付け下げとは、女性用の着物の種類の一つです。用途が広く、よそいきとしてやパーティーなどにも着て行くことができます。帯で変化をつけることができ、招かれた立場や式場によっては結婚式の披露宴や、入学式、卒業式などにも着て行くこともできます。

もともとは、訪問着を簡略化したもので、観劇や食事会、お茶会など、訪問着では大げさに感じるけれども、すこし改まった装いをしたいという場合にはぴったりの着物です。着物の柄や帯の種類によっては略礼装としても利用できます。未婚、既婚の区別なく着ることができ、着て行くことが出来る場所も多いので、着物が好きで着る機会が多いという人は一枚持っているととても重宝するでしょう。

では、付け下げとはどのような着物なのでしょうか。訪問着とはどこが違うのですか。購入を検討する場合は注意することがあるでしょうか。

付け下げの歴史と利用

付け下げの歴史は和服としては比較的新しく、20世紀初頭に始まります。小紋という一面に上下関係ない柄の着物が昔からありますが、その当時、上下一方柄の小紋が作られるようになり、それを付け下げと呼んでいたことから来ています。 その後、太平洋戦争当時、華美であるとして訪問着の着用が禁止され、その代用として使われるようになりました。花柳界の仕事用の着物として定着した後、昭和30年代ごろから、幅広く着ることができる略礼装として一般でも用いられるようになったのです。

現代では、着物の一つの種類としてカテゴリーが定着しています。今も訪問着の代わりに略礼装として使用されることもありますが、趣味のものとしてや、観劇や食事会などの軽い集まりなどにも気軽に着て行くことが出来るとして人気があります。 また、訪問着よりも落ち着いた色柄が多いので、正式のお茶会以外の、一般的は茶席には好まれています。

帯は用途に合わせて、おしゃれ着の時は名古屋帯、略礼装として着る時は袋帯を合わせます。合わせる帯によっても着物の雰囲気が変わるので、一枚あれば便利に着まわすことも可能です。訪問着は礼装として着る機会が限られるため、もっと着物をいろいろな場所で着てみたいという場合にはお勧めといえます。ただし、訪問着とよく似ているため、見分けるのにはポイントを押さえておく必要があります。

訪問着との違いはどこですか

訪問着と付け下げはよく似ている着物ですが、大きな違いもあります。それはなんでしょうか。一つは、着物の格です。着物は、場所やTPOによって着て行く種類が違ってきますが、訪問着の方が格上とされています。格式の高い結婚式の披露宴では、紋のついた訪問着が格として求められるケースがあります。また、入学式や卒業式などでも訪問着の方がふさわしい場合があります。

もう一つは、柄です。訪問着は絵羽模様と言って、着物を広げた時に一続きになるように柄が入っています。そのため、販売されるときは仮仕立てをして衣文にかけた状態で展示されています。価格も高額であることがほとんどです。

付け下げは、訪問着より格が下になります。その分、着ていける範囲が広がりますし、柄や帯に気を付ければ略礼装としても使うことが出来るので便利です。柄は続き模様ではなく、仕立てた時、縫い目に柄が掛からないようになっていることが特徴です。現代では、訪問着によく似た、続き柄に見える仕立ての物もあるのですが、それでも、襟と胸の柄が連続することはないので、そこで見分けがつくようになっています。

販売されているときも、反物の状態で飾られています。例外もありますが、価格は訪問着よりも安価に設定されていることが多いので、購入しやすいという利点があります。見分けるのには慣れが必要かもしれませんが、難しいことではないので参考にしてみてください。


大きく分けて2つの種類があります

付け下げは大きく分けて2つの種類があります。略礼装として訪問着の代わりに使用できるタイプのものと、おしゃれ着として着るもので、柄などによって呼び方が違います。一つは、付け下げ訪問着と呼ばれるものです。これは、訪問着のように華やかな色や柄のもので、上前のおくみ線で柄がつながっているのも特徴です。合わせる帯も袋帯で、略礼装として使用がするものです。吉祥文様や金銀の箔や刺繍が入ったようなものなら、披露宴などにも訪問着として着て行っても差し支えありません。

もう一つは、付け下げ小紋と呼ばれる種類のものです。柄がすべて上向きになるように小紋の柄を染めたもので、格でいうと小紋と同格になります。カジュアルな装いに向いています。柄は、シックなもの、モダンなもの、古典的なものもありますが、訪問着にやや比べるとひかえめな印象を受けます。帯は、名古屋帯や、しゃれ袋帯などを合わせて趣味の集まりやお出かけ着として着て行くことができます。

どちらも付け下げなのですが、柄の付け方や柄行、模様によって着て行くことが出来る場所が異なります。一つの種類の着物の中に、明確に格の違いがあるというところも面白いものです。その分、着る人の知識やセンスが試される着物であるともいえます。違いが見かけだけでわかりにくい場合は、着物の専門店などで相談してみてもよいでしょう。

購入時に注意したいこと

付け下げだけに限らず、どのような種類でも着物を購入する際には共通して気を付けなければならないことがあります。それは、着物を着て行く場所がイメージできるか、似合うかどうか、そして予算です。これをしっかり押さえておかないと、着物やその他いろいろ勧められるうちに迷って、後悔する結果になってしまうかもしれません。

特に付け下げは礼装に近い物からカジュアルな小紋に近いものまであるので、どこに着て行くつもりなのかを明確にイメージしていないと、TPO違いのものを選んで結局着て行くことが出来ないということになりかねません。着物は着て行く場所によって異なる格を求められます。お茶会なのか、結婚式なのか、それとも普段のおしゃれ着にしたいのか、購入を相談する際に意思表示をするようにしましょう。

2番目に、面倒がらずに、反物をあてて顔映りを見てください。専門店では、反物を仕立て上がりの着物の感じに巻き付けてくれるところもあります。訪問着のように絵羽仕立てならば購入前に仕立て上がりのイメージがつかめるのですが、付け下げは反物の状態で販売されているので、この手間は重要になります。

最後に予算です。無理に高額なものを買う必要はありません。反物の金額の他に、仕立て代、裏地代、そして八掛代がかかります。帯や小物もそろえるならその分の予算も必要なので、余裕をもって見積もっておくようにしましょう。

着物の種類|付け下げとはまとめ

訪問着の代用として着始められた付け下げでしたが、今では着物の種類のひとつとして愛されています。現代においては、訪問着にはないカジュアルな面と、小紋にはないフォーマルな面を併せ持つ着物として、代用とは言えないだけの活躍をしてきました。最近では、訪問着と同等の着物としても認知されるようになってきています。

礼装からおしゃれ着までの範囲が広いために、着る機会もたくさんあります。「着物を着る」シーンにおいてはほとんどの場合着用が可能なので、コストパフォーマンスでいうと一番お買い得と言える着物かもしれません。着物は高額ですから、この点は大切にしたいところです。

これから着物の購入を考えている人にとっては、いろいろな場面で役立つ着物として、検討の範囲に入れておくことが出来るでしょう。ぜひ、お気に入りの1枚を見つけてください。