東京友禅は、江戸町人の粋な文化が生み出した友禅です。京友禅と違い、地味な色彩や柄を使った、シックでモダンな印象が特徴です。この記事では、東京友禅の歴史や魅力と、高額買取のための方法についてご紹介します。

東京友禅について

東京友禅とは、江戸時代、どのような歴史の背景から生まれた着物なのでしょうか。 まずは東京友禅の歴史について、詳しくご紹介します。

東京友禅とは

東京友禅とは、江戸友禅とも呼ばれる日本三大友禅の一つです。 三代将軍家光が参勤交代の制度を定めると、日本各地から染め職人や絵師たちがこぞって江戸にやってきました。 その後、各地の技術が江戸に広まり、元々あった江戸の技術と組み合わせて新しい織物などがどんどん作られるようになりました。そうした中、生まれたのが東京友禅です。正装の着物が多く、特に振袖や留袖は人気が高いです。

東京友禅の特徴

東京友禅には、他の友禅とは違う大きな特徴がいくつかあります。 ここでは、東京友禅ならではの柄や色、特徴について解説します。

落ち着いた色合いや柄

当時、江戸では贅沢を禁止する奢侈禁止令が出されていました。そのため、金糸を使った刺繍や、紅色や橙色といった華やかな色を使用した着物を着ることができませんでした。 そんな中でも、町民たちはおしゃれを楽しむために、鼠色や藍色を上手くかけ合わせたり、濃淡をつけたりすることで粋なデザインを数々作り出しました。 他にも、釣り船や松といった江戸の風景をシンプルに描いた柄との組み合わせも、東京友禅の特徴です。

江戸褄模様について

着物の上半身には柄を入れず、衿下と衽と呼ばれる着物の下半分に柄を入れる配置のことを江戸褄模様といいます。江戸時代、大奥の女性が羽織るように着用していた着物の裾に模様が描かれていたため、このような名前がつきました。現代では、黒留袖のことを指すこともあります。

すべての工程を一人の作家で行う

友禅には色々な技法がありますが、東京友禅は加賀友禅同様、全工程を一人の職人が手掛けています。そのため作家物が多く、型友禅と比べると制作に時間がかかるので販売価格も高くなります。

全て手描き

東京友禅は全工程を一人で行うため、全てが手描きで作られているのが基本です。東京に伝わった友禅は、基本は京友禅の技法を受け継いでいるため、最初の頃は分業制で作られていました。 しかし、東京大空襲で壊滅的な被害に合い、職人の数が極端に減ってしまったことで分業制が成り立たなくなってしまいました。その結果、全ての工程を作家が一人で行わなければならなくなり、全て手描きとなりました。

東京友禅の技法

友禅の技法では色を付ける際、防染糊という糊を使用します。防染糊は、隣同士の色が混ざり合わないようにしたり、着色防止のために使う糊です。東京友禅で使われている防染糊を使った技法は二種類あります。

防染糊にゴムを使用する方法

防染糊にゴムを使用すると、早く乾燥させながら採色できるので、仕上がりも早くなります。しかし、防染力が弱いため助剤を加えており、その助剤を洗い流す時に染料が流れ出てしまいます。 このようなことから、ゴムを使用した場合、輪郭はシャープになりますが、染めたかった色よりも少し軽い感じに仕上がってしまうことがあります。

防染糊に真糊と呼ばれる餅粉を炊いたものを使用する方法

真糊の場合、餅粉を炊く必要があるため、品質管理に手間がかかるというデメリットがあります。また、糊は自然乾燥するため、時間も手間も非常にかかります。 しかしその分、真糊は防染力が高いので思い通りの色合いになります。また、柔らかい質感が表現できるので、深い風合いに仕上がります。 一般的に本友禅と呼ばれているものは、真糊を使用しています。

東京友禅の有名作家

ここからは、東京友禅の特に有名な作家をご紹介します。

中村勝間

中村勝間は東京友禅の第一人者で、人間国宝にも指定されています。伝統的な友禅の技法に新しい技法を積極的に取り入れ、独特な配色が特徴的です。中村の代表的なデザインでもある、左右が非対称の図柄は、まさに新しい友禅を作り出す第一人者の風格といえる作品です。

山田貢

山田貢は、中村勝馬に師事し、自身も人間国宝に認定された作家です。大胆かつ繊細な構図と、上品な色彩が特徴です。

熊谷好博子

熊谷好博子は、若い頃から日本画を学んでいたため、着物のデザインにも日本画の雰囲気が残っています。色をあまり使わないモノトーンでシックな作品が多く、樹木の木目や葉などを友禅技法で表現しています。

老舗『大羊居』

「大羊居」は東京友禅の老舗で、東の横綱と呼ばれている呉服店です。友禅と刺繍を組み合わせた「染繍」の名門といわれ、今でも非常に人気が高いです。

高額買取が期待できる東京友禅

高額買取が期待できる東京友禅 ここからは、特に高額買取が期待できるものについて解説します。

作家ものの東京友禅

東京友禅は全工程を一人で全て行うため、ほとんどの着物が作家物です。そのため、他の着物と比べると比較的値段が付きやすい傾向にあります。 特に高額買取が期待できるのは、伝統工芸士の作家や人気作家のものです。人間国宝に認定されている作家の場合は、想像以上に高額になる可能性もあります。また、着物に押されている落款によって、買取価格がアップすることもあります。

証紙がある

東京友禅では、「東京手描友禅」の証紙があると、高額買取が期待できます。 証紙の有無は、その着物が東京友禅であるかどうかという品質保証になります。そのため、証紙が査定時にあった方が、査定額はアップします。証紙は着物の端切れに貼った状態でなければ意味がないので、はがさないように気をつけましょう。

真糊本糸目友禅

真糊糸目友禅とは、本友禅ともいい、特に高級な友禅です。真糊糸目友禅は、糊に餅粉を使う技法で、ゴムを使用する技法に比べると手間も時間もかかります。 その分、色彩や風合いが鮮やかで暖かみのある仕上がりとなるため、高値での買取が期待できます。真糊糸目友禅かどうかは、証紙に記載されています。

箱がある

作家物の友禅の場合、箱に入っている場合があります。箱には作家の名前が記載されていることもあります。箱がなくても買取してもらえますが、箱がある場合は忘れずに査定に出しましょう。

東京友禅の買取相場 

東京友禅は、他の着物と比べると無名でもある程度の値段がつく場合があります。ここからは、具体的な買取相場について解説します。

東京友禅の買取相場について

東京友禅は全行程を一人の職人が行います。そのため、作家物であることに加えて、落款のあるものが多いため高額買取が期待できます。また京友禅のような分業制よりも希少性が高くなります。加えて、東京友禅は1980年に他の友禅と同じく伝統工芸品に認定されています。

着物の種類によっても変わる

東京友禅は礼装の着物の方が買取価格が高くなる傾向にあります。もちろん、その他の着物でも値段がつくことはあります。

▼買取相場例

・振袖の買取相場・・・参考価格:100,000円〜150,000円前後

・訪問着の買取相場・・・参考価格:80,000円〜100,000円前後

・付下げの買取相場・・・参考価格:70,000円前後前後

※買取実績はあくまで一例です。お品物の状態や希少具合によってご希望の金額に添えないものや、お値段が付かないものもございますのであらかじめご了承ください

東京友禅の買取は着物買取の専門業者がおすすめ 

東京友禅は、今でも非常に人気の高い着物なので欲しい人は多いです。 フリマアプリやオークションサイトなどに出品すれば、欲しい人は見つかるでしょう。 しかし、高級な着物を個人で取引した場合、着物の正しい知識がなければトラブルに発展しかねません。 また、リサイクルショップの場合も、価値のわかる査定員がいないため、古着同然の価格で買い取られてしまう可能性もあります。 落款のあるものも多く、作家物が多数存在するため、着物に詳しい査定員が在籍している着物買取の専門業者で見てもらうことがおすすめです。

東京友禅の買取実績

東京友禅の買取実績①

東京友禅の買取実績① 買取エリア:東京都 港区 40代 女性 買取金額 200,000円(訪問着含む着物合計)

東京友禅の買取実績②

東京友禅の買取実績② 買取エリア:福岡県 久留米市 30代 男性 買取金額 184,000円(訪問着含む着物合計)

東京友禅を買取されたお客様の声

<熊本県 70代女性のお客様の口コミ> 大変よくしていただきました♪ハキハキして、説明もわかりやすかったです。品物の扱いも丁寧で、無理いわれ迷惑ということもなかったです。ありがとうございました♪   

<奈良県 50代男性のお客様の口コミ> もう完璧にやっていただきました。ちゃんとやっていただきました。 説明の順番もわかりやすかったですし、一点一点こちらからどんな感じですかというのも丁寧に答えていただいたのですごい分かりやすくて助かりました。  

まとめ

東京友禅は、他の友禅とは違い、現代的でシックな雰囲気と粋な柄が人気の着物です。他の着物と比べても、買取価格は高額になることが多いでしょう。しかし、着物の状態が悪くなってしまうとせっかくの高級着物も買取価格が下がってしまいます。自宅で眠らせておくよりも、状態が良いうちに早めに買取に出すことをおすすめします。