男性であっても夏祭りや成人式、結婚式などで着物を着る機会はあるかと思いますが、これにはフォーマルな用途で使用するものと、それ以外のものに分類をすることができます。ここでは様々な種類の着物のについてご紹介していきますので、是非着る機会のある方は参考にしてみてください。

男性の着物の基本知識

着物は和服とも呼ばれる衣服になるのですが、一般的にはフォーマル用とそれ以外の用途の2つの用途に分類をすることができます。それ以外の着物の種類とは、洋服で言うところのカジュアルウェアやホームウェアと呼ばれるもの、さらに稽古事のユニフォームなどになります。 男性が着る着物は女性のような染物の着物とは異なり、織りのものが中心となっています。ですので市販されているものは色合いと素材の違いで選ぶことがほとんどとなります。そうなってくると男性の着物をおしゃれなものとして選ぶことは難しくなってしまうのですが、それでもサイズと柄さえ適切なものを選ぶことができるのであれば、着物を仕立てる反物は女性ものの中から選ぶことも可能となります。 男性の着物は季節に応じて合わせる種類が非常に細かく定義されているものではあるのですが、基本的な考え方としては、寒ければ暖かくして、暑ければ涼しい格好をするといった気軽な感覚で選ぶと良いでしょう。特別な場合以外では、あまり細かいことをきにすることなく、その日の気温に合わせて選ぶことが基本的な選び方となります。 男性の着物の種類は多種多様で、素材などの含めるとかなりの数の種類があるので、全てをご紹介することはできませんが、最も一般的な用途や目的別に種類を見ていくことにしましょう。男性の方で着る機会のある方は、様々な種類の特徴を知ることで、より一層和服を楽しむことができるようになりますので、是非参考にしてみてください。

日常で楽しむ着物の種類

男性が日常生活の中で着物を着るのであれば、普段着を着る機会が最も多くなると思いますが、これは洋服で考えても自然な考えになる事でしょう。普段着とは簡単に言うと家庭で着る衣服のことで、最も来ている時間が長い和服と言えるでしょう。ですので、選び方としては安くて丈夫で長持ちする事になります。 これらの条件を満たしている和服の普段着としては木綿やウール素材のものとなります。木綿やウール素材のものであれば春秋冬の3シーズンで着用をすることができます。ちなみに木綿の着物は夏場に着る着物である浴衣とは違った種類の生地によるものになります。木綿素材のものは肌触りが良く家庭でも簡単に洗濯をすることができます。 一方でウール素材のものは暖かく着やすいのが特徴で、しわにもなりにくいのが特徴になります。ウール素材も家庭で洗濯をすることができるのですが、オフシーズンにはクリーニングに出すと良いでしょう。長着の下には普通は毛織物の長襦袢を着るのですが、場合によっては半襦袢と裾よけや、もしくはステテコなどを組み合わせても良いでしょう。 春先などの暖かいシーズンには木綿の単衣の着物に半襦袢と裾除けを着たりもしますし、この方が選択がしやすいので、長襦袢を着るよりも良いかもしれません。また冬場に家の中で着るのであれば、丹前を着るもの良く、お風呂上りには浴衣の上から丹前を着て細めの帯を締めるなどしても楽しむことができます。 夏場には浴衣を始めとする木綿や麻などの単衣の着物が適していて、暑い日でも涼しい装いをすることができます。  

おしゃれ着として楽しむ着物の種類

街に出かける際には、やはりおしゃれをして出かけたいものですが、男性の着物の種類でおしゃれなものを選ぶとしたら外出着を選ぶと良いでしょう。とは言っても外出着に明確な定義があるわけではなく、強いて言えば普段着よりも質の良いものを選ぶという様なイメージになります。 ですので、明確な種類と言うよりは自分がおしゃれだと感じるものや、気に入っている物であれば、それは外出着として着ることができます。このように説明をすると難しく聞こえるかもしれませんが、要するに洋服を選ぶ時と同じ感覚で選べば良いという事になります。 ここからは、そんな外出着を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。まずは改まった先に出向く際には羽織袴姿にすると良いでしょう。外出着の素材は一般的にはお召や紬類になるのですが、ちょっとした外出程度であればシルクウールなどでも十分に楽しむことができるでしょう。 帯は角帯を選ぶのですが、気軽に街に出かけるのであれば兵児帯でも問題ないのですが、角帯の方が引き締まった印象になりますので、どんな印象にしたいのかによって使い分けると良いでしょう。また袴を着た方が格が上がるのですが、普通は羽織だけでも十分におしゃれを楽しむことができます。この袴を着ない着こなしを着流しと呼ぶこともありますが、正確に言うと羽織も袴も来ていない、長着と帯だけの状態を着流しと呼びます。 夏場などの暑い日には、この着流しの状態でも涼しげでおしゃれな装いをすることができますので、おすすめです。

正装として着用する着物

着物を着る際には、洋服よりも数多くの決まりごとがあるように感じる方も多いことでしょうが、そのようなイメージの元となっているのが、この礼装や略礼装になります。礼装・略礼装とはフォーマルな場面で着用する和装、つまりはスーツのようなものだと考えると良いでしょう。 ですので、着物で説明されている難しい決まりごとは全ての種類に適応されるものではないのですが、もしもフォーマルなものを着こなしたいのであれば、この決まり事を理解する必要があります。まず和装では必ず紋入りである事が礼装・略礼装では絶対的な条件となります。礼装の場合には五つ紋の第一礼装とされる場合がほとんどとなっていますが、略礼装の場合には紋さえついていれば認められる場合がほとんどとなります。 例えば羽織のの背中に一つしか紋が付いていなくても、略礼装として認められます。ただし祭事や伝統的な集まりの場合には、厳格に紋の数の指定がされていたり、服装全体に関しても古くから決められている決まりごとがある場合がありますので、そのような場合にはその決まりごとに従った装いをするようにしてください。 結婚式の新郎やその父親、成人式や大学の卒業式などのような公の式典の席には第一礼装を着用することがあります。逆に第一礼装以外の装いでも大丈夫な場、例えばパーティーやお茶会、友人の結婚披露宴などの何らかの紋服が必要な場合には、略礼装を着用することになります。 このような場合には長着に紋がなかったとしても、羽織に一つだけでも紋が入っていれば問題ありません。

男性の着物の種類は何がある?まとめ

このように男性の着物の種類には様々な種類があることが分かりましたが、基本的には洋服と同じような感覚で選べば良いという事になります。普段着の場合には、洋服であっても着心地や丈夫さ、さらには安さなども選ぶ条件としてある事でしょうが、基本的には着物であっても同じであるという事です。 そして外出着には、ある程度動きやすいものであってもおしゃれな印象も大切にするので、普段着よりは質や素材などにもこだわると良いでしょう。そして着物が堅苦しいイメージを付けてしまっているのは正装として着用する礼装や略礼装で、これはスーツなどのフォーマルな洋服であっても、カジュアルウェアよりは細かいルールがあるのと同じことです。 特に結婚式や成人式などの公の式典の席の場合には、スーツなどの洋服であってもルールは多くなりますし、そこまで堅い式典でなければある程度は自由が利くといった点も洋服と和服は同じになります。