茨城県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

茨城県のお客様の声

  • 母が若い頃の着物を買取っていただきました
    着物 / 茨城県鹿嶋市
    50代 女性
    今回買取ってもらった着物は、母が若い頃に着ていた古いものなので、少し傷んでいて、本当に買取していただけるのか不安でしたが、丁寧に取り扱っていただいたうえ、買取ってもいただいて感謝しています。
  • インターネットからの依頼で簡単でした
    着物 / 茨城県稲敷郡
    40代 男性
    この度祖母が昔着ていた着物を売ることになりました。だいぶ年季が入ったものなので売れるのか不安でしたが、予想以上の価格で買取っていただけました。インターネットから簡単に依頼できたので、次回も貴社にお願いすると思います。
  • 大切にしていた着物の整理ができました
    着物 / 茨城県水戸市
    40代 女性
    これまで大切にしていた着物が何着かあったのですが、事情で整理をすることになり買取をお願いしました。着物が運ばれていくときには、少し寂しい気持ちになりましたが、満足な価格で買取を行ってくれたので、これまで大切にしてきた着物にお別れをする事ができました。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

茨城県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

茨城県は出張買取エリアです!
茨城県内(市)
水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ケ崎市、下妻市、常総市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、桜川市、神栖市、行方市、鉾田市、つくばみらい市、小美玉市
茨城県内(郡)
東茨城郡茨城町、東茨城郡大洗町、東茨城郡城里町、那珂郡東海村、久慈郡大子町、稲敷郡美浦村、稲敷郡阿見町、稲敷郡河内町、結城郡八千代町、猿島郡五霞町、猿島郡境町、北相馬郡利根町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

茨城県の着物買取にまつわる豆知識

茨城の結城地方で織られている生地

茨城の結城地方で織られている生地

結城紬は主に茨城県の結城市で生産されている絹織物です。鬼怒川を中心にその周辺地域で織られており、一部は栃木県内でも生産されています。

もともとこの辺りの地域は養蚕が盛んで、農閑期の副業として織られるようになったといわれています。

紬といえば他には大島紬が有名ですが、大島紬との違いは織りに使用する絹糸です。大島紬が細くなめらかなのに対して、結城紬に使われるのは太さが均等ではない太糸が用いられます。

不均等な太糸が生地の厚みを作り、しっかりと丈夫な着物生地に仕上がるのです。

結城紬には縮織と平織の2種類があります。縮織は実際はあまり生産されておらず、生産量の9割以上が平織の結城紬です。

そのため、買取するのもほとんどが平織の結城紬で、縮織の結城紬を持っている場合は希少といえるでしょう。

温かくて軽い!おしゃれな普段着として楽しむ

温かくて軽い!おしゃれな普段着として楽しむ

結城紬の中には高価なものもありますが、紬はどんなに高価なものであっても着物の格付けとしては普段着に分類されます。

これは小紋やウールなどと同じ扱いです。結婚式などの儀礼的な席で着る着物としてはふさわしくありませんが、普段着としてはその着やすさから人気の高い着物です。

結城紬の一番の魅力は、なんといっても軽くて温かいところでしょう。冬の普段着としても重宝します。

現代では普段のおしゃれ着として楽しめるよう、染めや柄にもさまざまな工夫がされていますが、本来はその丈夫さから作業着としても着用されていた着物です。

生産地である茨城県でも古くは作業着としても重宝していたといわれています。

着物のあり方が変わるにつれて結城紬は色もきれいなものが増え、買取でも相応の値段がつくものが増えています。

結城紬はこれから価値が上がる可能性も

結城紬はこれから価値が上がる可能性も

結城紬は縮織と平織が茨城県無形文化財に、平織は重要無形文化財に指定されています。さらにユネスコ無形文化遺産のリストに登録されるなど、着物生地としての価値も認められています。

中古市場でもその人気は安定しており、買取の対象としても出れば相応の価格がつけられています。

人気が落ちにくい結城紬ですが、懸念されるのは織り手の減少です。

昔に比べると結城紬の織り手は減っているといわれ、需要に対しての生産量が十分なものであるかが心配されます。

そういった事情もあり、結城紬の人気や価値は今後ますます上がる可能性があるのではないでしょうか。着物を楽しむ人の間では、紬は1着は持っていたいという人も多くいます。

なかなか機会に恵まれず買いそびれていた人にも、結城紬は中古でも人気です。買取では良い条件が期待できます。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。