「紋付の着物ってどのような使い道があるのかな」。

今回はこのような疑問にお答えしていきます。実際、着物の格・種類を熟知している方はあまりいないのではないでしょうか。 シチュエーションによって紋付の着物は、色や柄を選ぶことが重要です。 これだけ聞くと少し堅苦しく感じるかもしれません。 しかし、紋付の着物の格を熟知していると、価値が理解できるだけでなく正しい使い道も理解できます。 今回は紋付の着物使い道を理解するために「格が高い紋付のシーン事の使い方」を紹介します。

使えるシチュエーションは紋付の着物の格に左右される

紋付の着物は格によって使えるシチュエーションが異なってきます。

そのため、着物をイベントで着ていく際はTPOの適した着物の柄やカラーを選ぶ必要があります。今回紹介していく紋付着物は大きく分けて4種類です。

【今回紹介する紋付着物】
  • 礼装着(れいそうぎ)
  • 準礼装(じゅんれんそう)
  • 略礼装(りゃくれいそう)
  • 外出着(がいしゅつぎ)

一番格が高い「礼装着(れいそうぎ)」の紋付着物

礼装着(れいそうぎ)は、結婚式などの儀式に着るものです。こちらでは4つ紹介します。

色紋付(いろとめそで)

色紋付(いろとめそで)とは黒以外の色で、紋章を染め抜いた衣服です。種類は五つ紋・三つ紋・一つ紋があり、紋の数によって使えるシーンが異なってきます。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式


五つ紋付

紋には「日向紋」・「陰紋」の2種類があり、違いは以下の通りです。

  • 日向紋:モチーフ全体を白抜きにしたもの。
  • 陰紋:モチーフの輪郭線のみが白で表現される。

五つ紋付は着物の中でもトップクラスに格式の高い着物です。そのため、結婚式などの厳粛な場面で着用されます。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式


喪服(もふく)

葬式で使われる喪服(もふく)。

喪服は黒紋付と呼ばれることがあり、「喪服(もふく)=黒紋付」と思ってる方もいるかもしれません。

しかし、黒紋付は合わせる帯・小物によって格付けが変わります。

例えば以下のような例です。

  • 黒紋付に銀地の帯や紫の袴→お琴や尺八といったお稽古事の大会で使用
  • 黒い帯や帯締帯揚→葬式

このように、黒紋付は帯や小物を変えるだけで使えるシーンが異なってきます。

【よく使われるシチュエーション】
  • 葬式

黒羽二重五つ紋付

結婚式など厳粛な場面でよく使われる黒羽二重五つ紋付。

素材は正絹が使われる機会が多いです。

黒羽二重五つ紋付は結婚式で新郎が使用することで理解しているかもしれませんが、花婿・仲人などの衣服として使われることもあります。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式


一番格が高い「準礼装(じゅんれんそう)」の紋付着物

準礼装(じゅんれんそう)は、礼装着に次ぐ格です。

デザインは華やかな着物が多く、結婚式や披露宴で着用されます。

色留袖

地色が黒以外の裾模様(すそもよう)の着物。色留袖は既婚・独身を問わずに着ることができる着物です。 基本的に色留袖は黒留袖の一つ格下という扱いです。しかし、紋の数が多い場合は黒留袖と同等の格式になります。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式の披露宴
  • 華やかなパーティ


訪問着

格の高い着物の模様の1つとされている絵羽模様が特徴的な着物。

訪問着は結婚披露宴やパーティ、お宮参り、七五三、卒業式など色々なシーンに適している着物です。

しかし、帯の柄やデザインがシチュエーションに適していない可能性もあります。そのため、場所に応じて柄を変えることが重要です。

具体的には以下の点に注意して選ぶようにしましょう。

  • 披露宴などフォーマルなシーンの場合:上品な訪問着(大きめの柄のものや、金彩の入ったものなどなど)
  • 七五三など子供が主役の行事の場合:控えめな柄の訪問着(主張しすぎない色柄や、礼装らしい小物)
  • 同窓会などのカジュアルなシーンの場合:おしゃれな訪問着(明るい色柄のもの、個性や遊び心のある小物)

【よく使われるシチュエーション】
  • 婚礼
  • 重要な茶会など

一番格が高い「略礼装(りゃくれいそう)」の紋付着物

こちらでは3種類の略礼装(りゃくれいそう)を紹介します。

付け下げ

付け下げ・訪問着の柄が似ているように感じた方もいるのではないでしょうか。

訪問着・付け下げには異なる点があります。それは以下の3点です。

  • 付け下げは反物(たんもの)の状態で巻かれて置かれている状況が多い。
  • 訪問着は仮絵羽(仮で縫われた状態)の形が多い。
  • 付け下げは反物(たんもの)のまま染めるが、訪問着は白生地を裁ってから染める

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚披露宴
  • パーティー・クラス会
  • 茶会
  • 他家への訪問
  • 観劇など


江戸小紋の紋付

繊細な柄が多い江戸小紋。素材は絹がほとんどで、色は単色というルールがあります。

さらに、江戸小紋の紋付は一般の小紋よりも格が上なことが多いです。さらに、格のある柄の小紋に一つ紋を付ければ略礼装(りゃくれいそう)となります。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式(招待客として)
  • 披露宴
  • 紋なし:外出用


色無地

色無地とは、白生地に黒以外の色で一色で染まった着物のことです。

特徴は何と言っても柄がなくシンプルな見た目です。色無地は色がシンプルな柄が多いので、落ち着いた印象を求めている人におすすめの着物です。

【よく使われるシチュエーション】
  • 3つ紋以上:フォーマル(お通夜や葬式)
  • 1つ紋以下:セミフォーマル〜カジュアル(パーティなど)
  • 紋無し:普段着

一番格が高い「外出着」の紋付着物

外出着は趣味用の着物から、少し格のある着物まで多種多様です。

外出着は応用範囲広いので、汎用性(はんようせい)が高いです。しかし、シチュエーションによっては適していない柄もあります。

そのため、外出着はTPOに合ったカラーや模様を選ぶことが重要です。

お召一つ紋付

基本的に着物は「織物(先に染めてから生地を織る)」の方が、「染物(織ってから染める)」より格下になる傾向があります。 しかし、お召一つ紋付の場合は例外です。男性の場合、「お召」と呼ばれる織物は格上扱いになる傾向にあります。

そのため、お召一つ紋付は準礼装として使用することができ、厳粛なシチュエーションに相応しい装いになります。

さらに、お召一つ紋付はお召の着物の背中に紋が1つ入ったもので、格があがり女性の色無地紋付きや訪問着と同格になります。

【よく使われるシチュエーション】
  • 結婚式(招待客として行く場合)


訪問着(縫いの一つ紋付・紋無し)

訪問着は紋の数によって使用できるシチュエーションが異なります。特に一つ紋付と紋なしの間では大きな差があるので注意しましょう。

しかし、近年結婚式などのフォーマルなイベントに参加できる紋無しの訪問着も増えてきています。そのため、デザインによって色々なシチュエーションに適するようになってきている着物になっています。 【よく使われるシチュエーション】
  • 一つ紋付:結婚式・入学式
  • 紋なし:外出用

まとめ

フォーマルな場所に行くと着物に詳しい人が多い可能性が高いです。しかし、フォーマルなイベントなどに格の低い着物で行ってしまうと、場違いな雰囲気を感じてしまうかもしれません。

そのため、今回の記事を読んだことをきっかけに、着物の正しい知識を身に着け実際に着てみてはいかかでしょうか。  

着物買取に関するおすすめの記事はこちら
関連記事:着物の処分をお手軽&お得に:定番の方法と最もお得な処分のしかた 
関連記事:着物の査定を考えている方必見!着物買取のトラブル例と対策法  
関連記事:着物の種類によって買取相場が異なる?着物ごとの相場についてご紹介! 
関連記事:その着物、高く売れるかも!買取額が高価な着物種類と高く売るコツ解説