宮城県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

宮城県のお客様の声

  • 引越しの最中でも買取していただけました
    着物 / 宮城県仙台市
    50代 女性
    自宅にたくさんあった古い着物を買取してもらうことができ、箪笥の中を整理することができました。引越しの最中だったので、散らかった中で査定してもらうことになりましたが、時間をかけずに配慮してくださったことに感謝しています。
  • 親切な方に来ていただいて良かったです
    着物 / 宮城県亘理郡
    40代 女性
    自宅に買取に来てもらい、目の前で査定してもらいました。しばらく広げていない着物ばかりでしたが、久しぶりに見ると思い出が溢れてきて、ついつい話過ぎてしまいました。担当の方はとても親切で、退屈そうな顔せず話を聞いてくれて嬉しかったです。
  • とてもスムーズな査定でした
    着物 / 宮城県白石市
    30代 女性
    自宅に来てもらうのは便利な反面、心配もありましたが、査定してくださる方の雰囲気がとても良く、最後まで迅速で気持ちがよかったです。小さい子供が寝ていたのですが、その間に着物をすべて買取してもらうことができました。とてもスムーズで利用して良かったです。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

宮城県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

宮城県は出張買取エリアです!
宮城県内(市)
仙台市、石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市
宮城県内(郡)
刈田郡蔵王町、刈田郡七ヶ宿町、柴田郡大河原町、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、柴田郡川崎町、伊具郡丸森町、亘理郡亘理町、亘理郡山元町、宮城郡松島町、宮城郡七ヶ浜町、宮城郡利府町、黒川郡大和町、黒川郡大郷町、黒川郡富谷町、黒川郡大衡村、加美郡色麻町、加美郡加美町、遠田郡涌谷町、遠田郡美里町、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

宮城県の着物買取にまつわる豆知識

宮城県の特性と着物買取業

宮城県の特性と着物買取業

宮城県は、東北地方東岸に位置する自治体の一つです。県域総面積は約7280平方キロメートルです。そのうち、約40パーセントが可住地です。

西部は屏風岳を始めとする名峰が連なり、東部には太平洋が広がっています。県内には豊かな自然が作り出す景勝地が点在し、外国人観光客も多く訪れています。

県庁所在地である仙台市には、県民の50パーセント程が居住しており大変栄えています。

市内には約200店のリサイクルショップ、7つの着物買取専門店があります。因みに、仙台駅西口、青葉区の一番町エリアには買取店がおおく店舗を見つけやすいです。

また、県内で2番目に人口が多い石巻市は、着物・和服一式を扱うリサイクルショップが石巻駅周辺、蛇田・あけぼの地区に多く点在しています。

古くから栗駒市で受け継がれている栗駒正藍染

古くから栗駒市で受け継がれている栗駒正藍染

宮城県栗駒市では母から娘へ、親子代々、栗駒正藍染(くりこましょうあいぞめ)の技術を伝える風習があり、明治時代には、藍染めで生計を立てる家が約30軒ありました。

時代を経て終戦を迎えると、藍染めに従事する人は減少し、技術を継承している家はたった1軒になります。

現在、1955年に無形文化財技術保持者に認定された千葉あやの氏の子孫が、藍染の伝統を守っています。

栗駒正藍染は、藍を自然発酵させて麻製の布を染色する技法です。藍や麻の栽培からを自家で行い、他者の手を一切いれません。

長い時間と手間を掛けて制作しているため、流通価格が高額になるケースが多いです。

因みに、着物愛好家に人気がある王道のデザインは値段が安定しており、また買取価格も安定しています。

宮城県仙台市発祥の袴地

宮城県仙台市発祥の袴地

精好仙台平(せいごうせんだいひら)は、仙台市のみで製造されている絹の袴地です。仙台藩の藩主・伊達綱村卿が地域の産業を活性化させるために藩御用達の織物師を雇い入れたことからはじまったと言われています。

織物師は藩の保護奨励策による手厚い庇護を受け、制作技術を着実に発達させていきました。

江戸時代、金華山生糸を用いた精好仙台平は最高級の贈答品として全国的に有名な生地となりました。

明治維新後、幾多の困難を乗り越えながら技術の継承が行われ、1956年に国の重要無形文化財に指定されます。

甲田榮佑作「松濤」、甲田綏郎作「蓬莱山」はその芸術性から、高い評価を得ています。

精好仙台平は、独特の光沢と風合いが大きな魅力となっています。このことから「袴地の最高峰ブランド」と称され、中古市場でも根強い人気を維持しています。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。