着なくなった着物、使っていない和装の小物類などは、着物買取の専門店で買い取ってもらうという人が多いです。 和装に関するしっかりとした知識を持ったプロの査定員が着物買取の専門店にはいるので、安心して査定をしてもらうことができます。 最近では着物を買い取ってくれるリサイクルショップも増えてきていますが、専門知識があるプロの査定員がいるお店はなかなかないので、ネットなどの情報を元に相場を考えて買い取るところが多いといいます。つまり、その品物の価値にあった金額を提示してくれるわけではないので、できるだけ着物買取の専門店へ持ち込むようにするといいです。 和装に関するもので売りたいと思ったものがあれば、一度は買取専門店へ持ち込んで査定をしてもらうようにすると、リサイクルショップでは値段がつかなかったのに、買取専門店では買い取ってもらうことができた、ということもあるということです。

着物の種類によって査定金額が変わる

着物にはいろいろな種類のものがあり、その種類は細かく違いがあるものも多いといいます。 そのため、プロの査定員などの専門知識がある人でなければ、その違いを見極めて着物の査定をするのは難しいということです。 着物の種類には、振袖、留袖、訪問着、小紋、紬、無地などがあり、その種類によって買取価格が変わるといいます。それぞれに特徴があり、また使われている生地などによっても買取価格が変わることがあるということです。 たとえば、留袖はもっとも格式の高い着物であり、礼装として用いられている着物として知られています。裾の部分に縫い目をまたいで広がる模様の絵羽模様というものがあるのが特徴です。留袖には、地色が黒い黒留袖とそれ以外の色の色留袖があります。 2種類のうちで、より格調が高いのが黒留袖です。 未婚の女性の場合は振り袖を、既婚女性の場合は留袖を着用しますが、地色が黒以外のもので、五つ紋付のもの、白の比翼仕立て、染め抜きの五つ紋などは第一礼装として扱われることになります。また、三つ紋や一つ紋の場合は準礼装という考えになり、留袖の中でもさらに着用する機会が多くなるということです。 留袖はいろいろな場面で着用する機会が多いものなので、それだけ需要が高いと考えることができます。なので、買取専門店でもほとんどのものが買い取ってもらうことができるということです。

買取専門店を選ぶときのコツ

着物買取の専門店を利用するときには、どんなことを意識してお店を選べばいいのか、ということを考えるといいです。たとえば、お店を選ぶときには買取実績を確認しておくようにすることが大切です。実績があるということは、それだけ多くの利用客がいるということです。なので、信用があると考えることができます。お店によってはホームページなどに過去の実績を掲載しているところもあるので、まずは実績を確認することが重要です。また、お客様の声や買取成約率などを公表しているサイトなどもあります。 それから、もし買取価格に納得できなかったときはキャンセルすることができる、ということも大切です。不満があったときにはキャンセル可能か、ということを掲載しているお店を選ぶといいです。納得できない価格で買い取られてしまうのはよくないので、必ずキャンセル可能かということは確認しておくようにします。 口コミなどもチェックすることが大切です。着物の種類によってどのくらいの買取価格になるのか、そして自分の持ち込みたいものがどのくらいかかるのか、ということを知ることができる場合があります。口コミで満足している、という人が多いお店はリピーターも多いので、信用することができるお店と考えることができます。なので、しっかりと自分で判断することができるのがいいです。


基本的なお手入れをきちんと行う

着物買取の専門店で買い取ってもらうときに、どうせなら高額査定を期待したい、というのは当然です。 どんなものが高額査定を期待することができるのか、ということを知っておくことで、持ち込む前に工夫をすることができるようになります。 まず、着物は持ち込む前にしっかりとお手入れをしておくことが大切です。どんな着物でも、基本的なお手入れの方法は同じです。なので、定期的に行うようにしておくといいです。また、着用したその当日のうちにきちんと基本的なお手入れをしておくことで、生地をきれいな状態で保つことができるようになります。 まず、着物専用のハンガーにかけて、直接日が当たらないところ、そして風通しのいいところに一晩吊るしておきます。風通しのいいところに吊るしておくことで、汗などのにおいだけではなく湿気も取り除くことができるようになります。また、一晩も吊るしておけないというときは、日陰で風通しのいいところで2、3時間ほど吊るしておくだけで十分湿気もにおいも取り除くことができるといいます。 しっかりと基本的なこのお手入れをしておくことで、着物をきれいな状態で保管することができるようになります。なので、まずは定期的に陰干し、虫干しを行い、生地をきれいな状態にしておくことで、売りたいときに買取価格がアップすることができるようにしておくといいです。

保管状態をよくすることが大切

着物の保管状態によっても着物の買取価格は変わってきます。 着物を脱いだ後にすぐに畳んで仕舞ってしまうというのはよくないです。着物を脱いだ後は、まず着物専用のハンガーなどにかけて、表面に付いたホコリを取り除いておくことが大切です。そのまま仕舞ってしまうと、カビや虫食いの原因になってしまうので、先にも書いたように、基本的なお手入れをしっかりと行ってから仕舞うようにしておきます。 手で払うようにするのではなく、専用のブラシなどを使って優しく払うように落とすといいです。その後は、着物全体を観察し、汚れやシミなどがないかをチェックしておきます。もしも汚れやシミを見つけたときには、その段階でしっかりと対処してきれいな生地にしておくことが大切です。 たとえば、汚れ、シミ、カビなどを見つけたときには専用のクリーニングをしてくれるお店へ持ち込んできれいな状態にしてもらいます。また、生地に虫食い、ほつれ、破れなどがあったときにはすぐに着物の修理を行っているお店に持ち込んで元通りにしてもらうといいです。 そうすることで、生地をきれいな状態に保つことができます。しっかりとこのように保管状態をきれいにしておくことで、着物を買い取ってもらうときに、高額査定を期待することができるようになります。どんな種類の着物でも、どんな生地の種類でもこれらのお手入れの方法と保管方法は同じです。

着物の種類|留袖とはまとめ

着なくなった着物や和装小物などは、買取専門店へ持ち込んで査定をしてもらうといいです。その品物にあった金額をプロの査定員が提示してくれるので、安心して持ち込むことができます。 着物のお手入れをしっかりとしておくことで、その品物の価値をあげることができるようになります。日ごろからきちんと陰干し、虫干しなどを定期的に行うことで、生地をきれいな状態に保つことができます。なので、きれいな状態で持ち込むことができるようになり、高額査定を期待することができるということです。 着物の種類やその生地の種類によっても査定金額に違いがあるといいます。有名な作家の作品であったり、有名産地の生地で作られたものなどは、10年以上経ったものでも査定金額が高いものなどもあります。 なので、きちんと日ごろからお手入れをしたものを持ち込むようにしておくといいです。