石川県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

石川県のお客様の声

  • 買取が決まって良かった
    着物 / 石川県金沢市
    50代 女性
    もう着ないだろうと思いつつ、譲る相手もおらずに、しまったままの着物がありました。転居のため荷物の整理をしていました。あまり期待しないようにとは思いつつ、実際に査定の際はドキドキしましたが、買取が決まってとても良かったです。
  • 満足できる価格でした
    着物 / 石川県輪島市
    40代 女性
    もう袖を通すことがない振袖の売却を決意しました。そこでホームページにメールを入れたら、すぐに丁寧な回答をいただきました。実際に査定していただくと、満足できる価格がつきましたので、買取を申し込んで良かったと思います。
  • しまったままになっていた着物にしっかり値段がつきました
    着物 / 石川県河北郡
    30代 男性
    若いころに趣味で着ていた着物でしたが、購入してから数年で着なくなってしまい、クローゼットの中にしまったままになっていたので、整理をかねて売ってしまおうと考えました。ただ、そんなに高くは買取ってもらえないと思っていましたが、想像以上のお値段がついて感謝しています!機会があれば、また利用させていただきます!
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

石川県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

石川県は出張買取エリアです!
石川県内(市)
金沢市、七尾市、小松市、輪島市、珠洲市、加賀市、羽咋市、かほく市、白山市、能美市、野々市市
石川県内(郡)
能美郡川北町、河北郡津幡町、河北郡内灘町、羽咋郡志賀町、羽咋郡宝達志水町、鹿島郡中能登町、鳳珠郡穴水町、鳳珠郡能登町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

石川県の着物買取にまつわる豆知識

石川県は着物を始めとする伝統文化が受け継がれていて、買取も盛ん

石川県は着物を始めとする伝統文化が受け継がれていて、買取も盛ん

石川県は、北陸地方に位置する人口110万人以上の県です。県域は南北に細長く、北側は日本海に突き出た能登半島があり、南側には白山を最高峰とする山岳地帯が広がっています。

県の中心は、金沢市を中心とした南部の加賀地方となっており、北陸経済の中心地の一つとして発展している地域です。江戸時代には、加賀藩として学問や文芸が奨励され、城下町だった金沢市を中心に伝統文化が今も受け継がれています。

有名な伝統文化の一つに織物の染色技法である加賀友禅があり、現在でも着物の文化が地域に根付いている様子を見ることができます。

着用しなくなった着物を所有している家庭もありますが、買取店などで買い取ってもらうなら、思わぬ高値が付くこともあります。

タンスの肥やしにするぐらいなら、思い切って買取に出すことを検討してみると良いかもしれません。

石川県では、「加賀友禅」の着物が高価買取の対象

石川県では、「加賀友禅」の着物が高価買取の対象

石川県で、高価買取されている着物には、地元が誇る「加賀友禅」を挙げることができるでしょう。

国が指定する伝統的工芸品とされていて、精密でリアルな模様や、ぼかしと言われる技法を多用した幻想的な彩色が特徴です。

江戸時代中期に、京友禅の創始者、宮崎友禅斎が加賀で栄えていた加賀御国染を基に大胆な意匠を持ち込み完成させた染色技法が用いられており、現在でも多くのファンがいます。

高額で買い取ってもらうには、状態の良し悪しは重要な要素になります。また、1着だけでなく、たくさんの着物を買取に出したり、帯や小物などもまとめて査定してもらうと、査定金額が上乗せされる可能性があるでしょう。

さらに、着物を購入した時に付いている保証書や証紙などが残っていると、本物であることの証明になりますので、買取の際には高く評価されます。

石川県では、「牛首紬」の着物も高額買取が期待できる

石川県では、「牛首紬」の着物も高額買取が期待できる

石川県で有名な着物では、「牛首紬」と呼ばれるものも有名です。結城紬や大島紬と並んで、日本三大紬の一つと称され、主に石川県白山市白峰地区で生産される紬織物になります。

生地に刺さった釘が抜けるほど丈夫なことから、「釘抜紬」と呼ばれることもあるほどですが、同時に紬特有の温かい素材感も持ち合わせているのが特徴です。

紬の多くが、糸を先に染色する先染めが用いられているのに対して、牛首紬では生地を織り上げてから染める後染めのものがあるのも特徴となっています。

現在は後染めのものが主流となっていますが、どちらも生産量が減っているため高い価値があり、高額買取を期待することができるでしょう。

牛首紬も伝統工芸品であり、産地や品質を表す証紙が発行されますので、査定の時には必ず一緒に査定をしてもらいましょう。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。