着物にも洋服と同じで、フォーマルとカジュアル、お洒落着など、色々な種類があり、着る場所が違います。着物は昔からのしきたりや決まりごと、マナーが多くて難しいと思いがちですが、基本的なことは洋服と同じ。最初は形が同じなので区別がつきにくいでしょうが、仕組みが分れば「なぁーんだ」と思えるはずです。女性の場合を見てみましょう。

【最上級の第一礼装は2種類】

女性の第一礼装はミセスなら黒留袖。黒留袖は黒地で裾に柄が入った着物で、背中と左右の胸、袖の5箇所に紋が入った「五つ紋」と呼ばれるものが正式な正装です。

黒留袖は自分の子供の結婚式や結納式、仲人をする時などに着用します。親戚の結婚式に親族が黒留袖で並ぶと壮観です。第一礼装と呼ばれるものですが、格が高いだけに他に着る機会があまりないのも確か。昔は家族が多く、結婚式の機会も多かったのでお嫁入りの時に誂えるのが当たりまえのものでした。親族の数が少なくなった今では、着る機会が減ってきています。

結婚式が行われる場所も様々になりましたが、由緒正しい名門ホテルなどで行われる式にはやはり黒留袖の五つ紋が似合います。 未婚女性の正装は振袖。さらに振袖に五つ紋を入れたものが第一礼装になります。着物のしきたりに「紋」というものがあります。紋が入るとより正装になるという考え方で、その紋の数も多いほうが格が上がります。一番多いのが五つ紋。その次が三つ紋、背中だけにつける一つ紋の3段階になります。昔は振袖には紋を入れることが多かったようですが、最近は汎用性を考えて、振袖には紋は入れないことのほうが多いようです。

振袖は袖の長さで、大振袖(袖丈三尺三寸~三尺。約124~114cm)中振袖(袖丈二尺五寸~六寸 約95~99cm)小振袖(袖丈二尺~二尺三寸 約60~70cm)の3種類に分かれています。袖が長いほど華やかで格が高く、フォーマルになります。大振袖は成人式や結婚式に。中振袖だとパーティなどにも着ていけます。小振袖なら、もう少しカジュアルなパーティでも大丈夫です。

【準礼装として着られるのは4種類】

女性の着物で準礼装として着られる着物は4種類あります。振袖・色留袖・訪問着・色無地の4つです。 未婚女性は第一礼装と同じで振袖。厳密にいうと大振袖はフォーマル度が高いので中振袖あたりがちょうど良い袖丈です。

既婚女性の準礼装でまず上げられるのが色留袖。黒留袖の黒い部分が色になったもので、ピンクやイエロー、うすい水色など淡い地色で裾に模様が入っています。色留袖自体は結婚式から初釜、パーティまで正装で行く場所に着て行ける着物ですが、紋が五つ付くと格があがってしまうので、結婚式ぐらいしか着られなくなります。幅広い場所にフォーマルとして着て行くなら、胸と背中の3箇所に入れる三つ紋がおすすめです。また、最近では未婚でもそこそこ年齢が上がると振袖はちょっと嫌だと思う人も多く、実際に既婚・未婚に関わらず、汎用性のある正装として色留袖を着る未婚女性も増えています。

着物のフォーマルウェアのなかで一番種類も多く、汎用性があり華やかなものが訪問着です。訪問着は未既婚を問わず着用でき、柄のバリエーションもとても多いので、柄を選ぶことで着用場所に合わせることが出来ます。訪問着は「絵羽」と呼ばれる柄のつけかたがされています。「絵羽」とは着物の身頃と袖の全体で柄がつながるように描かれているもの。体全体で柄が表現できるので、動きのある華やかなものも多く種類が豊富です。

色無地は地紋といって、生地自体に織り柄のある生地を無地1色に染めた無地の着物です。色無地も紋の数で格があがりますが、格が上がりすぎてしまうと逆に着づらくなつので、一つ紋をつける場合が多いようです。色無地はグレーや暗い薄紫などの一つ紋であれば帯合わせによっては法事にも着ることができます。それを考慮して選ぶ場合は地紋の柄が吉祥柄にならないように注意しておくことが大事です。


【お洒落着の着物は種類はいっぱい】

色々な式典に着るフォーマルも良いですが、気軽にお洒落着として着られる着物が女性には一番楽しいもの。お洒落着着物には、小紋、付け下げ、紬、お召しなど、たくさんの種類があります。

小紋はお洒落着として一番メジャーな着物です。小紋の中にも更に色々な種類がありますが、柄の大小に関わらず、身頃や袖で柄がつながっていない柄付きのものが小紋です。小紋の中にはとても細かい柄を型を使って染める江戸小紋や、訪問着かと思うぐらいの華やかな柄を手書きで描く友禅などがあります。

付け下げは訪問着の簡略版という感じのもので、訪問着が絵羽柄で全体の柄がつながっているのに対し、付け下げは柄がつながっていません。柄がつながるほうが手間がかかり高級なので格が高い。という認識なので、訪問着の格下という位置づけです。品が良い柄が多く、落ち着いた印象を持たれる着物です。

紬とお召しは織りの着物です。織りの着物は先に糸に色を付け、織ることで柄を作っていきます。昔から織りの着物は普段着とされて来ましたが、お召しや紬でも絵羽柄のもの、無地のものなどはとてもお洒落で外出着として着られます。着物自体が普段に着るもので無くなっているので、普段着とお洒落着の区別はつけにくくなっているかもしれません。

これらの外出着は、パーティ、食事会、観劇など、洋服でも少しちゃんとした格好でお洒落をして出かけるような場所に着ていけます。また、江戸小紋に一つ紋を入れれば格が上がり、セミフォーマルとして着られたり、手書き友禅の小紋の柄が吉祥柄や古典の扇や菊などであれば、より格式の高い場所に着ていくこともできます。合わせる帯でも用途が変えられ、種類も豊富なので、1枚持っておくと便利です。

【普段着の着物は浴衣やウール】

着物が普段は着ないものになってきているので、普段着という位置づけは外出着と区別しづらくなっていますが、浴衣、紬、ウール、絣(かすり)、銘仙(めいせん)などは普段着とされています。小紋や訪問着をお洒落着やパーティウェアとして着るのは良いのですが、浴衣や銘仙、ウール等は基本的にはそういう場所に着ていくものではありません。

カジュアルなパーティで銘仙を着ても今では指摘する人もいませんし、紬はその製作過程が複雑でとても高級な上、最近では紬の訪問着等も多く作られています。紬の訪問着を結婚式に着て行っても特に非難を浴びるというようなこともありませんが、本当は普段着の格のものをそういう場所に着て行っている。という認識で行くのか、知らないでそれを着て行ってしまうのがでは大きな違いがあります。基本的な決まりごとを分った上でそれを破るのは個人の判断になるでしょう。

浴衣はもともと夏のお風呂上りに着たことからその名前が浴衣と呼ばれるようになっています。基本的な決まりごととしては、お風呂上りが起源ですから、夏の夕方以降に着るものとされています。

ウールは最近めっきり見なくなりましたが、冬の普段着とされています。紬や銘仙のような柄で、ウールなので暖かく過ごせる着物です。 銘仙は織りの着物ですが、大正~昭和にかけて女性の普段着として良く着られていたものです。銘仙は色や柄が今見てもとてもモダンで大胆なものが多く、コアなファンの多い着物です。復刻され生産されているものもありますが、昔のものの方が銘仙らしさがあります。

女性の着物の種類と使用場所についてまとめ

着物の格のバランスが紋をつけることで変わっていったり、フォーマルも時代の流れで式典自体がカジュアルになったりして、基本的なきまりが時代に合わない部分も増えてきています。さらに着物を着る人が減ったことで間違いを指摘してくれる人も減りました。時代に合わせて変わることがあるのは当然で、絶対に駄目なことというのも変わっていくものではありますが、基本的な着用場所やきまりごとが分っていれば、それをあえて崩すかどうかは自分の判断でやることができるようになります。

また、格上の着物を帯でカジュアルダウンする。というようなことも、実際の着物の格と着る場所がわかっていてこそできること。きまりを知ることで逆に自由度が高まっていく。ということなのです。 色々な場所に着て行けるものを買うとしたら、フォーマルとしては訪問着を1枚。お洒落着なら小紋を1枚誂えるのがおすすめです。1枚だけならフォーマルな用途が多いのかお出かけ用途が多いのかを考慮して優先順位をつけましょう。