着物には多種多様な種類があり、着用できるシーンが異なります。初心者の方にとっては、これらの違いを理解することは難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、着物の種類を格式ごとにご紹介いたします。これから着物を着る予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

礼装の着物の見分け方

礼装の着物の見分け方 礼装着とは、洋服でいうスーツやドレスのようなものです。主な用途シーンは式典などのフォーマルな場で着用します。

以下では、礼装の種類と見分け方を解説していきます。

打掛

打掛とは、帯を締めた着物の上から羽織る、丈が長い和服のことで、主に結婚式で新婦が着るものです。

打掛の特徴として、裾部分に綿を入れることでできる「ふき」と呼ばれる厚みの部分があります。また、裾が足にまとわりつくのを防いでくれる役割があることも特徴的でしょう。

黒留袖

黒留袖は、着物の中でも最上格に位置する着物です。その名の通り、色合いは黒を用いて模様は下半身に絵羽模様が描かれています。

黒留袖は、主に結婚式で親族の母親が着るもので、品格のある見た目が特徴的です。

 

振袖

振袖は、未婚女性が着用する着物の中で最も格の高い着物です。

他の着物よりも袖が長いこと、衣装のデザインがゴージャスであることが特徴で、主に成人式で若い女性が着用されます。

その他、結婚式の花嫁衣装や結婚式参列者も着用できます。

黒喪服

黒喪服は、主にお葬式やお通夜、告別式で着られる黒一色の着物のことです。合わせる帯や小物も黒一色で統一することが一般的であり、半襦袢や足袋は白で合わせることとなっています。

黒喪服や急な場面で必要となりますから、1つ用意しておいてもよいかもしれません。

準礼装の着物の見分け方

準礼装の着物の見分け方 準礼装は、ややお堅い場所で着用することに向いています。また、準礼装の汎用性は礼装着よりも高くなります。

色留袖

色留袖は、名称通りですが色のある留袖です。先ほど紹介した黒留袖とは打って変わり、色彩豊かであることが特徴的で、下半身には黒留袖と同じく絵羽模様が施されています。

着用するシーンは、主に結婚式で、新郎新婦のお母様以外の親族の方が着られます。着物の格式は、1つ紋〜3つ紋の色留袖は準礼装、5つ紋なら礼装着として着用可能です。

訪問着

訪問着とは、上半身から下半身にかけて連なった絵羽模様が施された着物のことです。

結婚式やお子様の卒業式といった慶事の場で着られる他、格式の高いお茶会などにも向いています。デザイン性も優美な魅力を兼ねており、人気の高い着物の1つです。

 

色無地

色無地とは、その名の通り黒以外の単色でつくられた着物で、シンプルなデザインが特徴的です。色無地も紋の数によって格が変わり、1〜3つ紋なら準礼装としてお使いただけます。

帯や小物の合わせ方によって、様々なアレンジが加えられることが色無地の魅力です。

 

江戸小紋

江戸小紋は小紋の一種であり、江戸時代に高度な染め技法による模様づけをして作られた着物です。

小紋は一般的に普段着として使われる着物ですが、江戸小紋の場合、諸大名が好んで着ていたという背景から準礼装および略礼装として扱われてきました。

 

外出着の着物の見分け方

外出着の着物の見分け方 外出着の用途は、お茶会や観劇、パーティー、お稽古ごとなどが挙げられます。

付け下げ

付け下げは、訪問着を簡易的に仕立てあげた着物です。

付け下げは訪問着に比べてやや大人しく、製造工程が簡略化されているため訪問着よりもリーズナブルなお値段でお買い求めいただけます。

小紋

小紋は、上下方向関係なく模様付けされている着物のことを指します。

小紋は、礼装着としては使えないものの、パーティー・お茶会・観劇・お稽古事など全ての場所に適しています。

 

訪問着

さきほど準礼装として紹介した訪問着も、合わせる帯によっては外出着として使用可能です。

その際にはフォーマルな袋帯ではなく、名古屋帯を合わせると良いでしょう。

御召

御召は、絹を用いて織られた絹織物の一種で、最高級の素材として伝統工芸品にも定められています。

御召は、他の着物よりも複雑に作られているため、着崩れしにくく、裾捌きもよいのが特徴です。

普段着の着物の見分け方

普段着とは、一般的には花火大会やお祭りなどの行事ごと、その他日常生活で着る着物を指します。

 

紬とは、真綿から糸を紡ぎ出した「紬糸」を使ってつくられた着物のことです。紬は古くから野良着や日常服として庶民に親しまれており、その名残から現在も普段着として使われます。

紬はつくるのに時間と手間を要するため、高級品の普段着という位置付けになります。その分、頑丈であるため、1着持っておけば長い間使えるでしょう。

 

浴衣

浴衣は、夏祭りや花火大火で着られる定番の着物です。基本的に単衣仕立てで通気性がよく、夏場に好んで着用されます。

昔は、お風呂後に着用するバスローブのような役割をしていたことから、名称には入浴の「浴」が含まれているそうです。

 

難しいと言われる「付け下げ」と「訪問着」の違い

難しいと言われる「付け下げ」と「訪問着」の違い ここからは、よく難しいと言われる「付け下げ」と「訪問着」の違いについて解説します。

見分けることが難しい理由として、付け下げは訪問着をベースに作られています。最近では、「付け下げ訪問着」という新しいジャンルもあり、さらに見分け方が難しくなっている現状です。

では、どうやって見分ければいいのか。この2つの着物を見分ける方法は「衣装の豪華さ」に着目することです。

一般的に、「付け下げ」と「訪問着」のデザインは次のようになります。

  • 訪問着=華やかでゴージャス感がある
  • 付け下げ=柄全体は小さく施され、少し控えめな印象

上記の方法以外にも下記のような違いがあります。

  • 訪問着は絵羽模様に対して、付け下げは反物で作られている
  • 訪問着は八掛が表地と裏地で同じ生地

このように、細部の違いは見れるものの、見分けることは難しいでしょう。

そのため、「見た目が豪華かどうか」という点に着目することが最も見分けやすい方法だと思われます。

まとめ

今回は、着物の種類の見分け方について解説していきました。

着物の世界は、複雑ではあるものの、奥が深くいつまでも飽きない世界です。着物に興味を持ったこの機会に、より一層着物の世界に触れてみてはいかがでしょうか。