができ、軽く、短時間で締めることができます。名古屋帯は、礼装用の袋帯や丸帯に比べると格が低くなりますが、その分締めていける範囲が広く、使用する頻度が高い種類の帯と言えます。
はじめは染め帯が主だったのですが、のちに織の帯も作られるようになり、金糸や銀糸を使った織の帯や、つづれの帯などは準礼装として使用することもあります。ただし、もともとは礼装用の帯ではないので、基本的には小紋や紬と言ったおしゃれ着や普段着と合わせることが基本です。

大正時代に作られた帯

一つの説では、大正時代、名古屋女学校の創設者である越原春子氏が考案したといわれています。当時、女性はまだ着物で普段の生活をしていました。多忙であった越原氏は、帯を締める時間を短縮するために、丸帯などに比べると自分で簡単に締められる、軽くて短時間で締められる帯を考案して作り、締めていました。 後に、今の名古屋三越がこの帯に注目し、同様の帯を作って市販を始め、昭和に入ってからは広く知られるようになり、現在は広く利用されています。
名古屋帯がなぜ名古屋という地名を冠しているのかというと、名古屋で生まれたからと、名古屋女学校の学校名にちなんでと名付けられたからです。 もう一つの説は、同じく大正時代、飯田裁縫塾の創設者である飯田志よう氏が考案したというものです。中部地方で行われた工芸展覧会が開催されたとき、飯田氏が考案し作成した帯を出品して入賞しました。その帯は当時文化帯の名前で広く普及していき、その後名古屋帯と名前を改め現代に至っているというものです。
どちらの説が正しいかということは明確ではないのですが、両者とも教育者であり、名古屋帯の歴史を語る上でなくてはならない人物であることは確かです。そして、女性解放のめざましかった時代に、時間をかけずに装えるように便利な帯を開発し、それが多くの女性たちから支持を得たということにはかわりはありません。

名古屋帯には他の帯とは異なる種類や仕立てがある

名古屋帯は、幅の寸法によって大きく2つの種類に分けられています。一つは九寸名古屋帯で、これは元の幅が九寸で作られているためそう呼ばれています。販売の際には、仕立てをしていない巻物の状態で店頭に並んでいます。仕立て上がりは、お太鼓の部分は八寸二分で、残りの部分を半幅に畳んで帯芯を入れます。織の帯なら準礼装に、染めの帯は普段用やおしゃれ用として使用できます。
もう一つは、八寸名古屋帯と呼ばれるもので、八寸二分の幅で織られているものです。お太鼓部分を折り返して二重にして、帯芯を入れずに両端をかがって仕立てます。綴れ織りなどは準礼装にも使えますが、主に小紋や紬など普段用の着物に合わせて使用します。
仕立ての種類もいくつかあります。一般的な仕立て方の名古屋仕立ては、お太鼓部分を残して、胴から手先までが半分に折られた仕立てになっています。また、手先だけが半分に折られている松葉仕立て、袋帯と同じような形で垂れから手先まで半分に折らずに仕立てるおそめ仕立てや、縁を額のようにして仕立てる額縁仕立てなどもあります。
このうち、よく知られているのは名古屋仕立ての帯です。手先から胴に巻き付ける部分まで半分に折られている仕立てられているので、着物を着た時に巻き付けやすく、扱いやすい帯です。名古屋帯と言えば、この仕立ての帯のことをまず思い浮かべるといってもよいと言えます。


名古屋帯と袋帯の違いとは

着物を着る際に締める帯には、他に袋帯があります。着物をあまり着ない人だと、帯の違いなどに気にしないし、わからないという人もいるかもしれません。それでも、いざ着物を着ることになった場合に、どちらの帯を締めたらいいのか、また、家にある帯は何なのかを知っておくと迷わずに選ぶことができるでしょう。
まず、袋帯ですが、表裏を縫い合わせ、袋状に仕立てた帯のことです。礼装用の丸帯の代わりとして考案されたもので、今でも訪問着や留袖などの礼装用の着物に合わせて締められることが多くあります。長さは、4メートルから4メートル30センチと長く、二重太鼓を結ぶことが出来るので、おめでたい席などに締めていくことが出来る帯です。
名古屋帯は、前述にもある通り、お太鼓部分はそのままの幅で手先や胴の部分を半分にして仕立てたものが一般的です。長さは袋帯より短く、仕立て上がりは3メートル60センチ程度です。短い分、一重太鼓しかできませんが、軽く締めやすいのが特徴です。
帯の格としては、袋帯の方が上になりますが、生地や柄によっては準礼装として使うこともできるので、カジュアルからセミフォーマルまで使用できる点で、活躍する場面の多い帯と言えます。また、何よりも締めやすいのが特徴です。着物を気軽に着たいシーンでは、手早くお太鼓を結ぶことが出来るということは何よりの利点と言えるでしょう。

着物に合わせる際に気をつけたい帯のコーディネイト

セミフォーマルからカジュアルまである名古屋帯ですが、実際に着物と合わせるときにはどうしたらよいのでしょうか。一口に名古屋帯と言ってもいくつかの格と種類があり、その帯が持つ格と種類によって合わせる着物も変わってきます。
織の帯は小紋などにおしゃれ着として合わせることが多いです。金銀の箔が入ったものや綴れ織の物ならば格が高いので、色無地や付け下げなどに合わせて、よそいきやセミフォーマルとして使うことができます。
染めの帯は、基本的には紬などの織の着物や小紋などに合わせて、観劇や食事会などの時のおしゃれ着として締めることができます。塩瀬や縮緬などの独特の風合いの帯もあり、あっさりした付け下げに合わせることもあります。
お太鼓の両耳をかがった簡単な仕立てのかがり帯は、織の着物やカジュアルな柄の小紋に合わせて、普段着として締めます。博多織や西陣織など、扱いやすい帯があります。また、絞りやパッチワークなどの個性的な帯もありますが、やはり個性的な小紋やおしゃれな紬などに合わせ自分らしいおしゃれを楽しむことが出来るでしょう。
着物と同系色や反対色、あるいは、着物に使われている色がメインの帯ならば、問題なく合わせることが出来ますが、コーディネートに自信がない場合は、詳しい人に助言を求めたり、専門店などに持ち込んで合わせてもらったりするとよいかもしれません。

着物の種類|名古屋帯とはまとめ

帯の種類がいくつかある中でも、名古屋帯は、女性が女性のために着付けの時間を短縮する目的で作成されたものでした。いま現在もそれは変わらず、着物を着る人にとってはその手軽さから、袋帯よりもよく使用されています。一重太鼓専用と言ってもよい帯ですが、締めやすいので、着付けを習いだしたばかりの人や初心者の人にとっても、扱いやすい帯と言えるでしょう。
礼装の堅苦しい着物や帯ではなく、まずは、この帯の締め方から始めると、着物を着るのも楽しい物だと思ってもらえるかもしれません。 とはいえ、初心者向けばかりとも言えません。名古屋帯の中にも種類がいくつかあり、セミフォーマルから普段着まで使用できる分、それぞれの帯が持つ格を見分ける知識が必要になることもあります。種類を一つ一つ覚えていくのも和装を楽しむ一つとしてとらえて欲しいものです。