紅型着物の「紅型」はびんがたと読み、沖縄地方の代表的な染色技法で、その起源は13世紀にまで遡ると言われています。 “紅”は色全般を指し、“型”はさまざまな模様を指しています。「紅型」の漢字が広く普及され始めたのは昭和に入ってからで、沖縄県では「びんがた」とひらがなで書く場合が多いです。
紅型着物は琉球舞踊などで着用されますが、普段の着物としてももちろん好まれています。沖縄が好きな人にはぴったりな着物です。
模様、色柄が日本的でなく、東南アジアを思わせるはっきりした強い色と柄が多いので、ちょっと着るのは派手で落ち着かない、と思ったら、小物としてお部屋に飾ってもいいでしょう。沖縄小物で紅型の雑貨は種類も多く、そのテキスタイルはインテリアの良いアクセントになり、退屈な日常に非日常的な楽しみをもたらしてくれるでしょう。

紅型と沖縄小物の歴史

紅型は友禅、江戸小紋と並ぶ、日本を代表する染色技法です。琉球王国の時代、王府は宮殿のあった首里の近辺に染屋を置いて庇護していました。貴族の婦人の神事の際の服装を摺込の手法で染めたのがそもそもの起源と言われています。沖縄の紅型は高価な献上品でもありました。

その後、東南アジアとの交易により、インド、ジャワ更紗の染色技能も導入され、また中国の吉祥文様の影響もあり、現在の型になりました。文様には着用する人を保護する意味合いが込められています。鶴を赤や緑で染めるとか、桜の花黄色やえんじで染める等、かなり独特で奔放です。江戸時代は袋物などに使われていて、小物用の種類に入っていました。明治になってから着物にも使われるようになりました。

第二次世界大戦以後、多くの型紙や道具が消失し、一部型紙は日本本土へ渡り保護されていました。琉球王朝時代から、紅型の染色に従事してきた宗家の子孫が本土へ渡った型紙を分けてもらい、紅型の復興に尽くしました。戦後で物資が少ない中、捨てられていた日本軍地図に下絵を描いて型紙として使用し、壊れたレコード盤を糊づけする時の道具代わりにして、口紅を顔料、薬きょうを糊袋の筒に使用するなど、たくさんの工夫と苦労で紅型の復興に努めました。その頃は、米軍相手にポストカードなども作っていたそうです。沖縄小物は、先人のこうした苦労に末に発展していったのです。

どうやって出来るのか、その工程は

すべての着物が職人さんが精魂込めて作り上げていきますが、紅型も例外ではありません。その工程はとても時間がかかります。まず渋紙と言われる髪を2枚重ね、デザイン紙を上に載せて、上から突くようにして彫り、型紙を作ります。着物や帯、小物など種類によってサイズも様々です。
次に糊置きです。これは糯粉と糠、食塩を混ぜて作った糊を、筒先で生地にフリーハンドで文様を描きます。この繊細な作業の仕上がりでその反物の良し悪しが半分決まってしまう、とても重要な工程です。それから地入れ、配色です。紅型は最初は薄い色で配色し、万が一間違えていても後で修正がきくようにしています。それから本染めしてきます。
その後は二度摺りという紅型ならではの工程があります。豆汁と顔料、色差しの刷毛と刷り込みの筆を持って、顔料を挿しては摺り込むという作業を繰り返します。生地を感じながら色を決めていきます。その事が出来あがりの目安となるのです。
その次は隈取り。摺り込みを終えて絵柄をひとつひとつ影を入れたりアクセントを施したりして絵を完成させます。それが終わると、40分ほど蒸します。その後水槽に3時間ほど漬けて糊をふやかしたら丁寧に水洗いします。さらに湯のしして白地紅型の完成です。
しかし完成までまだまだ。糊伏せ、地染めを済ませてから1時間蒸して、3時間ほど水槽に浸して水洗い、乾燥させて湯のしを繰り返して、やっと完成です。実に10もの工程を経て、紅型は生まれるのです。


着物にも帯にも、一点豪華で映える

沖縄の紅型は、鮮やかで南国らしい着物ですが、その独特の色合いや模様のため、着物と帯の組み合わせによってはバランスの悪い、ちぐはぐした印象になってしまいます。帯を紅型にするなら無地の着物に合わせるとか、紅型の着物にするなら帯はおとなしめにするとか、見た目をよく考えて身に着けると良いでしょう。また紅型とひと口に言っても、その種類は豊富で、見た目そんなに派手でない着物もあります。派手な模様が苦手な人にも無理なく着れるでしょう。
無地の着物ということで、江戸小紋もいいかもしれません。江戸小紋はとても細かい模様が一面に施されているので、遠目には無地に見えるからです。大島紬や結城紬などに合わせる人もいますが、どちらも高価な着物なので、骨董市で安く手に入るとかでない限り、無理に揃える必要はありません。紅型はとても目立ちますがよいアクセントになるので、一点豪華主義にもってこいです。

紅型といえば、琉球舞踊に欠かせない衣装です。琉球舞踊はその名の通り、沖縄県の伝統的な民族舞踊で、大切なお客様をもてなすために踊られました。踊りの美しさは、衣装にも支えられています。琉球舞踊には紅型、沖縄小物が多種類、用いられています。全身に紅型打掛、打掛の下に着る胴衣、大きくて重そうな琉球花笠、飾りにも用いられる紫長巾など、これらすべて身に着けて踊る女性達の姿はとても美しいです。

着物や帯だけじゃない沖縄小物にも

沖縄の紅型は、着物や帯だけではありません。小物もたくさん種類があります。 お土産として喜ばれるのはタペストリーや袋ものなどテキスタイル雑貨が多いです。エプロン、のれん、Tシャツや髪の毛を結ぶシュシュまでたくさんの種類に及びます。日常で使う雑貨に紅型を選ぶと、ちょっとしたアクセントになって面白いですね。紅型はちょっと模様が派手で苦手、という人もハンカチ程度の大きさのものなら喜んでくれそうです。意外とおすすめなのが紅型のバッグです。着物にも、洋服にも合わせやすいので、いくつか種類を揃えて持っていると便利です。

沖縄の紅型のあの色鮮やかな模様の陰には、戦争で深い傷を負った沖縄の人々の思いが託されています。旅行で訪れた際に手に取って、その歴史の話に耳を傾けていると、職人さんの思いが想像できるでしょう。
風呂敷、ショールなど出来上がっているものを選んで購入するのもいいですが、実は一番楽しめるのは、紅型を体験してみることではないでしょうか。沖縄には紅型の体験教室がたくさんあり、予約をすればすぐ体験できます。絵心のある人ない人も、童心に返って楽しむことができます。この際、上手か下手かなんて気にすることはありません。出来上がった作品をお土産にして持ち帰れば、沖縄旅行のよい思い出になり、何度でも行きたくなるでしょう。時期が良ければ、紅型の着物で沖縄を訪れると地元の人に喜ばれるでしょう。

紅型着物と小物(沖縄小物)の歴史や特徴についてまとめ

紅型は見た目の派手やかさから、好きな人と苦手な人に分かれてしまうかもしれませんが、もちろん派手な模様ばかりではなく、見た目にも色も柄もおとなしい模様が種類豊富にあります。もちろん着物で合わせる時は気を遣うこともありますが、紅型の着物をうまく着こなせれば上級者の仲間入りと言えるでしょう。まずはハンカチ、手ぬぐいといった小物やコースターなどキッチン用品で始めて、帯や着物を揃えていくといいでしょう。
紅型の反物を購入して、オリジナルのカーテンやのれんといったインテリアの種類を手作りしてしまう強者もいる沖縄の紅型は、東南アジアらしく異国風でありながら、やはり日本人の肌色にもよく似合います。日本で生まれて長い苦難を乗り越えた紅型は沖縄の青い空や海によく映えてとても美しく爽やかに見えます。自分のお気に入りの1枚を見つけるといいでしょう。