着付けの方法にも色々あり、着る着物によっても必要なものは違いますが、ここでは着付けに最低限必要な小物を中心に紹介します。
着物や帯は種類により合わせて着用する小物も変わります。推奨すべき組み合わせを種類ごとに挙げると【振袖】【訪問着、小紋】【浴衣】、帯では【袋帯や名古屋帯】【半幅帯や兵児帯等】など、種類や結び方により小物も変ります。
また、着付けの方法によっては簡単に帯結びができるように器具を使う教室や流派もありますが、基本的には手結びで着る着物は洋服とは違い、全て釦(ボタン)やファスナーを使わず、腰紐だけを使って着るものです。
腰紐以外では、帯枕や帯揚げ、帯締め、帯板、伊達締め、コーリンベルト、補正パッド、衿芯、半襟などが必要になってきます。足袋はもちろんですが、付随するものとして、足袋カバーや足袋用ストッキングなどもあり、着物の種類や帯の結び方によって使い分けられています。絶対必要なものもあれば、代用できるもの、なくても大丈夫なものもあります。用途に応じて必要なものを挙げていきましょう。

【訪問着・小紋を着る時の小物~着付け編】

訪問着や小紋を着る時に使うものが、一般的には着物の着付けに必要な小物になります。着付けの順番に必要なものを挙げていきましょう。
「腰紐」は長襦袢用、着物用に2~3本、帯を結ぶ際の仮止め用に2~3本の最低4~6本は必要です。素材は着崩れしにくく、安定することを考えると「モス」と呼ばれるモスリンのものがお勧め。
「肌襦袢」一番下に着るのが肌襦袢です。綿やレーヨンなど、肌あたりの良い、洗濯しやすい素材でできています。洋服の時に着るブラジャーは胸が立体的になりすぎるので着けないようにします。上に長襦袢と着物を着るのでブラジャーはなくても大丈夫ですが、気になる場合は和服専用の「和装ブラジャー」を肌襦袢の下に着けます。
「補正パッド」補正着とも呼びます。着物はウエストがくびれていると着付けた時にきれいに見えません。くびれを埋め、ずん胴にするための補正パッドです。昔はタオルを巻いたりして調節しましたが、今では厚さを調節でき、巻くだけのタイプがあります。すっきりと補正できるので、持っていると便利です。
補正パッドで整えた上に「長襦袢」をつけますが、長襦袢の衿に「半襟」をつけておきます。これは着物が汚れないようにするためと言われていますが、半襟の色や柄を選ぶのも着物のコーディネイトの楽しみの一つです。半襟は衿部分をくるむための布で、毎回面倒ですが手縫いで衿に止めつけます。外して洗ってしまうので、簡単で大きな縫い目で止めておけば大丈夫です。
半襟のついた衿の中に、衿がすっきりとシャープに立つように「衿芯」を入れます。衿芯にも色々な種類がありますが、硬い芯のほうがきれいに着付けられるので硬いものをお勧めします。 当たり前ですが、訪問着、小紋などには「足袋」をはきます。足袋には4枚コハゼと5枚コハゼがあり、礼装の時には5枚が良いとされています。

【訪問着・小紋を着る時の小物~帯結び編】

長襦袢と着物を着て腰紐を結んだ後「伊達締め」をします。伊達締めは長襦袢用と着物用の2本が必要です。伊達締めにはマジックテープで閉めることができたり、部分的にゴムになっていて、着た後も伸び縮みして楽なものなどもあります。伸び縮みするのは楽ですが、きっちり締まっているほうが着崩れしないので、初心者には伸び縮みしない昔ながらの博多織の伊達締めがお勧めです。
衿の合わせを安定させるためには「コーリンベルト」を使います。コーリンベルトは着付けベルトとも呼ばれます。重ねた左右の衿にはさんで使います。なくても着物は着られますが、衿が緩むとだらしなくなるので、使っておくほうが安心です。
帯結びの際に必要になるのが「帯揚げ」と「帯枕」です。 帯枕はお太鼓の上側の山の部分を作るのに使います。帯枕をくるむのが帯揚げです。前から見た時に帯の上のほうにふわっと少し見えている布です。帯揚げは表に見えるもので絹のものが多く、着物のカラーコーディネイトのポイントになることが多い小物です。
結んだ帯を押さえるのが「帯締め」で帯の真ん中でしばってポイントになるものなので、これもカラーコーディネイトすることでおしゃれな雰囲気を作ることができるものです。 「帯板」は結んだ帯の前側に入れて、前側をすっきり見せるもの。「前板」とも言います。内側にハンカチやお札、カードぐらいなら入るポケットがついているものもあります。


【振袖用の小物は少し違う】

振袖を着る時に必要な小物、下着などは訪問着の時とほぼ同じですが、訪問着の時にはあってもなくても良いものでも、振袖には絶対必要、というものがあります。また、同じ名前、用途のものでも形状が違うものもあります。振袖の小物を見てみましょう。
「帯揚げ」振袖の帯揚げには総絞りのものを使用します。他の着物には使わないのでもったいない気もしますが、とても華やかで立体感がでるので、総絞りの帯揚げを使うようにしましょう。
「伊達衿」通常は半襟くるんだ長襦袢の衿と上に着る着物の衿の2枚が重なって見えていますが、その間に挟んで衿の重なりを多く見せるのが伊達衿です。十二単が由来とも言われています。この伊達衿も色合わせでコーディネイトを楽しめます。礼装に使うので金が使われていたり、織り柄がきれいだったりと華やかなものが多くあります。また伊達衿は訪問着にも付けて使います。振袖用と訪問着用で特に種類が分かれるものではないので、兼用で使えます。
「帯締め」振袖用の帯締めはその他の着物に使う帯締めとは違うものです。普通の帯締めは「平組み」といって、テープ状に織られたものが中心ですが、振袖用は中に綿が入った太くて丸いボリュームのある「丸ぐけ」や飾り結びができる「丸組み」の帯締めを使います。振袖の帯は飾り結びにし、袖も長いので、ボリュームや華やかさに負けないものが使われます。
「帯板」帯板も振袖用は他の帯板より長いものが使われます。

【ゆかたの着付けに必要な小物】

ゆかたは一番カジュアルな着物で、小物も略することも多いのですが、花火大会などで半襦袢を着ずに洋服の下着を着てしまっている人や、兵児帯に帯板を入れておらず幅が狭くなってしまっている人、衿がくたくたになっている人など、せっかくゆかたを着ているのに、残念なことになってしまっている人を見かけます。小物を揃えれば解決できる事もあるので、浴衣でも使ったほうが良いものを挙げておきます。
「半襦袢」浴衣は長襦袢を着ずに1枚で着るものなので、半襦袢は着たほうが良いでしょう。裾がめくれたり二の腕が見えそうになった時に、そのまま肌が見えてしまうのは子供っぽく見られます。半襦袢は着物のときは上下分かれた2部式と1枚になったものの2種類、着易いほうで良いですが、浴衣はさらっと着るものなので、上下続きになった1枚もののほうが気軽です。
「帯板」半幅帯や兵児帯にも帯板は入れたほうが良く見えます。帯の前の部分はよれずにすっきり同じ幅でぴんと張っていることが大事です。
「衿芯」浴衣の衿はバチ衿と言って、長襦袢の衿のように出来上がった形になっています。この衿の部分に衿芯が入るタイプの浴衣があります。衿芯が入るタイプなら、衿芯を入れましょう。衿がきれいに決まるので、うなじの美しさが強調され、それだけで他の人より着付け上手に見られます。衿芯が入らないタイプの浴衣の場合は、衿に糊をしっかりきかせて硬めの仕上げにしておくとすっきり着られます。

着物の着付け:必要な小物まとめ

最初に着物を揃える時には必要な小物も多く、本当に必要なのか、なくても大丈夫なのかも測りかねるし、思ったより出費も多くなってしまうこともあるでしょう。ただ、小物に関してはそれほど傷むこともなく、一度揃えてしまえば何十年も使うことができます。 また、傷まず長い間使えるので、着物を着る家族や親族がいれば、持っているかどうか聞いてみるのもおすすめです。まずは帯板や帯枕、コーリンベルト、伊達締めやモスリンの腰紐は、余っていたり使わないものがないか確認してみましょう。結構出てくることもあります。
最低限、肌着にあたる肌襦袢と、着物とカラーコーディネイトする見える部分に使う、帯揚げ、帯締め、半襟を新調するだけで済む可能性もあるでしょう。着物は前日までの準備で8割決まると言っても過言ではありません。着る着物の種類と必要な小物を確認して、準備万端でのぞみましょう。