静岡県で着物買取をご希望のあなたへ買取プレミアムの最新の着物買取実績をご覧ください。


着物を売るなら今がチャンスです

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています

着物の買取需要は、今が最も高まっています。

生活スタイルの変化に伴い、着物を着る方や愛好者が昔に比べて親しむ機会が減ってきました。しかし、世界中で日本文化が広まるとともに和服も注目が集まっています。

着物独特の柄や色が珍しくて美しいと感じる外国人も多く、旅行に来たときに購入してお土産として購入する方が増加しました。 また、着物に馴染みのない若年層が着物を新しいファッションとして取り入れるなど、中古着物の需要は年々高まっています。

ご自宅に眠らせたままの着物があるなら、需要の高まっている今、お売りいただくことをお勧めします。

着物の買取需要は、今が最も高まっています

もう着ない着物なら早目に売ることをおススメします

着物や帯の素材は絹糸で作られ、非常に汚れが付きやすい繊細な衣類です。

何回か袖を通しただけで一見汚れていないように思えても、タンスや衣装箱の中にしまったままにしておきますと湿気でカビが発生したり、お手入れがしっかりしていないとシミや変色で大切な着物の価値が一気に価値が下がってしまいます。

あなたのご自宅にもう着ない着物があるのならば、その着物の価値が下がらないうちに、そして多くの人が中古の着物を欲しがっているうちに、売ることをオススメしています。

静岡県のお客様の声

  • スタッフさんの対応が印象的でした
    着物 / 静岡県沼津市
    60代 女性
    タンスの整理をしていると昔着ていた着物がでてきました。もう着ることもなさそうなので買取を依頼しました。古いものだったので値段がつくのか不安でしたが、しかし迅速な買取をしていただけました。対応してくれた人は丁寧で笑顔の素敵な方でした。また機会があった際はよろしくお願いします。
  • この度は感謝しております
    着物 / 静岡県浜松市
    40代 女性
    タンスの中が一杯になってしまい、もう着なくなった着物だけを買取してもらうことにしました。有名作家のものではない着物にも値段をつけてもらうことができ、驚きました。丁寧な査定に感謝しています。
  • 好感が持てる対応でよかったです
    着物 / 静岡県静岡市
    30代 女性
    遺品整理をしていたらたくさんの着物が出てきたため買取のお願いをしました。業者の方にはわざわざ家まで来ていただいたのでこちらの負担もなく、とても簡単に取引できました。対応も好感が持てましたので、またいつか利用させていただこうと思います。
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

静岡県内どこでもあなたの満足する価格で買い取ります以下の買い取り対応地域をご覧ください。

着物の買取需要は、今が最も高まっています
静岡県内(市)
静岡市浜松市、 沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、御殿場市、袋井市、下田市、裾野市、湖西市、伊豆市、御前崎市、菊川市、伊豆の国市、牧之原市
静岡県内(郡)
賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町、富士郡芝川町、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、周智郡森町、浜名郡新居町
お問い合わせ・お申し込みから最短30分でご訪問いたします

0120998750
今すぐメールでお試し無料相談

静岡県の着物買取にまつわる豆知識

着物帯留め

静岡県で着物を買取ってもらう時に知っておくと便利な情報

静岡県は、日本のほぼ中心に位置する人口約375万人の県です。海あり山あり湖ありと、豊かな自然を満喫できる地域として知られており、観光地としても栄えています。歴史上、静岡県は着物との関わりも古く、知っておくとお得な情報が満載です。是非、お手持ちの着物の買取を考える際の参考にしてください。 静岡県は、かつて木綿の生産が盛んで、織物と共に染色業が発展しました。農村では、染料の藍も盛んに栽培され、布職人が多く住んでいたことから、静岡市内には現在でも、麻機、賤機、服織といった、布に関係する地名が多く残されています。 特に、現在でも受け継がれる「駿河和染」は、人間国宝、故芹沢銈介さんのデザインと、江戸時代からの技法とが融合して生まれた伝統工芸です。藍色と白のコントラストがはっきりした駿河和染は、呉服からインテリアまで幅広い作品があります。

着物

静岡県出身の巨匠、芹沢銈介氏の着物の魅力

先述の芹沢銈介氏は、明治28年に静岡県静岡市で生まれた染色工芸家です。古くから日本に伝わる染色技法の型染めを中心とした彼の作品は、新鮮さと創意工夫にあふれ、国内外を問わず愛されたことで知られています。昭和51年には、フランス政府に招かれ、パリで個展も開催しました。 作品の種類も豊富で、着物はもちろんのこと、帯や屏風、絵本なども制作し、中には照明デザインや美術館の設計といった、染色以外の分野での活動も見られます。芹沢銈介氏の染物の模様には文字や植物など様々なものがありますが、親しみやすい作風が特徴です。現在静岡市には芹沢銈介氏の美術館があり、約800点の作品を所蔵しています。 静岡県で作品を作っていたので、ご自宅で不要になり買取をお願いした着物が、実は芹沢銈介氏の作品だったなんてこともあるかもしれません。

着物

静岡県で着物の買取をお願いするときのポイント

静岡県内で着物の買取を行っている業者は、大手だけでも数十件あります。着物だけを専門に扱っているところもあれば、着物の査定に詳しい店舗など、その種類は様々です。査定は基本的に無料ですから、いくつかの業者に見てもらって、納得のいく買取をしてもらうことが大切です。お店に持っていくのが面倒ということであれば、査定員が自宅まで来てくれるサービスを提供しているところもあるので、気軽に利用してみるのもおすすめです。 特に静岡県は、織物業や染色業が盛んな地域ですから、ご自宅に眠っているだけで活用できていない着物が、意外と高級品だったということがあるかもしれません。もちろん、芹沢銈介さんの着物以外にも、評価の高い着物はたくさんあります。自分にとっては不要になってしまった着物でも、他の誰かにとっては、どうしても身につけたい一着かもしれません。これを機会に、タンスから着物を出してみてはいかがでしょうか。

無料査定お問い合わせフォーム











<利用目的>
・このお問い合わせ画面でご提出いただく個人情報は、お問い合わせ頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。

<第三者提供>
・法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。

<委託>
・当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

<開示等のお求め>
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。

<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
・必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<個人情報保護管理者>
株式会社BuySell Technologies 総務部

<個人情報苦情及び相談窓口>
株式会社BuySell Technologies お客様相談室
東京都新宿区四谷4-28-8
メール:privacy@buysell-technologies.com

上記にご同意のうえ、お問い合わせ下さい。



※ご入力いただく個人情報の送信については、
SSLによる暗号化で保護されています。