京友禅は、京都で生まれた友禅染めです。また、京友禅は友禅の中でも特に豪華絢爛で、金糸や銀糸を使い宝飾を施した美しい友禅です。京友禅の人気は衰えることがなく、需要も多いため買取相場も高いです。ただし、高額買取のためにはいくつか注意しておくポイントがあります。この記事では、京友禅の技法の種類や有名作家、高額買取のためのポイントをご紹介します。

京友禅について

まずは、友禅の中で最も歴史の古い京友禅についてご紹介します。

京友禅とは

京友禅とは、京都発祥の友禅染めのことです。京友禅の名前は、初めて友禅染めの技法を確立した宮崎友禅斎の名前が由来となっています。 京友禅は、白い生地に下絵を書き、柄の縁を糸目糊でなぞって染めていく染色方法です。他の友禅との大きな違いは、着物全体の雰囲気が雅で華やかであることです。特に金箔や刺繍を施した豪華絢爛な装飾は、京都の公家や貴族に好まれたと言われています。 京友禅は、黒留袖や振袖など格の高い着物が多いですが、パーティや観劇で着用できる付け下げもあります。

京友禅の2つの技法

ここでは、京友禅の技法についてご紹介します。それぞれ技法によって工程も違い、完成までに関わる職人の人数も変わります。

手描き友禅

手描き友禅とは、全ての工程を手描きで行う技法です。さらに、下絵を書くところから染めまで、全ての工程を一人の職人が行います。 まず、白い反物に下絵を描き、その線に沿って糸目糊で輪郭を作っていきます。糊が乾いたら、最初に反物全体を染めます。 次に、糊を丁寧に洗い落とし、染まらなかった柄の部分に一つひとつ手作業で色や刺繍、宝飾を加えていきます。手描き友禅の工程はとても多く手間がかかります。その分、他にはない美しい色合いや繊細な柄など、特別感が違います。

型友禅

型友禅は、現在の京友禅の主流となる技法です。下絵を描く職人が作った型を基に、一つひとつ染めていきます。この技法のおかげで、同じ柄の京友禅をいくつも作れるようになりました。 友禅が日本中に広まったのは、この技法がきっかけとも言われています。型に合わせて染色をする時にできる、柔らかいぼかしが型友禅の特徴です。手描き友禅と違い、型友禅は、全工程をそれぞれの専門職人が分担して行います。

京友禅の有名作家

京友禅は型友禅が主流なので作家物は少ないと言われていますが、有名作家物も多数存在します。ここでは、特に人気の京友禅作家についてご紹介します。

田畑喜八

三代目田畑喜八は、染め師として初めて人間国宝に認定された京友禅の作家です。田畑家は、現在五代目まで続いている京友禅の名匠です。喜八が作った「田畑家コレクション」には、田畑家が使う全ての色生地が貼られており、田畑家の家宝と言われています。

松井青々

松井青々は京友禅の第一人者と言われている作家です。田畑と同じく松井の名は名跡であり、青々は二代目に襲名しています。初代の松井青々は、同じく京友禅の第一人者と言われている羽田登喜男と人間国宝を争ったと言われています。

北出与三郎

北出与三郎は皇室献上の京友禅作家で、約40年間100枚以上の着物を皇室に収めていました。北出が染める榊染めから生み出されるデザインは、その神秘的な色合いから「北出カラー」と呼ばれ、今でも多くの人に愛されています。

藤井寛

藤井寛は皇室献上の友禅作家で、現在も皇室に多くの着物を創作している作家です。まるで平安絵巻のような藤井の友禅は、色鮮やかでありながら上品な美しさもあり、今とても注目されています。

京友禅の老舗といわれる「千總」

有名作家以外にも、老舗呉服屋の手がける京友禅も人気が高いです。460年以上も続く老舗「千總」は、最初は法衣装束商として創業しました。その後、友禅染を家業に変更し、今では唯一の京友禅の老舗として人気を博しています。

京友禅と加賀友禅の違い

日本三大友禅の中でも特に歴史が古い京友禅と加賀友禅ですが、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、京友禅と加賀友禅の違いを解説します。

京友禅

京友禅は、初めての友禅染めの着物で、宮崎友禅斎が確立しました。有名な柄には、「御所車」や「花車」があり、金糸や金箔を使ったきらびやかで多彩な色使いが特徴です。 現在の京友禅は型友禅が主流で、すべての工程が分業制になっています。それぞれの職人の高い技術のおかげで、衰えることなく今もその美しさは健在です。

加賀友禅

加賀友禅は友禅斎が晩年、金沢の加賀藩で確立した技法です。加賀友禅は手描き友禅が主流のため、作家物の作品が多いです。人気作家の作品ともなれば、かなり高額で取引されています。 加賀友禅の特徴は、加賀五彩と呼ばれる美しい色合いです。また、模様は草花など自然のものが描かれていることが多いです。 加賀友禅特有の技法「先ぼかし」や「虫食い」が使われている友禅は、最高級の着物として非常に人気が高い着物です。

京友禅の買取相場

京友禅の買取相場 京友禅は、2種類ある技法によって買取相場が変わります。 それぞれの技法の買取相場をご紹介します。

手描き友禅

手描き友禅の買取相場は、30,000円〜100,000円前後です。全て一人の職人が手がける手描き友禅は、年間に生産できる量が非常に少ないため、希少価値も高いです。特に有名作家の場合は高額買取が期待できます。

型友禅

型友禅の買取相場は、10,000円〜30,000円前後です。手描き友禅と比べると生産量が多いため、買取相場は低めです。状態が良ければ、相場より高値で買取してもらえる可能性もあります。

作家ものの友禅

作家物の友禅は、作家によって相場が大きく変わります。振袖の場合は、約100万円以上、訪問着の場合は約50万円以上の値段がつくこともあります。 特に故人や人間国宝などの作家の場合は希少価値が高く、高額買取が期待できます。名跡の場合、何代目の作品なのかによって金額が変わることもあります。

京友禅を少しでも高く買い取ってもらうために

京友禅の買取価格を少しでも高くするためのポイントをご紹介します。

保存状態を良くしておく

京友禅は、有名作家で高額なものほど古い時代のものが多いため、保存状態が良ければ良いほど買取価格は上がりやすくなります。汚れやシミがついていると買取価格は大幅に下がりますので、大切に保存しておきましょう。

証紙を保存しておく

証紙とは、京友禅であることを証明する紙のことです。証紙があれば、査定員が細かくチェックしなくても、京友禅の品質をしっかり保証してくれます。証紙を紛失しても売ることはできますが、査定価格が下がってしまう可能性があるので、買取に出すまで大事に保存しておきましょう。

早めに査定・買取に出す

「いつか売ろう」と思って保管している場合は、少しでも状態が良いうちに買取の査定を依頼しましょう。特に高級な京友禅は、カビを予防するためにも湿度がしっかりと調整された場所での保管が重要です。 「気がついたらカビやシミができていた」などの場合があると、買取価格が下がってしまう原因になります。京友禅を売るかどうか迷っている方も、一度、査定に出してみると良いでしょう。

京友禅の買取は着物買取専門業者がおすすめ

京友禅の買取は、着物専門の査定員がいる買取業者がおすすめです。京友禅は、詳しい知識がないと査定が難しい着物です。リサイクルショップやフリーマーケットに出してしまうと、相場がわからないまま出品してしまうので、かなり安い価格になってしまう可能性があります。京友禅のような高級な着物は特に、着物専門の買取業者に任せた方がいいでしょう。

京友禅を買取されたお客様の声

<静岡県 70代女性のお客様の口コミ> とっても好感度抜群でしたよ、笑顔でとても感じがよかったです。初対面とは思えないほどでした。商品のことや金額のことの説明も頂きました。ありがとうございました。

<岡山県 60男性のお客様の口コミ> 十分にやってくれましたよ。値段もつかないものもあったんですが、しっかりやってくれましたし、説明もよかったです! 

まとめ

友禅染めの中でも特に豪華絢爛な京友禅は、昔の有名作家の作品ならば高額で買取される可能性を秘めています。京友禅を少しでも高い金額で買い取ってもらいたい場合は、一日でも早く買取してもらいましょう。保管状態が良いほど高額買取が期待できます。