岩手県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

岩手県のお客様の声

  • 増えすぎた着物を整理できました
    着物 / 岩手県盛岡市
    50代 女性
    私は着物が好きでよく着るのですが、ずいぶん量が増えてきてしまいましたので、不要な分を今回こちらで買い取っていただきました。価格はどれぐらいになるだろうかと不安だったのですが、満足のいく価格になったので安心いたしました。ありがとうございました。
  • 成人式の振袖を買い取っていただきました
    着物 / 岩手県釜石市
    40代 女性
    昔、自分の成人式で買った着物について、もう着ることもないですし、どうしようかと困っていました。そのまましまっておくなら売ってしまうことにしました。いまは小さい子供がいて店舗までもっていくことが難しかったのですが、ネットで買取依頼ができたので依頼してみました。そうしたらすぐに対応していただき、とても気持ちの良い対応をしていただいて満足しています。
  • 満足な買取でした。姉にも紹介したいと思います!
    着物 / 岩手県岩手郡
    30代 男性
    自宅で査定してもらうことができるとのことで、緊張することなく、落ち着いて査定してもらうことができました。こちらの質問にも丁寧に対応していただき、満足しています。着物の処分に困っている姉にも買取サービスを紹介したいと思います。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

岩手県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

着物の買取需要は、今が最も高まっています
岩手県内(市)
盛岡市、宮古市、大船渡市、花巻市、北上市、久慈市、遠野市、一関市、陸前高田市、釜石市、二戸市、八幡平市、奥州市、滝沢市
岩手県内(郡)
岩手郡雫石町、岩手郡葛巻町、岩手郡岩手町、岩手郡滝沢村、紫波郡紫波町、紫波郡矢巾町、和賀郡西和賀町、胆沢郡金ケ崎町、西磐井郡平泉町、東磐井郡藤沢町、気仙郡住田町、上閉伊郡大槌町、下閉伊郡山田町、下閉伊郡岩泉町、下閉伊郡田野畑村、下閉伊郡普代 村、九戸郡軽米町、九戸郡野田村、九戸郡九戸村、九戸郡洋野町、二戸郡一戸町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

岩手県の着物買取にまつわる豆知識

岩手県の概要と着物買取業の特徴

岩手県の概要と着物買取業の特徴

岩手県は、周りを3つの県に囲まれています。太平洋沿岸部と盆地以外は丘陵地と山地で形成されていて、緑が豊かな点が大きな魅力のひとつとなっています。

十和田八幡平国立公園の他、自然公園が多数位置しています。

人口が集中している内陸部は、東北新幹線と東北縦貫自動車道を中心に交通網が発達し、仙台・青森・首都圏へのアクセスがしやすいです。

沿岸部を訪れる際は山あいの道を経由する必要があります。盛岡駅周辺は、栄えた街並みになっており、様々な施設が建ち並んでいます。

駅前通りや大通り商店街には、地域密着型の買取店や古くから盛岡市内で営業している老舗の着物店が多いです。

また、県内で二番目に人口が多い一関市は、一ノ関駅周辺と19号沿いに買取専門店が充実しています。

数多くのファンを擁する草木染め

数多くのファンを擁する南部紫根染

南部紫根染(なんぶしこんぞめ)は、西暦600年頃の遣隋使によって岩手県へ伝わった紫草の根を染料に用いる染色技法です。

美しい色に仕上げるために、何度も染めて3年以上寝かせます。非常に手間がかかることから、一時期、生産が途絶え「幻の草木染め」と言われていましたが、1900年代初期に再びつくられはじめました。

南部紫根染は最高級の染め物として着物愛好家から絶大な支持を得ているので、買取業者も注目している着物のひとつです。

特に着物の需要が高まる年末年始や卒業式、入学式などに合わせて売却すると、高額での買取が期待できます。

南部紫根染の帯や訪問着は、定期的に虫干しすること等を怠ってしまうと、カビや変色が発生しやすいため注意が必要です。

南部紫根染の着物を売る際は、価値がさがる前に買取業者に相談したほうがよいでしょう。

江戸時代から親しまれている紬ブランド

江戸時代から親しまれている紬ブランド

南部紬は、藩政時代に岩手県一関市や岩泉町などで盛んに生産していました。現在、紬を織る職人が減少傾向にあるため、希少性が高くなってきています。

またこの紬は、手織り特有の優雅な雰囲気を醸し出し、格調の高い逸品ですので、本格派志向の方に定評があります。

反物は15万円以上、帯は8万5000円以上で販売しているケースが一般的です。因みに、紬には熱心なファンが多いため、中古の着物でも価値を見出して買い取ることが可能です。

ブランドや作家が不明の製品でも、専門知識が豊富なスタッフが在籍している業者に相談すると正当な価格帯で売却できます。

また、ブランド紬だけでなく、有名作家が手掛けた絹織物も盛んに買取が行われています。購入時の外箱・呉服店の袋が揃っているとプラス査定を望めます。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。