着なくなった着物、使っていない和装小物などは、着物の買取専門店に持ち込んで買い取ってもらう人が多いといいます。着物の買取専門店には、和装に関する知識が豊富なプロの鑑定士がいるので、安心して査定をしてもらい、買い取ってもらうことができます。

着物にはいろいろな種類のものがありますが、なかには高級な着物などもあり、それを買い取ってもらうときにはしっかりとした知識と買取実績がある人でなければせっかくの高級なものも安い価格で買い取られてしまう可能性もあります。

最近はリサイクルショップなどでも着物の買取をしているお店が増えてきていますが、しっかりとした知識がある鑑定士がいるお店はなかなかないので、二束三文で買い取られてしまうということも考えられます。なので、できるだけ買取専門店へ持ち込んで、プロに査定をしてもらって買い取ってもらうほうがいいです。

高級な生地以外もしっかりと査定

着物にはいろいろな種類のものがありますが、生地にもいろいろな種類のものがあります。高級な着物の生地というと、有名な産地のものや有名作家の作品などを思い浮かべる人も多いですが、正絹の生地のものは伝統的な技法で織られたものや作家物の着物と考えることができます。特別高価な生地というわけではないかもしれないですが、化学繊維やウール、ポリエステルの生地などに比べると、高級な生地のひとつだといえます。

着物はきちんと手にとって見なければ実際につけられる金額についていえない、という人がほとんどですが、大体の目安は調べてみるとわかります。高級なものなら数千円から数万円、小紋など普段着として着用することができるものなら数百円から数千円といわれています。それも、その生地の素材や保存状態、人気の品であるか、ということによって違ってくるので、一概に言えることではないです。

たとえば、着物の専門知識を持っていないスタッフばかりで値段がわからないというリサイクルショップに持ち込んだら、買い取りできないと言われたものでも、着物の買取専門店ではきちんと値段がついた、という場合もあります。なので、しっかりとした知識がある鑑定士がいるお店へ持ち込むようにすることが大切です。

高級な生地以外でも、きちんとお手入れをして大切にされている着物や帯なら、高額査定をすることはできないけれど、それなりの価格を提示してもらうこともできる場合があります。

着物のお手入れは定期的に行うことが大事

着物を買取専門店へ持ち込むときには、事前にしっかりとお手入れをしておく必要があります。どんな高級な生地の着物でも、基本的にはお手入れの方法は同じです。なので、着用した当日でも、長期保管をしておいたものでも、同じように基本的なお手入れを定期的にしておくといい、ということです。

まず、着物専用のハンガーにかけて、直接日差しが当たらないところで一晩吊るしておきます。そうすることで、生地についた汗のにおいやホコリなどを取り除くことができます。一晩も吊るしておけない、という場合は、専用のハンガーにかけて、2、3時間でいいので、風通しのよい日陰にハンガーごとかけておくといいです。そうすることで、汗や湿気などを取り除くことができるので、生地をきれいな状態に保つことができます。

長期保管をしていると、虫食いなどの心配があります。なので、定期的にこの陰干しをしておくことで、着物だけではなく、帯などもきれいに保つことができるようになります。また、生地の状態をチェックしたときに、虫食いや傷、ほつれや破れなどがあったときには、すぐに修理をすることができるリフォームのお店へ持ち込んで修理をしてもらうといいです。汚れ、シミ、カビなどがあったときにも、専門のクリーニングをしてくれるお店へ持ち込んできれいに洗ってもらうと生地をきれいに保つことができます。


できるだけ高く買い取ってもらうためには

着物を買い取ってもらうのなら、できるだけ高額査定をしてもらいたい、というのは当然です。高く買取をしてもらうためにはどうしたらいいのか、ということを知っておくといいです。

まず、保証書はどんな着物のものでも必ず保存しておくことが大切です。品物によっては端切れや保証書などが付いているので、これらが残っている場合は必ず品物と一緒に買い取ってもらうようにしておきます。そうすることで、少しですが査定金額がアップすることがあります。特に、保証書があるかないか、ということは重要です。これがあるかないかで買取金額に大きな差が出てしまうので、必ず持ち込む前にしっかりと確認をしておくようにします。

どんなに高級な着物でも、それを証明することができる保証書がなければ信頼性が薄くなってしまいます。なので、保証書などは購入した時から大切に保存しておくことが大切です。それから、先にも書いたように、日ごろの扱い方も気をつける必要があります。汚れやシミ、傷など以外にも、日焼けをしているものなどもよくないです。買取専門店としても、持ち込まれて買い取ったものの染み抜きなどをしなくてはいけなくなるので、その分手間がかかってしまいます。それが買取金額に影響することもあるので、持ち込む前にしっかりと確認をして、日ごろからお手入れをきちんとしておくようにするといいです。

柄と色は流行りのものがいい

柄や色が古い着物は買い取ってもらうことができるのか、という場合もあります。高級な生地を使っているけれど、柄や色などがそのとき流行っているものではない場合はその分買取金額も下がってしまう可能性があるといいます。逆に、そのとき流行っている柄や色のものであれば査定の結果もアップすることが多く、思った以上の金額で買い取ってもらうことができる場合もあります。

つまり、古いものはすべて安い買取金額になるのか、というとそうではないです。着物の柄には古典柄と呼ばれる柄があるのですが、このようなものは流行に左右されることがなく、ずっと人気があって選ばれることが多いので、高額買取を期待することができます。簡単にいうと、古典柄のものはいいけれど、基本的にはそのとき流行っている柄のものを持ち込むようにしたほうがいいということです。

ただし、最新の流行の柄などは現在の流行に合っていると言えるのですが、奇抜な柄の場合、需要が少ないと判断されて、買取金額も下がってしまう場合もあります。また、柄は古くても価値があるものもありますが、色はそういうわけではないといいます。柄と同じように、色にも流行りがあります。なので、場合によっては高額査定を期待することも可能ですが、古いものの場合は色がくすんでしまっている場合もあるので、どうしても査定の結果に響いてしまい、安くなってしまう可能性もあります。

高級着物を高額に買取してもらうにはまとめ

着なくなった着物や和装小物などを処分したい、というときには、着物の買取専門店を利用するといいです。買取専門店には専門的な知識を持ったプロの鑑定士がいます。なので、安心して査定をして買い取ってもらうことができるということです。

着物を持ち込むときにはきちんとお手入れをして、しっかりときれいな状態にしてから査定をしてもらうといいです。そうすることで査定金額をアップさせることができます。また、着物には証明書がついているので、それを一緒に持ち込むことで、買取価格がさらにアップすることもあります。

着物の買取専門店にはいろいろな種類の着物が持ち込まれますが、しっかりとひとつひとつ丁寧に査定をしてもらうことができるので、リサイクルショップなどに持ち込んで買い取ってもらうよりも、その品物にあった金額を提示してもらうことができます。