着なくなった着物、使わずに仕舞ったままの和装小物などは、着物買取の専門業者へ持ち込んで買い取ってもらうといいです。 着物買取の専門業者では、和装に関する専門的な知識をしっかりと持った査定員が、ひとつひとつ丁寧に査定をして買い取ってくれます。 着物にはいろいろな種類のものがあるので、それを理解している査定員がいないお店では安い価格で買い取られてしまったり、買い取ってもらうことができない場合もあります。たとえば、リサイクルショップでも最近は着物を買い取っているところが増えてきていますが、着物の種類を見分けたり、生地の種類などを判断することができるスタッフがいる業者は少ないです。なので、できるだけ着物買取の専門業者を利用することをおすすめします。 買取専門業者へ持ち込むときには、しっかりとお手入れをしてから持ち込むといいです。

種類を見分けられる査定員がいるお店がいい

着物にはいろいろな種類のものがありますが、その種類の着物に使われている生地にも種類があります。なので、それをしっかりと理解し、生地の状態などによって金額を決めることができる査定員がいるお店を探すことが大切です。 買取専門業者では専門知識のある、買取実績がある査定員が査定をしてくれるので、どんな品物でもその価値にあった金額を提示してくれるので安心して買い取ってもらうことができます。なので、処分したいと思った品物を持ち込む人がたくさんいます。 着物を持ち込むときには、その種類がどんなものなのかをあらかじめ自分でも理解しておくことが大切です。着物の種類には、振袖、留袖、訪問着、紬、小紋、無地などさまざまなものがあります。それぞれに特徴があるので、それをきちんと理解している人でなければその品物の価値を判断することができないといいます。 持ち込んだ品物がどんなものなのかを知っておくことで、ある程度の査定金額や買取価格などを予想することができます。着物にはその着物がどんなものなのかを証明する紙があります。証紙といい、たとう紙に切れ端などと一緒に仕舞われていることが多いです。その証紙があるかないかでその品物の査定金額に大きな差があるといわれています。 証紙とは、着物の種類、生地の産地、誰が作者なのか、その品物がどこで作られたのか、などを知ることができる、いわば着物の身分証明書のことです。

それぞれの特徴を理解しておく

着物には先にも書いたようにいくつか種類があります。 振袖は未婚の女性の第一礼装であり、留袖は既婚者の女性の第一礼装です。訪問着は年齢に関係なく着用することができるので何枚か持っているという人もいます。小紋、紬、無地なども、それぞれに特徴があり、一枚は持っていると便利だといえます。 たとえば、紬とは、真綿を手紡ぎして糸の状態のときに色々な色に染めて、その糸を組み合わせながら織り上げて行った、先染めの布から仕立てられた着物のことをいいます。代表的な柄として縞やかすりが知られており、その織りの精巧さと素朴さ、温かな風合いや独特さが見直されているということです。 紬は全国各地で生産されており、一般的に産地の名前を付けて呼ばれていることが多いです。奄美大島の大島紬、沖縄の久米島紬、茨城県や栃木県で作られている結城紬や、石川県の牛首紬、新潟県の塩沢紬などがよく知られており、和服好きに人気があります。 また、大島紬は、泥大島、藍大島、藍泥大島、色大島、そして白大島といった種類が豊富にあり、泥染めとしても有名です。本場の奄美大島で仕上げられたものには特別印が貼られているので、それを見ることで査定金額をアップされることもあるということです。 これらの紬などは高額査定を期待することはできますが、きちんとお手入れをしていないものだとせっかくの紬でも査定金額が低くなる場合もあるので、きちんと日ごろからお手入れをしておくようにすることが大切です。  

定期的にお手入れをすることが大切

着物は日ごろからお手入れをきちんとしておくことで、購入したときのように生地の状態を保つことができます。 どんな生地のものでもしっかりとしたお手入れをメンテナンスをしておくことで、いざ買い取ってもらう、となったときに高額査定を期待することができる場合があります。 基本的なお手入れの方法はどんな生地のものでも同じなので、それを定期的に行うことが大切です。着用したときはその日のうちに、長期保管をしておくときにもお天気がいい日などに行うように習慣づけておくといいです。そうすることで、生地をきれいに保つことができますし、その品物の価値を下げないようにすることができます。 たとえば、着用したときは、脱いだらすぐに着物専用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところで風通しのよいところに一晩吊るしておきます。それからきちんと正しいたたみ方で仕舞うようにするといいです。一晩吊るしておくのは無理、というときや、長期保管のお手入れをするときには、同じく直接日差しに当たらないところで、風通しのいい日陰に専用ハンガーにかけて、2時間から3時間ほど吊るしておくようにします。こうすることで、生地のしわを重さで伸ばすことができますし、生地の湿気や汗などを乾燥させることができて、さらに虫食いなどを予防することができます。もし生地に虫食い、カビ、しみ、汚れなどのトラブルがあったときには、きちんとそれぞれに合った対処をすることが大切です。

柄や色にも流行がある

着物にはいろいろな柄や色のものがあります。そのときによって流行の柄があり、人気がある色があるのですが、柄や色が古い場合は買い取ってもらうことができるのかを知りたいという人もいます。 そのとき流行っているというわけではない柄のものだと、その分買取金額も低くなってしまう可能性があります。つまり、流行っている柄のものならば、査定の結果が高くなることが多く、思った以上の価格で買い取ってくれるかもしれない、ということです。 それならば、古い柄のものはすべて安い買取価格になるのか、というとそうではなく、着物の柄には古典柄といわれる柄があるのですが、古典柄は流行に左右されることもなく人気があるので、高額買取を期待することができます。つまり、古典柄以外の柄は、基本的には流行っている柄のものを持ち込むようにしておくといい、ということです。 ただ、奇抜な柄のものなどは需要が少なく、なかなか買い手がつかないということで買取価格が低くなってしまう場合もあります。そのことも理解して持ち込むようにしておくことが大切です。 また、柄は古くても価値がある着物もありますが、色は少し違います。色にも流行りがあるので、場合によっては高額買取になることもありますが、古い着物だと色がくすんでいるものなどもあるので、どうしても査定に影響が出てしまいます。古いものだとしょうがない部分もありますが、保管の方法や扱い方によって劣化具合は変わってきます。つまり、どれだけ大切に扱ってきたのか、ということがポイントになるといえます。

着物の種類|紬とはまとめ

着物や和装小物などを売りたいときには、着物買取の専門業者を利用するといいです。 買取専門業者には専門知識がある査定員がいるので、安心して査定をしてもらうことができます。持ち込む着物は事前にしっかりとお手入れをしておくことで、高額査定を期待することができるようになります。 また、着物だけではなく、和装に関するものならどんなものでも一度は持ち込んで査定をしてもらうことで、思いがけない値段で買い取ってもらうことができる場合もあります。柄や色などはできるだけそのとき流行のものを持ち込むようにしておくといいです。 買取をしてもらうときには、リサイクルショップなどもありますが、査定員がいる買取専門店のほうがしっかりとその品物にあった金額を提示してくれるので安心です。 定期的にお手入れをしておくことで、着物の生地をきれいな状態に保つことができます。そうすることで、高額査定を期待することができるようになります。