反物は着物と一緒に買取に出した方が得する?反物買取相場と売る時のコツ 反物は着物などを作る前の段階の布地で、箪笥の中に着物と一緒にしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今では値段の安い既製品の着物が入手しやすくなったことで、着物を反物から誂えるという方も少なくなってしまいました。 使い道のない反物は着物買取店などへ売ることができますが、お持ちになっている反物はいくらになるのか気になるところです。 今回は反物を買取に出す際の方法や反物の買取相場、反物を売る時のコツをご紹介します。

不要な反物はどこで買い取ってくれる?気になる反物の売り先

反物は着物と一緒に買取に出した方が得する?反物買取相場と売る時のコツ 反物はリサイクルショップや着物の買取を専門としてる業者で買取してくれるほか、オークションやフリーマーケット等でご自身で売ることができます。 反物の買取方法は基本的には着物と同様ですが、着物に比べ反物は需要がそこまで高くないこともあり、売り先によって反物の売れる価格は変わってきますので注意しましょう。

反物の売り先① リサイクルショップ

中古着物の需要が増えていることもあり、最近では着物の取り扱いを可能とするリサイクルショップも増えてきました。 ここで注意したいのが反物の買取も可能かどうかで、着物に比べて反物は需要は下がる傾向にあるので中には取り扱いを行っていないリサイクルショップもありますので確認が必要です。 また、反物は査定が難しいため着物専門店でなければ価値を見落としてしまう可能性もあり、安い値段になってしまう場合もあるので注意しましょう。

反物の売り先② オークションやフリーマーケット

オークションやフリーマーケット(フリマアプリ)で自分で反物を売る方法です。 出品から全てを自分で行う形となりますので、売ろうとしている反物の価値を知っている必要があるだけでなく、反物を欲しいと思う利用者から専門的な質問にも対応しなければなりません。 そして、祖母や母親が持っている反物の中には希少価値を持つものもあるので、価値を知らずにオークションで安く売ってしまって後悔してしまう恐れもあります。 反物の価値に詳しくないならば、自分で売るのは避けた方が無難かもしれませんね。

反物の売り先③ 着物買取専門店

着物買取の専門店では着物をはじめとして和装品全般の買取を行っており、もちろん反物も査定対象となっています。 一円でも高く反物を売りたいとお考えの方は着物買取専門店で売るのが良いでしょう。 また、反物を売る時には単品で売るのではなく他の着物などと一緒に査定してもらうことで、不要な着物や反物で占有している箪笥の中もスッキリするのでオススメです。 ただし着物買取専門店の中には買取品を一部に絞っている場合もあり反物を買取対象外にしている業者もあると言う点です。 そのため心配な場合には、予め依頼をする前に電話などで反物の買取を行っているか確認しておくと良いでしょう。

反物は着物買取に出したらいくらになる?反物の買取相場

反物は着物と一緒に買取に出した方が得する?反物買取相場と売る時のコツ 反物を買取に出そうと考えている方は、査定前にある程度の相場を把握しておくと良いでしょう。 反物は着物のように季節を問う種類があまりないため、買取相場と季節の関係性は高くないと言えます。 そのため季節により相場が変動するといったことはありませんが、一般的に反物は着物製作ほど人の手が加わっていない分、着物よりも相場の価値は低く見られてしまう傾向にあります。 したがって一般的な反物の買取価格としては、数百円から数千円ととらえるのが妥当だと言えます。 しかし産地や作家物など希少性の高い反物によっては十万円を超えるものもあるので、まずは一度査定に出してみるのが良いでしょう。

反物買取は「状態」と「売るタイミング」に注意!

反物買取は「状態」と「売るタイミング」に注意!

反物は状態により価格に差が出る

反物は、状態によって買取価格に大きな影響を与えやすい品物となります。 着物が汚れてしまっている場合であれば、反物の状態に戻す洗い張りをすれば良いのですが、反物が汚れてしまっている場合、汚れてしまった素材で何かを作る必要が無い、そもそも洗い張りをする必要が無い(産地による希少性の高い反物を除き)ため、汚れてしまった反物は需要が下がり、買取価格に大きな影響を与えかねません。 一方で反物を作る産地や作家によっては希少性があるため、汚れていても高額買取の可能性は十分にあります。 そのため、もし処分しようと考えている反物が有る場合は、一度プロの査定員に相談してみると良いでしょう。

反物は売却タイミングによって価格が変わる

反物の売却タイミングは、ご自宅に眠っている反物を今後使う機会がないと判断したときが、適切な売却のタイミングであると言えるでしょう。 また、反物は着物同様湿気に弱く、シミや汚れなどの劣化が起こりやすい品物となります。 そのため劣化が起こる前に、なるべく早いタイミングで処分することをオススメします。

まとめ:反物は着物と一緒に買取専門店へ査定に出そう!

反物は着物と一緒に買取専門店へ査定に出そう! 近年の中古着物の人気の高まりに伴い、箪笥の中に眠らせている反物も買取してくれるようになってきましたが、反物は着物を誂える前の布地ですから需要という観点ではそこまで高くないというのが実情です。 しかし正絹や産地物の反物であったり状態の良い反物ならばまだまだ高値が付く見込みもありますから、査定してもらうならば着物の価値を知っている着物買取専門店なら安心でしょう。 また、反物を買取に出す際は反物一枚だけよりも、箪笥に眠っている着物や帯、和装品もまとめてお願いした方が一度に査定してくれるの便利です。 まずは自分の持っている反物がいくらになるのかを知ることが大切ですので、これから反物を売ろうとお考えの方や売る予定はない方も、まずは買取専門店へ相談してみてはいかがでしょうか。