高級着物には高い買取額が付くことも多いのですが、仕立前の生地である反物に関してはどうなのでしょうか。 「反物」という言葉に耳なじみがない方も多いかもしれませんが、実は着物の買取店では着物だけでなく、反物も重要な商品として扱われています。 そこでこの記事では、反物の概要や高価買取が望めるものの特徴、反物の買取相場等を解説します。

反物について

ここでは、反物の基本知識や名前の由来などを解説します。 反物は着物を作るための生地のことであり、様々な素材が使われています。

反物とは

反物とは和装に使われる生地のことで、一反は着物一着分を作るための生地のサイズを指します。 「反」とはそもそも昔の日本で使われた面積の単位なのですが、それが転じて布の大きさも「反」という単位で表されるようになったことから、「反物」と呼ばれるようになりました。 仕立てる着物のサイズなどによっても異なりますが、女性の着物に使われる反物の一反の大きさは幅36cm~37cm程度、長さ12m~12m50cm程度です。 通常は芯棒と呼ばれる円筒に、1着分の反物が巻かれてあります。 また、反物に使われる生地は多種多様であり、よく使われる素材は正絹や木綿、麻などです。 高級素材の正絹は格式の高い着物に多く使われている一方で、丈夫で吸湿性の高い木綿や麻は普段着に使われています。 さらに、2反続きになったものは1疋(ぴき)と呼ばれます。

高額買取になりやすい反物

ここでは、高価買取されやすい反物の条件をご紹介します。 高価が付きやすい反物には、以下のような特徴があります。

  • 正絹で作られている
  • 保存状態が良い
  • 有名作家が手掛けている
  • 有名産地で作られている
  • 証紙や落款が付いている

素材が正絹であること

高級品である正絹を使って作られた反物は、高価になりやすいと言えます。 正絹とは100%絹糸で作られた生地のことです。 正絹は普段の衣類によく使われるポリエステルよりも、通気性や保湿性に優れています。 滑らかで上質な肌触りから着心地が抜群であり、独特の光沢感が魅力的です。 絹糸とは蚕が作り出す繭からできる糸のことであり、養蚕から行う必要があることから手間がかかります。 そのため正絹は高級品とされており、着物が好きな方にとっては憧れの的となっているのです。 絹の重さは「匁(もんめ)」で表現し、1匁は3.75gです。 匁の値が大きいほど絹が多く使用されていることになり、高価が付けられる傾向があります。

保存状態が良いこと

保存状態が良好なことも、高額買取される条件の1つです。 反物は円筒に巻いてあるためシミや汚れは付きにくいのですが、経年による変色やカビ、虫食いなどの被害は発生します。 反物に汚れ・カビ・シミ・虫食いなどが見られると、買取額は下がってしまうため注意しましょう。 高級な反物でも保存状態が悪ければ、買取額が下がったり買取されなくなったりします。 湿気を避け、もし箔や刺繍があればその部分に紙をはさんで撒いておくと良いでしょう。 ただし、きれいにしまっておいたとしても長期保管しておくことで少しずつ劣化していってしまうため、なるべく早く売ることがおすすめです。 もし使用の予定がなければ、価値が下がってしまわないよう早期に着物買取専門店へご相談ください。

有名作家の作品であること

有名作家が手掛けた反物は、高値が付きやすいでしょう。 例えば、上野為二や木村雨山などの人間国宝に指定されている作家が手掛けている場合、買取市場でも高価になりやすいです。 また、友禅染の作家としてとても有名な羽田登喜男や、たくさんの染織物を生み出した昭和の職人である浦野理一などの作品も需要が高く、高値が望めます。 人間国宝はもちろん、近年の作家が携わっている反物も人気次第では高価買取が期待できるでしょう。

産地ものの作品であること

有名産地で作られた作品であれば、高額買取が望めます。 例えば、茨城県・栃木県で生産され国の重要無形文化財に指定された「結城紬」や、奄美大島を本場生産地とする伝統的工芸品の「大島紬」などは高価が望めるでしょう。 また、帯の反物の場合は、京都で生産される「西陣織」や、幕府への献上品とされていた「博多織」などが人気です。 その他にも全国的に反物・着物の産地があるため、確認してみると良いでしょう。

証紙や落款があること

高価買取される反物の要件としては、証紙や落款の有無も重要です。 証紙や落款は反物が有名産地や有名作家の品だと証明してくれる証拠となります。 証紙とは産地や技法、品質などを証明する証明書のことであり、以下のような内容が記載さ入れています。

  • 生産地
  • 製造者の名前
  • 原材料名
  • 染色方法
  • 機械織りか手織りか(一般的に手織りの方が高価)
  • 伝統工芸品マーク

  一方、落款とは作家の名前が刻まれた印のことであり、作家のサインだとイメージすると分かりやすいでしょう。 落款は作家が分かるほど刻印がはっきりしていない場合、例え押されていても高値につながらないことがあります。 通常、証紙は裾の方に貼られ、落下は衿先やおくみに刻印されることが基本です。

反物の買取相場

反物の買取相場   ここでは、反物の買取相場について解説します。 反物の買取価格は様々ですが、中には着物よりも高く売れる反物もあります。

反物の買取相場について

反物の買取相場は素材や保管状態などによって様々であり、一概にいくらとは言えません。 これまでお話しした通り、素材や保管状態、作家や産地などを判断材料として買取価格は設定されます。   安い品では数百円程度であり、高値がつくケースでは数十万円のケースもあります。 木綿や絹などの無名の反物は1万円~3万円程度が目安です。 大島紬や結城紬などの反物は人気があるため、保管状態によっては10万円程度での取引も充分に望めるでしょう。 またポリエステルの反物は元々安価であることが多く、あまり高くで買取してもらえないことが多いでしょう。   保管状態が良いケースや購入年数が浅いケースなどでは、より高値がつきやすいでしょう。

着物より高く売れる反物も

ケースによっては、着物よりも高く売れる反物もあります。例えばあまりにも小さい着物だと仕立て直しが難しく、買取してもらえないケースもあるのです。   一方、着物に仕立てていない反物の場合は、購入した人のサイズに合わせて仕立てられるので、小さい着物よりも高価で買取してもらいやすいといえるでしょう。 反物の中でも大正ロマン・昭和モダンといわれる昭和初期頃までの柄行の反物ならば、高値で買取してもらえることがあります。 反物で持っている人は比較的少なく、希少性が高いため着物よりも高値で買取してもらえることもあるでしょう。

反物の買取は着物買取専門業者がおすすめ

反物を買取してもらうのであれば、着物買取の専門業者がおすすめです。   リサイクルショップであれば大量のアイテムを買取に出す際などに便利でしょう。 しかしリサイクルショップには反物に関する知識がない店員が多いため、反物の価値を正しく判断してもらえず、損をしてしまう可能性もあります。   また、ネットオークションを活用すれば、忙しい方でも好きなタイミングで売りに出せるため便利です。 しかしネットオークションは自分で販売価格を設定しなければならず、反物の知識がなければ適切な販売価格がつけられません。 また、買い手がつかずにいつまでも現金化できない可能性もあるため、注意しましょう。   そこでおすすめできるのが、着物の買取専門店です。 専門店ならば反物の専門知識を持った担当者が査定してくれるうえに、すぐに現金化できます。 また、出張買取サービスを行っている専門業者であれば忙しくても買取に出せますので、活用しましょう。

反物の買取実績

以下では反物の買取実績をご紹介します。

反物の買取実績①

反物の買取実績① 買取エリア:東京都 豊島区 不明  女性 買取金額:¥50,000

反物の買取実績②

反物の買取実績② 買取エリア:福島県 郡山市 50代 女性 買取金額:¥50,000  

反物を買取されたお客様の声

  <神奈川県 30代女性のお客様の口コミ> すごい丁寧にしてくださって良かったです。着物の事を全然知らなかったんですけど、素材とかの話を丁寧にしてくださいました。 

  <和歌山県 40代女性のお客様の口コミ> とてもよかったと思います。そちらの会社の利益だけでなく、こうした方が高く売れるなど、今後の参考になるお話もしていただけました。                                            

まとめ

反物とは和装に使われ、着物一着分を作るサイズの生地のことです。 保存状態が良い、素材が良いなどの条件がそろった反物は高価買取が期待でき、ケースによっては数十万円もの高価買取も望めるでしょう。 また、反物の買取を検討している場合には、着物の専門店へ相談いただくことがおすすめです。