結婚式に出席する際に振袖や留袖などの着物を着ると洋装よりもさらに華やかになるのでとても喜ばれます。ただし、着るのものの種類や、マナーなどがあるのでそれらはしっかり押さえた上で着るようにしましょう。せっかく素敵なものでも、マナー違反になってしまいます。

結婚式で着る色について

結婚式で着用する着物の色でおすすめなのは、お祝いの場なので明るく華やかな色です。 赤系、黄色系、青系などの鮮やかな色を着ると会場全体が華やかになるので周りの人にも喜ばれます。また、写真写りも濃い色の方が顔映りがいいのでおすすめです。また、白ベースの着物は基本的におすすめできません。新婦さんが着るドレスは白が必ずあるので、色が重ならないように注意しましょう。 白ベースだけでなく、白っぽく見えるような薄いピンクやベージュも避けておいた方が無難かもしれません。写真写りで白に見えてしまうことがあります。また、黒や茶色、グレーなどのダークトーンの着物を着る場合は小物などで必ず色を入れて華やかに仕上げましょう。暗い色の着物は凛とした雰囲気になり素敵ですが、フォーマルな場所ではゴールドなシルバー、赤など華やかな組み合わせをしましょう。例えば帯や帯留め、バッグなどにそういった色をプラスするととてもゴージャスな印象になります。 柄の少ないダークトーンの着物だと、暗い印象になりがちなのでこういった華やかなポイントは必ず必要です。若い世代から見ればクールでカッコ良くても、年配の方から見ると暗くお祝いの場にふさわしくないと思われるリスクがあります。小物で華やかさをプラスできない、という場合にはヘアセットの際に華やかなかんざしなどの種類のヘアアクセサリーをつけましょう。どこかのポイントで、明るいカラーの小物を取り入れることで一気にお祝いにふさわしくなります。

結婚式で着物を着る時のヘアセットの種類

デイリーに着物を着るときにはハーフアップや髪の毛を下ろして帽子をかぶるなどのカジュアルなヘアセットもかわいいですが、結婚式の場合はフルアップにするのがおすすめです。 まず、ロングヘアの人はお祝いの場で着物を着る場合しっかりとまとめ髪にしましょう。下の方でまとめるシニヨンスタイルでもいいですし、お団子スタイルも明るい印象で素敵です。着る着物の印象や種類によって考えてみましょう。また、ボブやミディアムなどまとめるには少し髪の毛が短い、という人にはアップヘア用のつけげを使用したり、片方にまとめてすっきりさせるのがおすすめです。 襟足を見せると全体的にすっきりした印象になるので、できるだけ襟足を見せるようにしましょう。どうしてもフルアップには抵抗がある、という人には後れ毛を利用しましょう。サイドや後ろ側にある程度後れ毛を出すと小顔に見える効果もありますし、アップに抵抗があってもチャレンジしやすいです。和服を着こなす際には、基本的には黒髪がおすすめですがある程度の明るい髪色でも合わないわけではありません。 ただし、金髪やそれ以外のグリーンやブルーなどの個性的な髪色は少し奇抜すぎる印象がありますので、1日だけヘアカラーするなど工夫するのがおすすめです。やはりどんな着物の種類でもあまりしっくりこないですし、いろんな世代の人が出席する結婚式ではふさわしくありません。特に友人として参列する場合は少し悪い印象に繋がるので注意しましょう。  

歩き方や立ち居振る舞いに注意

着物をふだん着慣れていない人は、歩き方や立ち居振る舞いにも十分注意しましょう。 まず、歩き方はいつものファッションと同じように歩かず小さめの歩幅でちょこちょこと歩くようにしましょう。また、内股で歩くと着崩れも少ないです。それから、立ち居振る舞いとしては袖の部分が料理などにつかないように気をつけましょう。下に着ている襦袢がでないようにしたり、食事するときにも汚れたりないようにいつもより注意しましょう。また、少しでも着崩れできた場合にはできるだけ早く直すことをおすすめします。 着崩れ始めるとどんどん崩れていってしまいますので、お手洗いに行けるタイミングで向かいましょう。そして、着崩れのパターンにもよりますが足元の場合はしっかり締め直してから戻ればあとはもう崩れなくなります。着物を着ていると普段よりも大胆な動きができなくなりますので、できるだけ上品に行動することを心がけましょう。他の人よりも注目もされがちなので、いつも誰かに見られているという気持ちで行動するのもおすすめです。 最後に、姿勢も大事です。背筋はいつもピンと伸ばして、立つときは膝裏を伸ばしてまっすぐに立つと美しく見えます。着物を着ていて姿勢が悪いととても格好が悪く見え、せっかくの着物が美しく見えないのでとてももったいないことになります。結婚式というシチュエーション上、いつもとは違うという意識を持って、着付けが完了したら大和撫子になった気持ちで何事も行うのがおすすめです。

結婚式におすすめの着物の種類

お祝いのシーンにおすすめの着物の種類としては、まず定番の古典柄の着物です。 昔ながらの柄は最近よくある花柄などに比べてやはり豪華で華やかで、いつ見返しても古くなりません。また、どんな年代の人にも万人ウケするのでいろんな人が出席する結婚式にぴったりです。中でも、派手すぎず華やかさを出せることでおすすめなのは絞りの柄です。レトロで着こなしもおしゃれにしやすく、適度に華やかなので結婚式にぴったりです。20代30代の女性に着こなしやすいので、和服を普段きていないというひとにもハードルが低いです。 また、おすすめしない柄としてはストライプだけ、星柄だけなどのシンプルすぎるものや動物柄などのアニマルの要素が入っているものです。着物であればなんでもいいというわけではなく、やはりお祝いのシーンにふさわしいものを選ばなければなりません。シンプルすぎるとカジュアルな印象に見られますし、アニマル柄はフォーマルな印象にはなりません。また、着物を着る際にはファーを合わせるのもNGです。 結婚式でアニマルに関することは一切取り入れないことがルールなので、成人式などで使ったものがあっても使わないようにしましょう。また、足元についても白の足袋以外の色柄ものは避けましょう。カジュアルな着物の着こなしや、着物そのものもデイリーなものがトレンドですがあまりフォーマルに見えないものも増えています。選ぶ際には、華やかに着られるか確認してから決めるようにしましょう。

結婚式に出席するときの着物のマナーについてまとめ

着物の種類や色柄は様々ですが、結婚式というフォーマルな場所にふさわしいものを選ぶようにしましょう。 また、ヘアセットは基本的に襟足はすっきりさせたフルアップがおすすめです。どうしても恥ずかしいという場合は後れ毛をうまく利用しましょう。さらに、カジュアルな着物の種類やアニマルにまつわるアイテムは組み合わせないようにしましょう。 最近はデイリーに着物を着る人も多いのでそういった種類のものも増えていますが、フォーマルな着こなしができるかどうかを必ず確認した上で着ることがおすすめです。どんなに素敵な着物の種類を選んでも、基本的なマナーが身についていないと恥ずかしい思いをすることもあります。 とくに、年配の女性は着物の知識を持っている人が多いので、厳しい目で見られることも多いにあります。着る際にはしっかりマナーは守って、一生の思い出に残る結婚式に出席するようにしましょう。