愛媛県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

愛媛県のお客様の声

  • またお願いしたいです
    着物 / 愛媛県松山市
    50代 女性
    引越しをする為に整理していたら着物が大量にあり困っていました。買取してもらえるのかどうかが、心配だったのですが、全部買い取ってもらえて家の中が片付きました。ありがとうございます。またぜひお願いしようと思います。
  • またお願いしたいです
    着物 / 愛媛県八幡浜市
    40代 女性
    タンスの中に眠っていた祖母の着物が何着かあり、誰も着る人がいないので困っていました。量も重さもあります。電話をかけるだけで出張買取に来てもらえるのはとっても便利だと実感できました。査定員の方も丁寧で礼儀ただしかったです。まさに満足のいく買取でした。また何か売るものがあったら電話したいです。
  • 迅速な買取サービスで助かりました
    着物 / 愛媛県今治市
    40代 女性
    タンスの中に眠っていた着物を、買取していただきました。ややカビくさくなっていたので、売れるか心配していたのですが、喜んで買取ってくださいました。あっという間に片付いたので、拍子抜けしてしまったほどです。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

愛媛県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

着物の買取需要は、今が最も高まっています
愛媛県内(市)
松山市、今治市、宇和島市、八幡浜市、新居浜市、西条市、大洲市、伊予市、四国中央市、西予市、東温市
愛媛県内(郡)
越智郡上島町、上浮穴郡久万高原町、伊予郡松前町、伊予郡砥部町、喜多郡内子町、西宇和郡伊方町、北宇和郡松野町、北宇和郡鬼北町、南宇和郡愛南町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

愛媛県の着物買取にまつわる豆知識

着物

着物を売りたい方必見!愛媛県の着物買取情報

愛媛県は四国の北西にある都市で、約139万人の人々が生活を営みます。県北部は穏やかな瀬戸内海に面し、入り組んだ海岸線は1695キロメートルと全国で5番目の長さです。南部には1982メートルの西日本一の高さを誇る石鎚山があり、海や山の自然に恵まれた風光明媚なエリアです。県内には、大山づみ(おおやまづみ)神社や松山城など国宝や重要文化財が数多く残され、歴史が感じられる南予の古い町並みなど伝統ある文化が今も息づきます。 愛媛県は温暖な気候に恵まれ、柑橘類の生産が盛んに行われています。また、今治地方はタオルの産地として全国的に有名で、全国の約7割近くを生産しています。その他にも伊予絣などの特産品があり、近年新しい感覚の絣製品が作り出されるなど着物買取業者の注目を集めているのです。

着物

日本三大絣の一つ・愛媛県発祥の伊予絣

愛媛県には着物専門店が122軒あり、人口10万人に対する店舗数は8.62軒で全国平均の6.56軒を上回り、着物の需要が高いエリアです。県内発祥の着物に伊予絣(いよかすり)があります。久留米・備後絣と並ぶ日本三大絣の一つで、愛媛県松山市で生産されています。 今から300年以上前、伊予(現在の愛媛県)では綿作が盛んに行われており、農家では地機を使って綿織物が作られました。1804年~1818年に菊屋新助が京都の西陣から高機を導入し、松前町で機屋を開業します。高機を木綿織向きに改良し、その後生産が向上するにつれ道後縞や伊予結城などと呼ばれ全国に流通します。明治の半ばには生産量は全国の絣織物の中で1位を誇り、最盛期には年間200万反以上が生産されたと言われているのです。現在は着物の需要が低下し、伊予絣を販売するのは松山市内の民芸伊予かすり会館だけで、着物買取でも評価は高くなっています。

着物

加賀友禅の牽引者・毎田健治とは

毎田健治は加賀友禅作家で、流麗な文様表現と上品な色使いで愛媛県の着物買取業者から高い評価を得ています。父の仕事を受け継ぐために美大に進み美術観や技法を習得し、加賀友禅の新しい時代を牽引する人物と称されます。毎田健治の作品は、伝統的な加賀友禅の色調に深みを与えるために、裏にも地色染めを施してあるのが特徴です。色彩の見事さやデザイン力・線の美しさなど、どれをとっても素晴らしいの一言に尽きます。1975年に日本伝統工芸展に初入選して以来、着物以外にも手描き友禅としては最大の規模となる緞帳の製作や、インテリア部門への新しい提案を行っています。色の世界の奥深さを知る毎田健治の着物は、着る人に輝きを添えひときわ晴れの場で輝きが増すと言われ、多くの着物ファンの心を魅了しています。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。